明日は3月1日、お赤飯を食べましょう!
2013/02/28(Thu)
明日は、3月1日お赤飯を食べましょう!

受験生にとっては、はらはらどきどきの季節ですね。
小腹がすいておにぎりをというときは、お赤飯のおにぎりを
食べてみませんか?
赤飯には、邪気を払う力があると言われていますので、心を
平穏にするかもしれません。

※※赤飯運動事務局の五木のどかさんから※※

■1 甘いお赤飯は、いかがですか?

春になると作ってみたくなるのが、北海道スタイルの「甘いお赤飯」。
「えぇ?」と思われる方もおられるかもしれませんが、さくら餅みたいな
感覚で、女子の集まりなどに似合いそうです。

作り方は簡単。
まずは、おいしい「かの子あずき」を買ってきましょう。

いつものお赤飯を作る要領で、固茹でにした小豆の代わりに
かの子あずきを混ぜて蒸す(炊く)だけでOKです。
かくし味に塩を加えると、甘さの具合がいっそう◎な印象に。

北海道では、甘いお赤飯に紅ショウガを添えるそうです。
私は個人的に、甘酢ショウガと白ごまを合わせるのが好きです。

おひな祭りやお花見に、ひと口サイズに小さく丸めた
甘いお赤飯を持参してみませんか。

■2 子どもの誕生と成長に、お赤飯
--------------------------------
先月、豆つながりの友人に赤ちゃんが誕生しました。
昨年は、仕事つながりの知人や友人4人に赤ちゃんが誕生しました。
仕事先の男性はただいま、奥さまのご出産に立ち合っている最中とのこと。

新しい生命の誕生は、家族や周囲にたくさんの幸せを運んでくれますね。
あなたのお耳にも様々なご出産のニュースが入っていることでしょう。
お誕生にまつわるお赤飯のタイミング、ご存知ですか?

◎三日祝・・・誕生から3日目、赤ちゃんに手の通る衣服を着せ、鯛と
       お赤飯を枕元にすえるそうです。

◎お七夜・・・生後7日目に、半紙に書いた名前を神棚に掲げて、
       赤飯と共に祝います。

◎宮参り・・・出産の忌明けに産土の神社にお参りし、お餅や赤飯を
       供えると共に、ご近所や親戚に配ります。

◎食初め・・・生後100日目頃に、尾頭付きのお魚と赤飯を赤ちゃんに
       食べさせる真似をします。「箸初め」とも言われます。

◎初誕生・・・1歳の誕生日のお祝い。赤飯や餅を神棚や仏壇に供え、
       近所や親戚に配ります。わらじを履かせ、お餅をふむ
       真似をさせる地域もあります。

◎七五三・・・男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳に、成長を願い
       晴れ着を着せて、神社にお参りします。赤飯や千歳飴が
       配られます。

【赤飯運動】 昔から、1日と15日は神棚の榊を替えたり、赤飯を炊いて
お供えしたりする日とされてきました。また、赤飯は目出度いことがあった
ときや、仏事の日晴れの席で供されたりもしてきました。小豆は邪気を払い、
良事を呼び込むと信じられてきたからです。
 私たちは「毎月1日と15日に、あなたも赤飯を食べません か?」と、
周りの人にお声かけする「赤飯運動」をしています。自分で作れなかったら
買ってきた赤飯でもよいのです。腹もちのよいもち米と小豆の組み合わせ。
あなたの身体に、元気エネルギーを!

赤飯運動に参加ご希望の方は
※「メールフォーム」より申し込みを受け付けています。
スポンサーサイト
この記事のURL | 赤飯運動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<今日は、3月1日お赤飯を食べましたか | メイン | 第37回 アジアの祭典>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://millet31.blog107.fc2.com/tb.php/806-3ed4525c

| メイン |