明日は、8月1日お赤飯を食べましょう!
2012/07/31(Tue)
明日は、8月1日赤飯の準備をしましょう!
私は、今度も小豆の缶詰を使わせていただきます。
(蒸し器が、まだ引っ越し荷物の中にあります・・・申し訳ありません)

赤飯運動事務局からのお知らせです。

■1 大和(奈良県)の行事

間もなくお盆ですね。関東では7月だそうですが、関西や九州などでは、
8月13日~15日にお盆の行事が行われます。
奈良・斑鳩地域では、13日~15日までお盆の間の食事は、朝はささげ(豆)
のお粥、昼はささげご飯(見た目はお赤飯と似ています)、夕方は白ごはん
と精進料理を食べるそうです。
ご先祖さまのお供え物に、京都でも上賀茂界隈では、ささげ(莢に入った
野菜豆の状態)を盛り付けます。
ささげは、見た目が小豆とよく似ています。
小豆よりたんぱく質や食物繊維、リン、鉄、カロチンなどが多く、糖質が
少ないのであっさりとした食味が感じられます。
ささげは大納言同様、皮がやぶれず煮くずれしにくいため、切腹を嫌う
武士の間では、お赤飯の豆はささげが使われていたそうです。
妊婦さんが帯かけをするときのお赤飯も、縁起をかついでささげを使われる
とか。
ささげ粥と、ささげご飯、お盆の頃に作ってみようと思います。

■2 ささげご飯の作り方

奈良県農業技術センターが発行されている大和の新郷土料理の
冊子「YAMATO NEW FOODS」に掲載されていた
「ささげご飯」の作り方をご紹介します。
◎ささげご飯 材料(5人分)
 ・米        3カップ
 ・ささげ      1/2カップ
 ・塩        小さじ1
 ・ささげの茹で汁 3と1/4カップ

◎作り方
1.米を洗ってザルにあげておく。
2.ささげを固めに茹でて、茹で汁を残しておく。
3.炊飯器に1の米と2のささげ、塩を入れ、残しておいた
  茹で汁(足りない時は水を足す)を入れて炊き上げる。

「これなら、モチモチしたご飯は苦手」とおっしゃる方にも大丈夫
そうです。炊飯器で作るささげ豆のお赤飯、お試しください。

■3 メンバー登録100組御礼

7月末、ついに赤飯運動実行委員への登録者数が100人(組)に
達しました。内訳は法人5社、個人95名です。
(メンバーの大半は、実行委員長の人徳による)
※そんなことはありません・・・皆様の熱意です・・実行委員長

  赤飯運動実行委員会 事務局   五木のどか

【赤飯運動】 昔から、1日と15日は神棚の榊を替えたり、赤飯を炊いて
お供えしたりする日とされてきました。また、赤飯は目出度いことがあった
ときや、仏事の日晴れの席で供されたりもしてきました。小豆は邪気を払い、
良事を呼び込むと信じられてきたからです。
 私たちは「毎月1日と15日に、あなたも赤飯を食べませんか?」と、
周りの人にお声かけする「赤飯運動」をしています。自分で作れなかったら
買ってきた赤飯でもよいのです。腹もちのよいもち米と小豆の組み合わせ。
あなたの身体に、元気エネルギーを!

スポンサーサイト
この記事のURL | 赤飯運動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<今日は、8月1日お赤飯の日です。 | メイン | mooth-farm からお知らせです。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://millet31.blog107.fc2.com/tb.php/756-02dcc1f6

| メイン |