明日は、5月1日 「赤飯の日」です。
2012/04/30(Mon)
明日、5月1日は「赤飯の日」です。
そして、赤飯運動事務局の五木のどかさんの好きな「すずらんの日」です。
我が家の庭には、ドイツスズランが植えてありますが、このスズラン結構
花が大きいので見ごたえがあります。

赤飯運動事務局より

■1■ 実行委員長と赤飯運動のことが「家の光」に紹介されました。
JA発行のファミリーマガジン「家の光」2012年5月号、北海道版のP156~157に、
我等が「親分」こと辻本宜子さんの記事が掲載されています。
安田成美ちゃんが表紙の号です。
雑穀アドバイザーであり、会社員、料理教室講師などに加え、赤飯運動
実行委員長も務める辻本さんの、多岐にわたるご活躍ぶりがわかりますよ。

※五木のどかさん、ご紹介ありがとうございま~す。(辻本)

■2■ 新潟県長岡市の「金時豆入りお赤飯」
4月某日、NHKの朝の番組で紹介されていました。新潟県長岡市のお赤飯は、
甘くない金時豆が入り、ごはんはほんのりと醤油が香るお赤飯だとか。
赤飯に使う「ささげ」が高価だったことから、この地域では金時豆を使う
ようになったそうです。もち米に茹でた金時豆を加え、蒸し上がったおこわに、
醤油を色づけ程度に混ぜ合わせ、上に白ごまを振りかけてありました。

通常の赤飯が、ほんのりあずき色なのに比べると、長岡伝承の赤飯は黄金色に
金時豆の赤がのぞく赤飯で、とても美味しそうでした。あぁ、食べてみた~い!

所変われば、ですね (^0^)皆さまのお住まいの地域にも、変わったお赤飯はあ
りませんか?事務局では、日本全国いろんな地域のお赤飯ネタを集めています。
赤飯だけに限らず、赤飯を使ったお菓子なども知りたいです。
ご存知の方は、メールでお寄せください。よろしくお願い致します。

※北海道の甘いお赤飯の場合は、赤色2号(着色料)を使いますが、長岡の方が
健康的でいいですね。(辻本)

■3■ 炊飯器で作るお赤飯
1日の「赤飯の日」に引き続き、子どもの日、母の日と赤飯の似合う日が続きます。
赤飯の簡単な作り方を載せておきますので、お試しください。

<茶碗約5~6杯分の材料>
もち米 1.5合  うるち米 0.5合  小豆 大さじ 4  塩 小さじ1

*小豆の代わりに大納言やささげを使うと本格的な赤飯ができます。
*金時豆やレッドキドニーなどでも代用可能です。

<作り方>
1.もち米とうるち米を合わせ、米を研いでザルに上げ、30分ほどおく。
2.小豆を水洗いし、鍋に水を入れて中強火にかける。
3.鍋の水が沸騰したら、湯を捨てて再度水を入れ、弱火にかける。
4.小豆を弱火で10~15分ほど固茹でにし、茹で汁を分ける。
5.炊飯器に[1]で洗っておいた米と[4]の茹で汁を入れ、
  普通に炊飯するときの2合の水量まで、水を加える。
6.水加減のあと、[4]の小豆と塩を加え、通常通りに炊飯する。
7.炊き上がったら、豆を割らないようにざっくりと混ぜて出来上り。
  好みでゴマ塩をふってください。

※炊飯器でもち米のみで炊いた場合、数時間経つとどうしても固くなりますが、
うるち米も一緒に炊くとあまり固くならないようです。(辻本)

それでは、皆さま、ゴールデンウィーク後半も、どうぞ、おだやかな時間を
お過ごしください。
               赤飯運動実行委員会 事務局  五木のどか

【赤飯運動】 昔から、1日と15日は神棚の榊を替えたり、赤飯を炊いて
お供えしたりする日とされてきました。また、赤飯は目出度いことがあった
ときや、仏事の日晴れの席で供されたりもしてきました。小豆は邪気を払い、
良事を呼び込むと信じられてきたからです。
 私たちは「毎月1日と15日に、あなたも赤飯を食べませんか?」と、周り
の人にお声かけする「赤飯運動」をしています。自分で作れなかったら
買ってきた赤飯でもよいのです。腹もちのよいもち米と小豆の組み合わせ。
あなたの身体に、元気エネルギーを!

☆☆5月料理教室のご案内☆☆
12日は「ソバ米とソバ粉」を使ってエスニック料理を予定
日時 5月12日(土) 11時~14時を予定
金額 4,000円
住所 地下鉄大通西18丁目駅下車(申し込み者に住所を連絡)
メール t-noriko@titan.ocn.ne.jp
携帯  090-9081-3794
FAX 0158-42-7660

スポンサーサイト
この記事のURL | 赤飯運動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<今日は5月1日、お赤飯を食べましたか? | メイン | 白滝ツアーを御紹介~>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://millet31.blog107.fc2.com/tb.php/732-c3d6d283

| メイン |