宮古島黒小豆餅(フキャギ)
2007/10/19(Fri)

9月20日の韓国料理「黒豆の醤油煮」がきっかけで知り合った、shimanchu事「とよみ」
さんより「フキャギ」の作り方と写真を頂き、早速作りました。
とよみさんは、今年5月より故郷の宮古島で翻訳業。ご主人は、ゲストハウスの経営。
韓国に住んでいたこともあり、「黒豆の醤油煮」は懐かしかったとのこと。
母上様に協力を頂き、初めて「フキャギ」を作ったそうです。

「フキャギ」
材料 黒小豆 200g 、もち粉 250g、水 適宜、塩 少々


作り方
1. 小豆は柔らかく炊いて水気を切り、軽く塩をふっておく。(今回は小さじ2杯ほど)
2. ボールにもち粉をいれ、耳たぶ位の硬さになるまで水を加えてこねる。
3. (2)を楕円形に整え、沸騰した鍋に入れる。餅が底にくっつかないように、適宜に
  かき混ぜる。火が通り始めると餅が浮き上がってくる。それから5分位して箸をさし、
  スルッと通れば取り出す。(蒸気の上がった蒸し器で10分~15分蒸すと言う方法
  もある。)
4. (3)の温かいうちに(1)の小豆を全体にまぶして出来上がり。
フキャギ1    ふきゃぎ2    フキャギ3

ふきゃぎ4    フキャギ5    フキャギ6

                   フキャギ7
フキャギは、15夜のお供えとしての他にも、特別なお祝い事や、選挙の時などに必ず
出されるもの。最近は、砂糖をつけて食べる人もいますが、豆の素朴な味もまた格別。
地域によっては、フチャギというところもあり、また、豆を20個位しかつけないところも
ありますが、この作り方が主流。
(宮古島黒小豆は、島原が原産)


と色々な情報を有難うございました。写真は、「とよみ」さんが携帯で送って来た通りに
作ってみました。


とよみさんのご主人のゲストハウス「宮古島リゾートハウスざわわ」
電話番号 0980-77-8878       http://www.migresort.com/


 



スポンサーサイト
この記事のURL | 雑穀の料理 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<べにや長谷川商店 | メイン | トマトジュースケーキの材料>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://millet31.blog107.fc2.com/tb.php/46-57b8fd66

| メイン |