「大地の詩」三日目
2010/10/06(Wed)
10月3日(日)、エキストラが160名参加の大がかりな撮影になりました。
サケ汁と豆ごはんは、300名分を用意。

豆ごはんの素  お豆たっぷり国産五目ごはんの素

豆ごはんの素は、札幌のNPO法人「のこたべ」の依頼で使用する豆の選択と調理方法を
考えました。豆は、在来種の豆を販売している遠軽町のべにや長谷川商店の黒千石と間作
大豆を使用、調理方法は豆の食感を残す方法を白楊舎に提案。
今回の豆ごはんは、白楊舎バージョンを使用。(左)
11時から食事と言う話が13時30分に変更になり、エキストラの方々は寒さに
ふるえながら給食棟に入ってきました。
衣装と髪型で給食棟は、一気に過去の時代にタイムスリップです。
10月3日昼食 (2)   10月3日昼食   10月3日1

無事撮影も終了、この三日間調理に携わり色々と勉強になりました。
美味しい料理、それは楽しみながら料理を作る、そして食べる人の事を思いやる
事だと改めて思いました。これを経験にクリエーターを目指してがんばって行きたいと
思います。お手伝い頂いた皆さんに感謝・感謝です。
(山田宅でのお料理教室・精進料理・消費者協会料理教室・おかん料理・千葉社中・
坂本夫人のお友達・山田夫人のお友達)
大地の詩集合   日本雑穀協会のエプロンをつけて

三日間、「大地の詩」のスタッフ料理をご覧下さりありがとうございます。
この映画の協賛金を只今募集しています。
一口、1,000円で映画券が送られてきます。
まだまだ、制作費用がたりませんので、是非協力をお願い致します。

電話番号03ー5380-9871 (株)現代プロダクション

料理材料提供者 大久保農場(じゃがいも)、石丸農場(南瓜と牛乳)、橘農園(イチゴ)、
            伊丹弘子(野菜)、坂本塗装(野菜)、丹野工業(ロケ中の米と雑穀)
スポンサーサイト
この記事のURL | 教室のご案内 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
<<暮らしの学校「秋の一日講座」のお知らせ | メイン | 「大地の詩」二日目>>
コメント
-  -
こういう体験はしたくても出来る事じゃないし流石北海道・・・って感じですね!!スタッフの方も喜ばれた事でしょうね♪相手のことを思いやって食事を作る・・・これは食事作りの基本なのでしょうね!!本当に本当にみなさまお疲れ様でした☆また生でお話聞かせてくださいね。
2010/10/08 00:26  | URL | めぐりん #CjlWd7YA[ 編集]
-  -
こうして拝見してみると本当に、もの凄い人数のお食事を用意されたんですね。さすが辻本さんの人脈で、助っ人の方々が沢山いらっしゃってお手伝いされ、無事に終わられて何よりです。ロケ班の方々も、こんなに心のこもったおもてなしで、きっと素敵な想い出になったことでしょう☆
2010/10/08 00:46  | URL | 可奈 #-[ 編集]
-  -
本当にお疲れ様でした。
300名の料理を作るなんて全く想像もつきません。
楽しみながら、相手のことを思って料理を作る。大切なことですよね。
ちょうど、友達と我が家で昼食を楽しんだばかりだったので実感です。
準備から本番まで、想像もつかないくらい大変だったことだろうと思いますが、なかなか出来ない経験、貴重ですよね。
これからも益々頑張ってください。
2010/10/08 16:03  | URL | りょうこ #-[ 編集]
-  -
3日間の調理おつかれさまでした。
300食というあまりにもスケールが大きい調理を経験されて感じたことが、辻本さんの食に対する思いなんでしょうね。
私もこのところ地域の食や文化に対して接することが多く、とてもすばらしいものなのに消えてしまいそうな現実を目の当たりにして、学んで継続する役目が私の使命なのではないかとさえ考えています。
2010/10/09 20:09  | URL | おはじき #-[ 編集]
-  -
めぐりんさんへ

本当に良い経験をしました。祖母がその昔、家庭学校の食事に関わっていたので、今回の件は祖母からの贈り物のように思います。ありがたいと思います。

可奈さんへ

今回の件は、本当に人との繋がりが如何に大切かを学ぶ機会になりました。多くの人に支えられて嬉しかったです。

りょうこさんへ

そうですね。料理のメニューと人集め・・楽しく思うとメニューも人集めもすんなりと行きました。難しく考えなかったのが良かったのかなぁ。

おはじきさんへ

いつも、色々なイベントをしている「おはじき」さんならではコメント、ありがとうございます。文化の伝承は、途絶えてはいけないものですね。後世に繋げて行くようがんばりましょうね。
2010/10/09 22:42  | URL | 辻本 #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://millet31.blog107.fc2.com/tb.php/522-f77613f7

| メイン |