島原地区の雑穀産地圃場見学へ
2008/10/25(Sat)
10月11日(土)、島原地区圃場見学の報告をいただきました。

福岡の合屋さん、長崎の田中(田中米穀店)さん、長崎の浜辺さんの三人が熊本の岡田(森光商店)さん
の案内で島原市深江町の圃場見学に行きました。
皆さん、日本雑穀協会の九州見学会で知り合いました。

☆もちあわ☆
まずは、「もちあわ」の圃場で生産者のお話を聞きました。品種は、島原在来種。
葉タバコの後に植える二毛作。肥料は植え付け時に1回と間に1回、殺虫剤を1回。
8月上旬に直播で植え、三ヶ月後に収穫。
もちあわは、熟しても脱粒する事がないので、完全に熟してから、収穫します。
畑ごとに房の大きさが違うので「品種が違うのですか?」とお聞きすると「品種は全く同じ
だが、土の肥え具合で実付きも違う」とのこと。本などでは「やせ地や荒地でも育つ」と書
いてありますが、適肥はどの作物にも当てはまるようです。
もちあわ    あわ   あわ
      アワ             アワの圃場              アワ

☆もちきび☆
次は有家長の「もちきび」圃場に。ちょうど収穫最中。品種は、島原在来種。
こちらも葉タバコの後に植える二毛作だそうです。8月中旬に植え、2ヶ月後には収穫。
もちきびは、熟すると脱粒するそう。しかも、穂元と穂先が違うので、早めに刈り取り、3日
天日干し後、14~15%の水分量になるよう乾燥機に入れ、その後脱穀。
2ヶ月と言う短い生育期間なので、播種時期の見極めと初期の生育がその後の生育に
大きく影響するそうです。
あ    キビ   もちきび
  きびの刈り取り              キビ            キビを束ねる

☆感想☆
低温・日照時間の影響など播種の2.3の遅れが、後に収穫期が1.2週間もの遅れに
なるそうなので、自然を相手に作物を育てる「適期適作」が2ヶ月という短い生育期間
の中で特に重要な事だと思いました。(田中)
深江町のきびの収穫量は、日本一だそうです。キビはキビ餅が一番美味しいと言って
ました。合屋さんは、なんと帰ってすぐにキビ餅を作ったそうです。(浜辺)

           大野木場小学校         あ
雲仙普賢岳噴火で廃校になった「大野木場小学校」   
スポンサーサイト
この記事のURL | メンバーの活動報告 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<国際ポテト年、羽田の玉ちゃんのご招待 | メイン | 日本雑穀協会からのご案内>>
コメント
-  -
お久しぶりのお元気そうなお顔を拝見できて良かったです。あぁ~また皆と雑穀談義したいなぁ・笑
2008/10/25 09:05  | URL | めぐりん #CjlWd7YA[ 編集]
-  -
きれいにまとめていただいて、ありがとうございます。

島原は、「気候良し、水良し、人良し」でした。
雑穀の品質はいつも最高のランクだということが、うなずけます^^
2008/10/25 09:46  | URL | おはじき #jjrelatI[ 編集]
-  -
お元気でしょうか?
先日は、伺えなくてすみません
来週、27日~1日の間で、午後から都合の良い日ありますか、頑張って行きたいと思うのですが?
いかがでしょうか・・
2008/10/25 16:14  | URL | 藤井 #-[ 編集]
-  -
藤井様

お会いしたかったのに残念でした。1日はどうでしょうか?

おはじき様

確かに水が良いのは、雑穀に良いでしょうね。島原の雑穀も食べてみたいですね。

めぐりん様

九州の雑穀研修は、実りがありましたね。良き出会いが出来た事に感謝です。雑穀談義~しましょう。
2008/10/26 22:15  | URL | 辻本 #-[ 編集]
-  -
植物としての「もちきび」初めて見ました。
キビ餅ってどんな風に作るのでしょう~?興味津々です。
検索してみなくちゃ~。
2008/10/27 09:58  | URL | a-syan #uC5/QVtI[ 編集]
-  -
a-syan様

去年の岩手での研修では、餅米をつき、途中で煮たイナキビを入れつきました。
一般的には、このようですね。
2008/10/27 21:24  | URL | 辻本 #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://millet31.blog107.fc2.com/tb.php/189-ecc8b07e

| メイン |