明日は,3月1日お赤飯の日です。
2014/02/28(Fri)
明日は、3月1日お赤飯の日です。

今年、創刊61周年を迎えた「美しいキモノ」、今回も素敵な着物が
たくさん掲載されています。
私の幼いころは、まだ母も着物を着て過ごしていた事を思い出しながら
ページを捲ってみました。
夏の暑い日には、洗い張り(着物をいったんほどいて水洗いした後、
張り板にピンと張り、糊付けしてシワを伸ばしながら乾かしていく方法)
をしていました。母にまとわりつきながら、邪魔をしていた私・・・
私の年齢よりも続いている「美しいキモノ」に尊敬!!

IMG_1355.jpg

日本の「おもてなし」には、やはり「着物」が一番でしょう、「滝川クリステル」さん!!

【赤飯運動】 昔から、1日と15日は神棚の榊を替えたり、赤飯を炊いて
お供えしたりする日とされてきました。また、赤飯は目出度いことがあった
ときや、仏事の日晴れの席で供されたりもしてきました。小豆は邪気を払い、
良事を呼び込むと信じられてきたからです。
 私たちは「毎月1日と15日に、あなたも赤飯を食べませんか?」と、
周りの人にお声かけする「赤飯運動」をしています。自分で作れなかったら
買ってきた赤飯でもよいのです。腹もちのよいもち米と小豆の組み合わせ。
あなたの身体に、元気エネルギーを!

※赤飯運動事務局では、一年を通して参加者を募集しています。
申し込み書をご希望の方は、当ブログの「メールフォーム」よりご連絡を
お願いいたします。
スポンサーサイト
この記事のURL | 赤飯運動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今日は、2月15日お赤飯の日です。
2014/02/15(Sat)
今日は、2月15日、お赤飯の日です。

2月15日の

ソチオリンピックの男子フィギュアスケートの優勝のお祝いを
お赤飯でした皆様、まだ、食されてない方。
まだまだ、間に合います、作ることができないのなら、買って
食べてもいいです。

【赤飯運動】 昔から、1日と15日は神棚の榊を替えたり、赤飯を炊いて
お供えしたりする日とされてきました。また、赤飯は目出度いことがあった
ときや、仏事の日晴れの席で供されたりもしてきました。小豆は邪気を払い、
良事を呼び込むと信じられてきたからです。
 私たちは「毎月1日と15日に、あなたも赤飯を食べませんか?」と、
周りの人にお声かけする「赤飯運動」をしています。自分で作れなかったら
買ってきた赤飯でもよいのです。腹もちのよいもち米と小豆の組み合わせ。
あなたの身体に、元気エネルギーを!

※赤飯運動事務局では、一年を通して参加者を募集しています。
申し込み書をご希望の方は、当ブログの「メールフォーム」よりご連絡を
お願いいたします。
この記事のURL | 赤飯運動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
明日は、2月14日お赤飯の日です。
2014/02/14(Fri)
明日は、2月14日、お赤飯を食べましょう!!

ソチオリンピックも中盤を迎え、毎日眠い日が続いているのではない
でしょうか。
寝不足は、風邪を引きやすいですね、帰宅後のうがい・手洗いを忘れ
ないようにしましょう!!
そして、お赤飯を食べて「オリンピック」を応援しましょう!!

【赤飯運動】 昔から、1日と15日は神棚の榊を替えたり、赤飯を炊いて
お供えしたりする日とされてきました。また、赤飯は目出度いことがあった
ときや、仏事の日晴れの席で供されたりもしてきました。小豆は邪気を払い、
良事を呼び込むと信じられてきたからです。
 私たちは「毎月1日と15日に、あなたも赤飯を食べませんか?」と、
周りの人にお声かけする「赤飯運動」をしています。自分で作れなかったら
買ってきた赤飯でもよいのです。腹もちのよいもち米と小豆の組み合わせ。
あなたの身体に、元気エネルギーを!

※赤飯運動事務局では、一年を通して参加者を募集しています。
申し込み書をご希望の方は、当ブログの「メールフォーム」よりご連絡を
お願いいたします。


この記事のURL | 赤飯運動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2014/02/06(Thu)
雑穀レシピコンテスト2013

年間最優秀賞は、5回と最も多くの季節優秀賞を受賞された
梶川 愛 さんに決定し、雑穀の日に表彰されます。


この記事のURL | 自己紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今日は、2月1日お赤飯を食べましたか
2014/02/01(Sat)
今日は、2月1日お赤飯の日です。

IMG_1190.jpg

岡女堂の甘納豆を使ったお赤飯です。

お赤飯運動に入っていただいている森光桂子さんから、「手の間」発行の
秋号を送っていただきました。

IMG_1196.jpg

小豆の赤い色が邪気を払って福を招くと、祝いの席に欠かせない、お赤飯。
森光桂子さんはこのハレの料理を月に二度、蒸籠でていねいに炊き上げ、
ふるまっている。皆が楽しみにしている、つやつやお赤飯の話・・・
(手間に掲載文)

※森光桂子さん・・雑穀エキスパート・料理研究家・実家は「森光商店」

【赤飯運動】 昔から、1日と15日は神棚の榊を替えたり、赤飯を炊いて
お供えしたりする日とされてきました。また、赤飯は目出度いことがあった
ときや、仏事の日晴れの席で供されたりもしてきました。小豆は邪気を払い、
良事を呼び込むと信じられてきたからです。
 私たちは「毎月1日と15日に、あなたも赤飯を食べませんか?」と、
周りの人にお声かけする「赤飯運動」をしています。自分で作れなかったら
買ってきた赤飯でもよいのです。腹もちのよいもち米と小豆の組み合わせ。
あなたの身体に、元気エネルギーを!

※赤飯運動事務局では、一年を通して参加者を募集しています。
申し込み書をご希望の方は、当ブログの「メールフォーム」よりご連絡を
お願いいたします。
この記事のURL | 赤飯運動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |