明日は、15日お赤飯を炊きましょう!
2010/06/14(Mon)
明日は、15日。お赤飯を炊くご準備はすみましたか?

永山久夫先生の著書「明日はもっと元気 雑穀のちから」に一日と十五日の習慣について
記載されています。

満月の夜の「赤まんま」

古くから「赤い色」には、特別の霊力や神秘的なエネルギーがこもっていると信じられ、儀礼
などのある時にはアズキは欠かすことのできない食材とされてきました。
一月十五日にアズキ粥を食べる習慣が、平安時代には行われています。
民間では、旧暦の一日(新月で真っ暗闇)と満月の15日には、白いコメに赤いアズキを混ぜ
て炊く「赤まんま」を食べる習慣がありました。
今でも京都や地方農家などでは「赤まんま」の風習が残ってます。
中略・・・
赤まんまのアズキは神秘的な霊力を持つと同時に、健康を保ち長生きする上で欠かせない栄養
成分も豊富に含んでます。

※アズキ粥と言えば、梶川愛さんですが、平安時代にアズキ粥の習慣があった事に驚きました。

お赤飯運動に参加される方、もち米・アズキの準備は整いましたか。投稿写真、楽しみに待ってます。
これから、お赤飯運動に参加希望の方は、メールフォームにてお申し込み下さい。

実行委員長 辻本宜子  事務局長 五木のどか
スポンサーサイト
この記事のURL | 赤飯運動 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
<<今日は、15日、お赤飯を炊きました。 | メイン | 山菜ツアーのご報告>>
コメント
-  -
昨日も終日出かけてて朝から小豆を炊きながら他の用事をしていたらうっかり忘れてて小豆を炊きすぎました(笑)今日はあまり上手く出来なさそう・・・笑
でもやっぱり炊いて食べますよぉ~今日はお粥にしたいけど1日にお粥にしたのでお赤飯で我慢します(笑)
2010/06/15 11:48  | URL | めぐりん #CjlWd7YA[ 編集]
- お赤飯と、あずき粥 -
親分、めぐりんさん、こんにちは。

本日のお赤飯、お昼ご飯になりました。
ちょっとカタメだったかな? と思って、表面に水をかけ、少し置いてから動かそうとしたら、うっかり誤って、赤飯の一部をボロッとこぼしてしまいました。。。

めぐりんさん、ガマンして(無理して)お赤飯にするより、自分のお好きな「あずき粥」を食べられるほうが、健全な気がします。
無理とガマンは禁物かも‥‥?

2010/06/15 13:38  | URL | のどか #-[ 編集]
-  -
あー忘れてました。お赤飯の日でしたね。
小豆は常備しているのですが、もち米があー・・・・・
でも、これからの季節はお赤飯はきついので、めぐりんさんと同じく、小豆粥になりそうです。
2010/06/15 14:53  | URL | りょうこ #-[ 編集]
-  -
めぐりんさんへ

小豆粥と言えば、めぐりんさんを思い出してしまいます。めぐりんさんとの出会いは、小豆の持つ霊力とエネルギーかもしれません。これからもめぐりんさんに吸い付けられま~す。

のどかさんへ

お赤飯運の参加者への告知、ありがとうございます。
のどかさんのおかげで、お赤飯運動も広がってきました。感謝、感謝です。

りょうこさんへ

りょうこさん、元気でしたか?
無理をせずに小豆粥OKですよ♪
今度は、お一日で~す。
2010/06/15 22:12  | URL | 辻本 #-[ 編集]
-  -
>のどかさま
コメント有難うございます♪我慢と言ってもお赤飯も大好物なので大丈夫です・笑 でも15日に意識して小豆粥を食べてきていた習慣からどうしても小豆粥が炊きたくなってしまうのです。お赤飯の達人が回りに多いので私は小豆粥ばっかり作っててお赤飯はお手伝いしていただいて帰ってたので・・・でも今日のお赤飯は今までの中で一番上手に炊けたかもぉ~です♪
2010/06/15 22:50  | URL | めぐりん #CjlWd7YA[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://millet31.blog107.fc2.com/tb.php/469-1b66ef4c

| メイン |