洞爺町で「豆・雑穀料理教室」
2011/11/04(Fri)
10月30日(日)に洞爺湖町で「豆・雑穀料理教室」を行いました。

遠軽~札幌~中山峠を通りルスツ高原を過ぎると洞爺湖町です。
羊蹄山 (1)
  羊蹄山

洞爺湖町には、遠軽を訪問した「水の駅」の高橋佳子さんと「るんた」の鎌田有美子さん
今回主催者の砂土居雅美さんが住んでいます。

    770.jpg  768.jpg
   服部さんご夫婦と高橋さん鎌田さん(瀬戸瀬服部さん宅にて)
    羊蹄山 (2)  洞爺料理教室 (2)
洞爺湖町近郊から25名の方が参加してくださいました。ありがとうございました。

☆☆豆・雑穀料理☆☆
赤飯イナキビ入り (1)  002 (2)  003 (2)   10月1日のお赤飯
料理レシピ公開中 次へ
雑穀お赤飯(イナキビ入り)(4人分)
【材料】 
餅米 1.5合、白米 0.5合、イナキビ 大さじ2、小豆 大さじ2、
水 2合強、塩 小さじ1
【作り方】  
1. ボールに餅米・白米・イナキビ・水(とぎ水)を入れ、こすり合わせる
ようにとぎ、水を流す。2~3回といで水を替えざるに上げて水気を軽く切る。
30分以上水浸する。
2.小豆を水洗いし、水の状態から強めの中火で沸騰後に煮汁を捨てる。
新しい水を加えて、弱めの中火で小豆を煮る。少し硬いくらいで火を止め
冷ます。その間に煮汁をスプーンですくって、何度も空気に触れさせると
煮汁の色が濃くなる。
3.冷ました小豆と煮汁を分ける。小豆の煮汁を使って2合分の水加減をす
る。煮汁が足りない時は、ふつうの水を分量まで加える。
4.炊飯器に1と3の煮汁と小豆と塩を加え、炊き上げる。




なすびと生しいたけのすりごま入り味噌汁(4人分)
【材料】 
なすび 200g、生しいたけ 4個、だし汁 3カップ、
みそ 大さじ21/2、すりごま(白) 小さじ2
【作り方】
1.なすびは、皮つきのまま一口大に切り、水にさらす。生しいたけは石づきを
除いて4等分に切る。
2.鍋にだし汁を入れ沸騰したらなすびと生しいたけを入れ火を通し、みそを加
える。最後にすりごまを加えて混ぜる。

※だし汁の作り方
汚れをふき取った昆布20gを、水カップ4を入れた鍋に入れて中火よりやや弱
い火にかけ10分くらい煮る。鍋底から細かい泡が立ち始めたら昆布の堅さを調
べまだ堅いようなら水を少量加え、昆布が柔らくなるまで弱火で煮る。昆布を引き
上げ、水を少し加えて沸騰を押さえ、削りがつお30gを一度に加え、すぐに火を
弱める。再び沸騰してきたら火を止めて、アクをすくう。削りがつおが沈み始めた
ら裏ごしにする。

季節の野菜の雑穀御飯のはさみ揚げ(4人分)
【材料】
かぼちゃ 80g、玉葱 110g(中1個)、ひき肉 50g、
雑穀御飯 50g、塩・胡椒 適量、小麦粉 適量、溶き卵 適量、
パン粉 適量、揚げ油 適量、二杯酢(酢2:醤油1)
【作り方】
1.かぼちゃは、2~3mm幅の5cmの長さに切る。玉葱は輪切りにし中をぬく。
2.ボールに雑穀御飯、微塵切りにした玉葱、パン粉大さじ1を入れ混ぜ合わせる。
塩・胡椒で味を調える。
3.かぼちゃ2枚に小麦粉をまぶし間に2をはさみ、小麦粉、溶き卵、パン粉をつけ
る。玉葱に2を詰め小麦粉、溶き卵、パン粉をつける。
4.180度(中温)に熱した油に3を入れて揚げる。
5.皿にレタス、トマト、レモンを飾り、4を盛り付ける。
6.二杯酢を作り5に添える。

パンダ豆と乾物のサラダ(4人分)
【材料】
茹でたパンダ豆 カップ1、トマト 160g(中1個)、青紫蘇 5枚
生姜 少々、ちりめんじゃこ 20g、海藻サラダ(乾燥)12g
A(だし汁 大さじ2、砂糖 小さじ1、醤油 大さじ2、酢 大さじ2)
【作り方】
1.パンダ豆と3倍の水を鍋に入れて火にかけ、沸騰して10分で火を止め、
バスタオルでくるんで40分。再度、火にかけ固めに茹でる。
2.トマトは1cm角に切る。青紫蘇は縦半分に切って千切りにする。生姜
は千切りにする。
3.Aを入れたボールに海藻サラダ、ちりめんじゃこを入れて混ぜ合わせ、
馴染ませる為に少しおく。
4.3のボールに茹でたパンダ豆、トマト、青紫蘇を加えてあえる。
5.器に4を盛り付ける。



紫蘇ジュースのデザート(12個)
【材料】
茹でたパンダ豆 1カップ、りんご 1個、白ワイン 1カップ、
砂糖 100g、レモン汁 1/2個
白玉粉 10g、小麦粉 90g、
紫蘇ジュース(紫蘇ジュースエキス 50cc、水 150cc)
【作り方】
1.りんごは皮をむき銀杏切にする。鍋に茹でパンダ豆、りんご、白ワイン、砂糖
、レモン汁を入れりんごが柔らかくなるまで煮る。
2.ボールに白玉粉を入れ、紫蘇ジュースのうち、少量を加えて溶かす。
3.2に小麦粉を入れ残りの紫蘇ジュースを加えて滑らかになるまで混ぜ合わせる。
4.ホットプレートに3をお玉に半量ずつ流し入れて楕円形にのばし、表面が乾い
たら裏返して焦がさないように焼く。焼きがったら1の具を包み、まく。
5.器に盛り付ける。
スポンサーサイト
この記事のURL | 雑穀の料理 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<日本雑穀協会のご案内 | メイン | 今日は、一日お赤飯は炊きましたか?>>
コメント
-  -
精力的に活動されていますね♪
北海道はご家庭で豆を使われる頻度は高いのでしょうね。
どれもおいしそうです♪
2011/11/05 18:43  | URL | おはじき #jk2GnYe6[ 編集]
- ふなやき? -
親分、こんばんは。

料理写真の右端のピンクの「ふなやき」みたいなのが食べてみたいです。

ふなやきとは、ふるさと・福岡県八女~久留米地方の郷土料理です。

桂子さんの本にも出ていますよ。
2011/11/05 19:35  | URL | のどか #-[ 編集]
-  -
紫蘇ジュースのデザート食べたい!!作って見たいぃ~☆作って欲しい・・笑
まり先生にお赤飯渡しそびれました。ごめんなさい。重いのでお別れまで私が持って居たのですが急に帰られることになりうっかり渡し忘れてショックを受けています。
2011/11/05 23:34  | URL | めぐりん #CjlWd7YA[ 編集]
-  -
おはじきさんへ

お茶の御稽古の帰りに先生から白花豆の煮豆をいただきました。
ほっこり栗のようで美味しかったです。
昔は、どの家庭でもストーブの上には豆の鍋がありました。現在は???

のどかさん

ふなやき・・初めて聞きました。
圭子さんの本をみまし~た。

今回のデザートは、白玉粉を入れているのでもっちりとして美味しいですよ~紫蘇ジュースの代わりにマンゴージュースでもいいかも?

めぐりんさんへ

紫蘇ジュースのデザート、美味しいですよ♪~
まり先生へは、明日送りますのでご安心くださいね。


2011/11/06 21:13  | URL | 辻本 #-[ 編集]
-  -
辻本様

とっても美味しそう!
白玉粉で生地を作るのですね!
わぁ、もちもちなんでしょうか?
そして紫蘇ジュースでこんなキレイな紫♪
食べてみたいです。
多くの教室をこなされていて素敵です!
2011/11/10 16:04  | URL | MASAKO #-[ 編集]
-  -
MASAKOさんへ

白玉粉を使うともちもちですよ。
紫蘇ジュースも香りが良くて美味しいです。
遠軽のお土産品の一つです。

●12月2日11時~13時・玉川高島屋S・Cの【玉川テラス】での
MASAKOさんの料理講習会、行きた~いです。
でも、当日夜の便しか取れませんでした。
残念。来年は、札幌で講習会をお願いいたします。
2011/11/10 23:18  | URL | 辻本 #-[ 編集]
-  -
辻本様

機会がありましたら是非、北海道で講習会をさせて頂きたいです。
まずは先に私が辻本さんのお教室に参加させて頂いてからですね。
2011/11/11 16:28  | URL | MASAKO #-[ 編集]
-  -
MASAKOさんへ

今日、雑穀エキスパートの山林さんから相談を受けました。
来年の春に山林さんの御家で田中さんを講師に「雑穀料理教室」・・
私から田中さんにお願いしてみますと話しました。
是非、お願いしま~す。
2011/11/11 22:33  | URL | 辻本 #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://millet31.blog107.fc2.com/tb.php/670-9e3a7708

| メイン |