明日は、7月1日、お赤飯の日です!
2016/06/30(Thu)
明日は、7月1日、お赤飯の日です!

お米と日本人

日本におけるお米づくり・稲作の歴史は古く、なんと縄文時代から始まりました。
中国から九州へと伝わったとされる稲作技術によって、少なくとも3000年以上
前から日本人がお米をつくっていたことが解っています。最も古い田んぼ(水田)
としては約2500年前のものが岡山県で発見されています。
そして縄文時代から弥生時代にかけて、お米づくりは日本中に広がっていきました。
ではどうして日本中で稲作が行われるようになったのでしょうか?一番大きな理由
としては日本の気候が挙げられます。雨が多く降る季節(梅雨)と雨が少なく暑い
季節(夏)がある日本の気候がお米づくりに適していたのです。
これはタイやインドネシアなどの東南アジアおよび中国などお米の生産量の多い
地域に共通するポイントです。
また食味の良さや長期間の保存がきくという点も主食としてお米が選ばれた大きな
理由です。そしてお米は特別な存在として扱われるようになっていったのです。

日本人にとってお米は大切な食べ物として続いてきました。離乳食もパン粥より
重湯、五分粥、七分粥、全粥、軟飯、飯と体の成長に合わせて食べます。
全世界から和食に注目を浴びる今だからこそ、お米をもっと知って欲しいです。

さあ、明日はお赤飯の準備、餅米、あずき、ごまのご準備をお忘れなく!
スポンサーサイト
この記事のURL | 赤飯運動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
食育講座始まる!!
2016/06/27(Mon)
今日の日本農業新聞に食育講座の事が掲載されました。
『北海道食の自給ネットワーク』が、13年続けている『食育講座』。
6月18日から11月まで計6回開催されます。各回、野菜ソムリエ、
栄養士、有機農家、漁師、米農家といった食と農を知る人たちが
小学生を対象に講師を務めます。
次回は、7月16日で栄養士、雑穀アドバイザーの私が講師を務めます。
定員にまだ余裕がありますので、ネットワーク事務局へ
090-2818-5502

IMG_8117.jpg
この記事のURL | 自己紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今日は、6月15日お赤飯の日です。
2016/06/15(Wed)
今日は、6月15日、お赤飯の日です。

身体に元気を心に栄養を!!

IMG_8051.jpg

今日は、遠軽町丸瀬布いこいの森で海外からのお客様を
迎えて、日本の伝統と文化をお伝えしました。

シンガポールとマレーシアのご家族の方々、とても楽しんで
いただきました。

おはぎと変わりおはぎを作って、ご自分の茶菓子を作りました。
お茶も自分でたてました。

千葉社中の方々のお点前も素晴らしかったです。
IMG_8060.jpg      IMG_8070.jpg
この記事のURL | 赤飯運動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
明日は、6月15日、お赤飯の日です。
2016/06/14(Tue)
明日は、6月15日、お赤飯の日です。

餅米、小豆の御準備は!

小豆は、皮が硬いので種瘤から水を吸います。

石豆は、種瘤が硬く閉じている豆の事を言います。

小豆を脱穀すると衝撃で種瘤の溝が開いて水を

吸います。

種の重さと同じくらいの水を吸うと葉がでます。

この記事のURL | 赤飯運動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
在来種の豆についての特集記事が北海道新聞に掲載!!
2016/06/10(Fri)
          在来種の豆を守る 

6月8日(水)掲載
「幻の味」農家がつなぐ

オホーツク管内湧別町の元畑作農家、平間正一さんと静枝さんには在来種に
対する熱い思いがあります。
私も昨年、長谷川お母さんと豆の愛好の方と一緒に平間さんを訪れた時に
美味しい貝豆の煮豆を頂きました。
とてもウエルカムな人柄に豆好きならではの暖かい思いに浸りました。

この記事のURL | 北海道の風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今日は、6月1日お赤飯の日です!
2016/06/01(Wed)
今日は、6月1日お赤飯の日です!

身体に元気を、心に栄養を

御赤飯で邪気を祓い、元気に過ごしましよう!!

IMG_7831.jpg
この記事のURL | 赤飯運動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |