農家の冬のくらしワークショップ
2008/02/08(Fri)
ワークショップ!!  第1日目

2月3日(日)上湧別屯田資料館にて中島・小林両学芸員の説明を聞きながら、開拓時代の
生活に思いを馳せる。

屯田兵が基礎の上湧別町と遠軽町違いを知らなければと実感。屯田兵は支給された米(政府)が一日一人7合、その米にイナキビを入れて食べていたので開墾が出来たとのこと。原生林を黙々と開墾する様子が目に浮かぶ。

資料館 資料館
スポンサーサイト
この記事のURL | 教室のご案内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<農家の冬の暮らしワークショップ | メイン | 雑穀紹介のテレビに出演です。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://millet31.blog107.fc2.com/tb.php/90-ca654da6

| メイン |