夜ばなし
2008/11/11(Tue)
冬至に向かって、夜は次第に長くなってきます。
冬の夕暮れに集まって夕食を共にし、お茶を飲みながら、道具の話、一年の思い出話など、
あれこれゆくりと談じるのにふさわしい茶事が、冬の夜長に設けられた夜ばなしなのです。
(表千家茶道十二ヶ月より)

私の住む遠軽町は、この季節4時になるともう外が暗くなります。
というわけで、12月ではなく11月、それも夜ばなしの始まる5時ではなく4時から始まりました。
客が入室すると、暖かいおもてなしとして甘酒やお汁粉が勧められます。
今回は、お汁粉でした。
茶席では、薄茶の一服がもてなされますが、これを煎茶と呼び、普段と違った略式の点前で
茶をたてます。

煎茶ー初炭ー懐石ー中立ちー濃茶ー後炭ー薄茶と言う、炉の正午の茶事の順で茶事が進み
ます。
煎茶   炉炭点前   茶事2
  煎茶の干菓子         客は炉中を拝見            懐石

茶事   濃茶   薄茶
  灯火の中での懐石       濃茶の手前           薄茶の干菓子

灯火の中での茶事は、幽玄という言葉の通り昔の人が味わった侘びの世界を感じさせる
ものでした。
利休のころは、夜ばなしは夜込とか夜会などと言われ、10回の内7,8回は夜の茶会だった
と伝えられています。

濃茶の主菓子は、縁高という重ねの器に入れて出されます。
堺の利休関係の菓子を梶川愛さんに送っていただきました。(今回のは、後日)

以前、愛さんから送っていただいたお菓子
     斗斗屋             利休古印
かの千利休に「天下の茶碗のすべてを       利休の使用していた納屋判と竹判
合わせてもこの一椀に及ぶまい」と         を写して一対とした菓子
言わしめた名椀「斗斗屋」を再現した菓子     キリシタン文字が書いてあります。

御菓子司 ㈱丸市菓子舗 大阪府堺市堺区市之町東1丁目2番26号
       ℡ 072-233-0101
スポンサーサイト
この記事のURL | いいもの見つけました | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<「のこたべ」撮影会&料理講習会 | メイン | いただきもの>>
コメント
-  -
素敵な会だったのですね。私が普段から食べていたお菓子が辻本さんたちのお茶菓子になって喜んで頂いている事をとても嬉しく思います。私は何気なく食べていましたがキリシタン文字が入ってたり「斗斗屋」って何ジャラホイ!!って感じです・笑
2008/11/12 12:48  | URL | めぐりん #CjlWd7YA[ 編集]
-  -
愛さん

本当にありがとうございます。
千利休に関係するお菓子に出会えて、先生も弟子達も感激しています。納屋衆が室町・安土桃山時代の都市の豪商と言う事も初めて知りました。納屋判は実印の事で、竹判が認め印と言う事も・・・ありがとうございます。
ちなみに先生は、知ってました・・・流石!!
2008/11/12 20:40  | URL | 辻本 #-[ 編集]
-  -
へぇ~凄いですね。私は何も知らずに普通に昔から近所のお菓子屋のお菓子として食べてました。喜んでもらえた事は本当に嬉しいです♪
2008/11/12 22:52  | URL | めぐりん #CjlWd7YA[ 編集]
- 夕方4時に暗くなる? -
さすが北海道ですね。暗くなるのが早い!
福岡と東京では1時間くらい暗くなる時間が違うなと思ったことがあります。
北海道ですと、2時間くらい違うのですよね。

小豆の料理は、どんな料理を教えられるのでしょう?
とても興味があります。
2008/11/13 09:58  | URL | のどか #vrddZxwE[ 編集]
-  -
お茶席ですか、私には縁の無い席ですね。せいぜい淡河町の文化祭で婦人会が入れてくれたお抹茶を飲ませてのらうぐらいです。先日北海道で初雪の便りを聞きましたが、遠軽町ではいかがでしょうか?そちらは4時には暗くなるのですか。
2008/11/13 09:59  | URL | 木下 #-[ 編集]
-  -
めぐりさん
あまりに身近にあると解らない物なのですね。

のどかさん
コメントありがとうございます。今日、網走から帰るとき太陽が沈むのと満月が出ているのを同時に見て、感動しました。小豆の料理は、子供と一緒に作るので小豆サンドを作ります。ブログで紹介しますね。

木下さん
今回のお茶時は、蝋燭の灯火だけで行なうのですが、暗闇の中でも次第に目が慣れてきて見えると言う事がわかりました。4時ごろから暗くなり始めます。初雪は、降ったのですが、その後暖かい日が続いてます。
2008/11/13 23:40  | URL | 辻本 #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://millet31.blog107.fc2.com/tb.php/221-6da4eb0e

| メイン |