「栄養と料理」10月号
2012/09/09(Sun)
「栄養と料理」10月号

浮世絵からひもとく江戸の食(ページ4)

江戸時代の浮世絵を題材に日本料理家の柳原一成先生(近茶流宗家)
が江戸の食について語ってます。
今月は、「百人一首 うはかゑとき(天智天皇)」葛飾北斎の絵です。

稲穂が金色に光る秋の田が描かれています。
「日本書紀」の記載では、五穀の中でも米は別格の扱いで「水田種子」
(たなつもの)、粟・稗・麦・豆は「陸田種子」(はたつもの)と
されていたそうです。
詳しくは、「栄養と料理」10月号をお読みください。

☆☆頂き物をご紹介☆☆

箸置き (1)
どう見てもリアルな豆の箸置きです。
スポンサーサイト
この記事のURL | いいもの見つけました | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<明日は、9月15日お赤飯の日です。 | メイン | コスモスが、満開です。>>
コメント
- 黒豆の箸おき -
辻本さん、おはようございます。

黒豆のリアルな箸置き、私も似たような御品をいただきました。
辻本さんに届いた箸置きも、丹波篠山で焼かれたものかも‥‥?
2012/09/13 10:10  | URL | のどか #-[ 編集]
-  -
のどかさん、こんばんは。
箸置きは、七奈さんからのいただきものです。
丹波篠山で焼かれたものだといいな~
2012/09/14 23:12  | URL | 辻本 #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://millet31.blog107.fc2.com/tb.php/766-4706fb04

| メイン |