明日は、十五日、お赤飯の日です。
2011/12/14(Wed)
明日は、12月15日お赤飯を食べましょう。

小豆の水煮
明日は、「あずき水煮」お赤飯用を使って作ります。
(この水煮缶、色々なお料理に応用できる優れものです)

☆炊飯器を使ったお赤飯の作り方(水煮缶参照)☆

①炊飯器にもち米3合と「あずき水煮」1缶を煮汁ごと入れます。
②水を、炊飯器のもち米3合を炊く場合の指定量(おこわの線)まで
加え、よくかき混ぜて炊き上げてください。
※おこわの線がない場合は、液汁を含めて370mlをめやすにお好み
で加減してください。

◎あずきの名の由来は、江戸時代の学者、貝原益軒の「大和本草」によれば
「あ」は「赤色」、「つき」及び「ずき」は「溶ける」の意味があり、
赤くて早く柔らかくなるということから「あずき」になったとしています。
(豆類百科参照)

【赤飯運動】 昔から、1日と15日は神棚の榊を替えたり、赤飯を炊いて
お供えしたりする日とされてきました。また、赤飯は目出度いことがあった
ときや、仏事の日晴れの席で供されたりもしてきました。小豆は邪気を払い、
良事を呼び込むと信じられてきたからです。
 私たちは「毎月1日と15日に、あなたも赤飯を食べませんか?」と、
周りの人にお声かけする「赤飯運動」をしています。自分で作れなかったら
買ってきた赤飯でもよいのです。腹もちのよいもち米と小豆の組み合わせ。
あなたの身体に、元気エネルギーを!

赤飯運動に参加ご希望の方は、是非メールフォームよりお入りください。
ご参加お待ちしております。
スポンサーサイト
この記事のURL | 赤飯運動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<今日は、十五日、お赤飯を食べましたか? | メイン | T-1グランプリ北海道大会が終了しました。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://millet31.blog107.fc2.com/tb.php/682-18de0c03

| メイン |