「聞き書き甲子園」が、今年で11回になります。
2013/04/04(Thu)
3月9日、雑穀の日に「森聞き」が上映されました。
日本古来の焼き畑農業を続ける「椎葉くに」さんが、雑穀
を作る姿に心を打たれたのではないでしょうか。

その、「森聞き」の対象になった名人の記録も1000編
も上回ったと聞きます。
農水省、文科省、NPO法人共存の森ネットワークなどが主催
している「聞き書き甲子園」には、全国各地の高校生が、日本
古来の伝統ある仕事を職人の方からじかに聞き学んでいます。

今年の受賞者の長野県の高校生は、桶職人からものづくりを学
びました。私の小さい頃は、たくさんの桶が用途別に使われて
いました。風呂桶、すし桶、など、今ではプラスチックに変わ
たものもたくさんあります。
今、一度、立ち止まって古き良き日本の伝統と文化に触れて
みたいものです。
スポンサーサイト
この記事のURL | いいもの見つけました | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<明日は、4月15日お赤飯の日です。 | メイン | 雑穀の本が出版されました。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://millet31.blog107.fc2.com/tb.php/815-6819b78c

| メイン |