オホーツク食堂をご存知ですか?
2007/12/17(Mon)
オホーツクは食材の宝庫。そこから生み出される豊富な食材を用いた料理メニュー(レシピ)を
開発・提供しているのがオホーツク食堂。
                            オホーツク食堂

そんな、オホーツク食堂をプロデュースされている藤井祐子さんにお話を伺いました。

来年のメニューにお豆を使うそうですが、藤井さんがお豆に興味をもたれたのは?

『仕事で「アンパン」を作っていて、一味違うアンパンを作りたくて小豆と取り組みました。
清里の小豆、サホロの小豆と色々自分でアンを作って見ました。北見の老舗の菓子処の
関係者以外立ち入り禁止の「餡場」にも入れて頂き、そこが私の豆の原点です。
そして、美幌の豆農家の大橋さんと知り合い豆の種類の多い事を知り、白花のブームで
ちょっと豆に踏み込みました。』
                   豆ケーキ

来年のメニューの参考にと思い、前日に焼いた「お豆のケーキ」を試食して頂きました。
材料  白花豆を茹でたもの、薄力粉、卵(卵黄と卵白)、砂糖、ドライフルーツ、ベーキング
     パウダー
このケーキ、シンプルで素朴・・・配合のバランスを考えると何とかなりそうと感想を頂きました。

生産者が安心していいものを生産できるシステム作りが出来ないかと言う思いが、藤井さん
の活動の原点。これからも、オホーツクを元気にする活動を続けて欲しいと思います。

ちなみに「オホーツク食堂」というお店はどこにもありません。一つの食のプロジェクトを表す
名前です。

オホーツク食堂 
NPO法人「北福人」 事務局 藤井裕子
スポンサーサイト
この記事のURL | 雑穀の料理 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<今日は、クリスマスイブ、ヒルトン小樽のクリスマスディナーを食べに行きませんか | メイン | 雑穀アドバイザーの栂安信子さんより>>
コメント
-  -
オホーツク食堂ってどんな豆のレシピが載せられているのでしょう?先日清里のほうに行ったので道の駅などをあちこち覗いてみたところちょうど新豆の時期ということもあって色々な豆を手に入れることが出来ました。ほんとに種類の多いことに驚かされました。初めて見る豆の数々。遠軽の地豆と同様に一般のお店では見ることのないような豆がたくさんありました。こういう豆大切にしていきたいですね。また。もっといい豆を多くの人に知ってもらい食べてもらいたいですね。長いことケーキなんてつくっていませんけど(昔は息子も喜んで食べてくれたんですけど、いまは・・・・)豆のケーキ作ってみたくなりました。
2007/12/18 17:16  | URL | 亮子 #-[ 編集]
-  -
亮子さんへ
素朴な豆の味がいっぱいの豆ケーキ、作ってみてください。中身に栗やサツマイモなどを入れても美味しいので是非挑戦を・・・一番美味しく出来たら配合方法を教えてくださいね。
オホーツク食堂では、豆のレシピも募集中です。
参加をしてみては?
2007/12/18 19:47  | URL | 辻本 #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://millet31.blog107.fc2.com/tb.php/72-e956410e

| メイン |