明日は、十五日、お赤飯の日です。
2011/11/14(Mon)
明日は、11月15日お赤飯を食べましょう。

明日は、七五三の日です。ご家族やご親戚にお赤飯を作ってみませんか。

以下は、事務局の五木のどかさんからのお知らせです。

実行委員のメンバー登録も最近、増えてきました。赤飯を食べて、
誰かの幸せと健康を願う人の輪が広がっていくことを期待します。
(現在の登録メンバー 個人 63名、企業・店舗 4軒)

1)北海道「ビーンズ邸」で、フォトコンテスト開催中

赤飯運動のメンバーである「まめこ」ちゃんから、
「豆」をテーマにした写真コンテストの案内が届きました。
お赤飯に使う小豆や大納言、ささげも豆の仲間。
皆さんが、いつも撮っておられるお赤飯の写真を応募してみませんか?

応募は今月末、11月30日必着分までです。
募集要項と応募用紙のデータを添付します。
(まめこちゃんは、北海道中札内村にある豆資料館のスタッフです)

(2)まめこちゃんから、もう1本、メールをいただきました。
ビーンズ邸でとられている赤飯についてのアンケート集計です。
気になるレポートは、下記を開いてみてください。
北海道中札内村豆資料館/ビーンズ邸
http://www.vill.nakasatsunai.hokkaido.jp/page_1054.html

(3)あずき食と健康~昔からの言い伝え
小豆にまつわる昔からの言い伝えについて、あずきミュージアムで
購入した図録に記載がありました。あなたはいくつ、ご存知ですか?
◎小豆は、母乳の出をよくする。
◎小豆は、産後の肥立ちをよくする。
◎小豆には、むくみを取る働きがある。
◎小豆には、美肌を保つ働きがある。
◎小豆はシミ、ソバカスを防いでくれる。
◎小豆は、風邪の予防にいい。
◎小豆は、便秘を治す力がある。
◎小豆には、脚気を防ぐ働きがある。
◎小豆は、二日酔いに良い。
◎小豆は、食中毒の吐かせ剤となる。
◎小豆は疲れをとり、元気を出させてくれる。
◎小豆には、夜尿症を治す働きがある。

【赤飯運動】 昔から、1日と15日は神棚の榊を替えたり、赤飯を炊いて
お供えしたりする日とされてきました。また、赤飯は目出度いことがあった
ときや、仏事の日晴れの席で供されたりもしてきました。小豆は邪気を払い、
良事を呼び込むと信じられてきたからです。
 私たちは「毎月1日と15日に、あなたも赤飯を食べませんか?」と、
周りの人にお声かけする「赤飯運動」をしています。自分で作れなかったら
買ってきた赤飯でもよいのです。腹もちのよいもち米と小豆の組み合わせ。
あなたの身体に、元気エネルギーを!

赤飯運動に参加ご希望の方は、是非メールフォームよりお入りください。
ご参加お待ちしております。
スポンサーサイト
この記事のURL | 赤飯運動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<今日は、十五日お赤飯を炊きましたか? | メイン | 北海道T-1グランプリ道東ブロック大会に選出されました。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://millet31.blog107.fc2.com/tb.php/673-ef9897c7

| メイン |