北の大地、遠軽に建つ北海道家庭学校!!
2009/09/30(Wed)
9月最終の土曜日に「筆子・その愛ー天使のピアノ」が、北海道家庭学校の教会で
上演されました。
           大地の詩4
山田火砂子監督(はだしのげん・はだかの大将の監督)の講演もあり、とても充実した
鑑賞会でした。

ー富岡幸助の映画制作の応援をお願いしますー

留岡幸助は、明治・大正・昭和初期の社会事業家です。
北海道空知集治監の教誨師に就任します。監獄改良よりも根本的な対策と感じ取った
少年感化事業に関心を持ち、明治32年に東京巣鴨に「家庭学校」を設立し、少年の感
化事業に尽力しました。
北海道家庭学校は大正3年、家庭学校の北海道農場として、遠軽から白滝(現遠軽町)
にかけて一千町歩の山林の中に開校されました。創設者富岡は、自然には人を感化する
力があり、人は自然の中でこそ、より良く、より強く育つと信じました。北海道家庭学校は
森の学校と呼ばれ、95年の歴史で育っていった生徒は2,200余人にのぼります。

    大地の詩3    大地の詩5

昔、少年院がなかった頃、青少年達は大人の囚人達と一緒に刑務所に入りました。
大人の囚人達と一緒にいることで、どんどん悪くなる事を知った留岡幸助は、日本で初めて
感化院作りました。
福祉という言葉がなかった時代に、苦労して青少年達に健全に生きることを教えた人を余に
伝えようと山田火砂子監督は「大地の詩」を作ります。
寄付は、1、000円から受け付けています。

(株)現代ぷろだくしょん 東京都中野区新井5-25-5林ビル2F
               ℡03-5380-9871

ニョッキさんのブログでも紹介しています。
スポンサーサイト
この記事のURL | 教室のご案内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<日本雑穀協会からのお知らせです。 | メイン | 「青い空流れる雲」に行ってきました。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://millet31.blog107.fc2.com/tb.php/344-e186d0fe

| メイン |