上川農業試験場に行ってきました
2008/08/05(Tue)
8月2日(土)、上川農業試験場に行ってきました。

明治19年(1886)旭川市神居に忠別農作試験所として創設され、平成6年(1994)に比布町に移転。
「きらら397」をはじめとして数多くの水稲優良品種の育成を行い、減化学肥料、減農薬栽培によるクリーン農業を推進している北海道を代表する稲作試験場、それが上川農業試験場です。
    水田      上育      赤毛


新しいお米の品種を作るのには毎年100種類もの交配と数十万個の栽培、そして生産力、耐冷性、耐病性、食味などさまざまなテストと、7~8年の月日が、かかるそうです。耐冷性の試験を行うには、毎日水田の水を入れ替えをし、耐病性の試験には、雄の虫が寄るフェロモン剤を水田に設置しています。病害虫の防除の予報に使っている機械もありました。
    フェロモン        虫取り器
雄の虫がフェロモンに誘われて     病害虫の診断機で農薬の散布時期が解ります。

案内の植野さんの担当は、アスパラです。
        アスパラ2       アスパラ1
    雄と雌を両方栽培する品種    こちらは、雄だけ栽培する品種
    (赤くて丸い種が着きます)     (種がつきません)

アスパラを太くしたり、収量を上げたりするには、研究が必要です。と、色々勉強をした2時間でした。
                
                ベジフル旭川

上川農業試験場で作られた上育453号が、10月に発売されます。名前は、まだ未発表ですが今から楽しみです。試験場の見学を希望の方は、電話にて申し込みが出来るとのことです。

北海道立上川農業試験場  上川郡比布町南1線5号
                  0166-85-2200
ホームページ
8月12日(火)には、一般公開をしています
スポンサーサイト
この記事のURL | メンバーの活動報告 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<第2回 とかち食育フェア | メイン | 第二回おかん料理を楽しむ会の開催地瀬戸瀬>>
コメント
-  -
北海道発の新品種を食べたいなぁ。
情報発信、ありがとうございます。
2008/08/06 08:13  | URL | 羽田の玉ちゃん #HHwP0Xsw[ 編集]
-  -
↑羽田の玉ちゃんさん!辻本さんとお知り合いだったんですね。知りませんでした。
ウチも、少しアスパラの研究をする予定です。
時間を見てあちこち農試にも伺いたいのですが、なかなか時間が・・・。
2008/08/06 08:57  | URL | ちか #sWmqaT5A[ 編集]
-  -
羽田のたまちゃんへ

上育453号、是非、食べてください。ジャガイモの事を考えている人がまた一人増えました。ブログにおじゃまします。

ちかさんへ

羽田のたまちゃんは、多分、ベジフル仲間だと思うのですが・・・。我が家のアスパラは、20年以上経ってます。でも、まだ健在です。植野さんも年月には関係ないと言ってました。大事にしなくては。
2008/08/07 01:13  | URL | 辻本 #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://millet31.blog107.fc2.com/tb.php/150-6012a8bf

| メイン |