明日は、6月1日お赤飯の日です!
2014/05/31(Sat)
明日は、6月1日、お赤飯の日です!

雑穀友達の山岡さんを迎えに女満別空港へ。
帰りに北海道で一番広い面積の芝桜公園に・・東藻琴・・綺麗でした。

IMG_2023.jpg

【赤飯運動】 昔から、1日と15日は神棚の榊を替えたり、赤飯を炊いて
お供えしたりする日とされてきました。また、赤飯は目出度いことがあった
ときや、仏事の日晴れの席で供されたりもしてきました。小豆は邪気を払い、
良事を呼び込むと信じられてきたからです。
 私たちは「毎月1日と15日に、あなたも赤飯を食べませんか?」と、
周りの人にお声かけする「赤飯運動」をしています。自分で作れなかったら
買ってきた赤飯でもよいのです。腹もちのよいもち米と小豆の組み合わせ。
あなたの身体に、元気エネルギーを!

※赤飯運動事務局では、一年を通して参加者を募集しています。
申し込み書をご希望の方は、当ブログの「メールフォーム」よりご連絡を
お願いいたします



スポンサーサイト
この記事のURL | 赤飯運動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
6月7日8日、北海道初「豆腐マイスター認定講座」開催
2014/05/28(Wed)
北海道初「豆腐マイスター認定講座」が開催されます。

豆腐の啓蒙普及を目的として、豆腐の知識と豆腐を使った料理を学ぶ講座として運営。
とうふプロジェクトジャパン㈱主催/一般財団法人全国豆腐連合会後援。
受講終了後に豆腐マイスター認定書を発行。

日時 6月7日8日

場所 夢カフェまーくる
    札幌市中央区南1条西6丁目21センチュリーヒルズ

講習料 特別価格 29,800円(税別) ※税込32,184円

このHPで申し込みができます。  豆腐マイスター

【料理担当講師】辻本宜子

栄養士・雑穀アドバザー・かんぶつマエストロ中級・ベジタブルフルーツマイスターJR
北海道は遠軽町に生まれ、地元でのネットワークを生かして豆料理のすばらしさを
北より発信。JAきたみらい豆生産組合では、豆料理の講師を務める。平成6年より、
日本の伝承料理を絶やさないために毎月1日と15日はお赤飯を作る日として、月1回
のメルマガ配信にお赤飯運動の創立メンバーとして協力参加。漬物づくりをライフワー
クとし、昔ながらの漬物の作り方やおいしさを若い世代に伝える。T-1グランプリ北海道
大会決勝に「黒千石大豆を使ったトマトの漬物」で出場。現在は食育分野にもフィールド
を広げ、おいしく食べる給食をモットーに認定こども園「こころ」の栄養士。
在食育団体「のこたべ」のお豆たぷり五目ごはんの素」なども監修。
平成24年6月より、北海道地区の初の豆腐マイスター認定講師。

磯貝 剛成
【座学担当】磯貝 剛成 (とうふプロジェクトジャパン㈱ 代表取締役)

NTTやインターネット通販のベンチャーなどで長年キャリアを積み、2009年に
独立して現職。一般財団法人全国豆腐連合会・賛助会員として、情報発信を
請負う。その他にも豆腐フェア事務局、一般社団法人豆腐機械工業会の理事
、NPO法人だいずきっず幹事、日本地豆腐倶楽部事務局など豆腐業界内の
幅広い組織をサポートしている。


工藤 詩織
【座学担当】工藤 詩織 (豆腐マイスター認定講師・食育豆腐インストラクター)

幼少から豆中心の食生活を送り、豆腐はその中心にあり、無類の豆腐好き。
外国人に日本語を教える講師を目指して勉強している過程で食文化も一緒に
伝えたいと豆腐マイスターを取得。豆腐マイスター取得後は、食育豆腐インスト
ラクターとして、国内だけにとどまらず海外でも手作り豆腐ワークショップや食育
イベントを実施して経験を積む。現在は豆腐マイスター事務局として運営をサポ
ートしている。
日本テレビ「ヒルナンデス!」、テレビ朝日「夏目記念日」に豆腐マイスターとして
出演。
Blog・Facebook・twitterなどで国内外に向けて「豆」の魅力を発信中。
■Facebook:まめちゃんのダイズバーシティ計画!
■Blog:mamepoem
この記事のURL | 地方のイベント紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今日は、5月15日お赤飯の日です。
2014/05/15(Thu)
今日は、5月15日お赤飯の日です。

朝5時から蒸し器を使ってお赤飯を作りました。
今回は、色付には小豆を煮ましたが小豆は使わず、金時豆の甘納豆を
使って作りました。

IMG_1952.jpg       IMG_1947.jpg
この記事のURL | 赤飯運動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
明日は、5月15日お赤飯の日です。
2014/05/14(Wed)
明日は、5月15日お赤飯の日です。


お赤飯に使うもち米。

このもち米が日本で一番作られているのは、なんと北海道の名寄市なんです。

今日の農業新聞では、もち米日本一の産地の歴史を紹介する冊子が出来た事を

紹介する記事が掲載されています。

その名も「名寄もち米物語」、JA道北なよろの中島組合長、生産者の佐藤さん

今藤米店主の今藤さんらがインタビュー形式で生産・販売・流通、生活を語った

ものです。

冊子は、無料。

問い合わせは、名寄市経済部農務課まで  01655-3-2511
この記事のURL | 赤飯運動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今日は、5月1日お赤飯の日です。
2014/05/01(Thu)
今日は、5月1日お赤飯の日です。

IMG_1859.jpg

今日の御赤飯は、自前ではなく買ってきたものです。
・・・人間ドック無事終了。

【赤飯運動】 昔から、1日と15日は神棚の榊を替えたり、赤飯を炊いて
お供えしたりする日とされてきました。また、赤飯は目出度いことがあった
ときや、仏事の日晴れの席で供されたりもしてきました。小豆は邪気を払い、
良事を呼び込むと信じられてきたからです。
 私たちは「毎月1日と15日に、あなたも赤飯を食べませんか?」と、
周りの人にお声かけする「赤飯運動」をしています。自分で作れなかったら
買ってきた赤飯でもよいのです。腹もちのよいもち米と小豆の組み合わせ。
あなたの身体に、元気エネルギーを!

※赤飯運動事務局では、一年を通して参加者を募集しています。
申し込み書をご希望の方は、当ブログの「メールフォーム」よりご連絡を
お願いいたします

この記事のURL | 赤飯運動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |