明日は、2月1日お赤飯の日です。
2014/01/31(Fri)
明日は、2月1日、お赤飯の日です。

1月28日、JA石狩女性協議会60周年記念式典・講習会で講演を
行いました。
タイトルは「日本人は、お米が一番」
朝ごはんにお米を食べる事の重要性をお話ししました。
お米を食べると主菜・副菜・お味噌汁といったバランスの良い食事に
なります。おかずの種類が多いと脳が活性化されます。

脳の元気は、バランスの良い食事から!!

東北大学×大塚製薬さんの共同研究は、「脳を働き者にする方法」
名古屋大学×大塚製薬さんの共同研究は、「エクオール
(大塚製薬さんから、パンフレットを頂き講演も聞いていただきました)
どちらもバランスの良い食事が、体に必要です。

※お米に雑穀ブレンドを使うと不足分の栄養や食物繊維、ミネラルを補うことが
できます。大豆は、リジンがたくさん含まれているのでお薦めです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 赤飯運動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今日は、1月15日お赤飯を食べましたか
2014/01/15(Wed)
今日は、1月15日お赤飯を食べましたか

IMG_0997.jpg

今日、どんど焼きに遠軽神社に行ってきました。
神社の境内では、鏡餅を焼いて参拝者に焼き餅を振る舞っていました。

【赤飯運動】 昔から、1日と15日は神棚の榊を替えたり、赤飯を炊いて
お供えしたりする日とされてきました。また、赤飯は目出度いことがあった
ときや、仏事の日晴れの席で供されたりもしてきました。小豆は邪気を払い、
良事を呼び込むと信じられてきたからです。
 私たちは「毎月1日と15日に、あなたも赤飯を食べませんか?」と、
周りの人にお声かけする「赤飯運動」をしています。自分で作れなかったら
買ってきた赤飯でもよいのです。腹もちのよいもち米と小豆の組み合わせ。
あなたの身体に、元気エネルギーを!

※赤飯運動事務局では、一年を通して参加者を募集しています。
申し込み書をご希望の方は、当ブログの「メールフォーム」よりご連絡を
お願いいたします。
この記事のURL | 赤飯運動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
明日は、1月15日お赤飯の日です。
2014/01/14(Tue)
明日は、1月15日お赤飯を食べましょう

明日は、どんどん焼きの日です。
「 どんど焼き」とは小正月(こしょうがつ=1月15日)の行事です。
正月の松飾り・注連縄(しめなわ)・書き初めなどを家々から持
ち寄り、一箇所に積み上げて燃やすという、日本全国に伝わる
お正月の火祭り行事です。神事から始まったので、北海道では、
神社で行われます。

蟹散し寿司に使う茹で卵にキヌアを入れてみました。

IMG_0994.jpg
えりちゃんが選んだ馬のパンです。
今年は、午年で~す!!
【赤飯運動】 昔から、1日と15日は神棚の榊を替えたり、赤飯を炊いて
お供えしたりする日とされてきました。また、赤飯は目出度いことがあった
ときや、仏事の日晴れの席で供されたりもしてきました。小豆は邪気を払い、
良事を呼び込むと信じられてきたからです。
 私たちは「毎月1日と15日に、あなたも赤飯を食べませんか?」と、
周りの人にお声かけする「赤飯運動」をしています。自分で作れなかったら
買ってきた赤飯でもよいのです。腹もちのよいもち米と小豆の組み合わせ。
あなたの身体に、元気エネルギーを!

※赤飯運動事務局では、一年を通して参加者を募集しています。
申し込み書をご希望の方は、当ブログの「メールフォーム」よりご連絡を
お願いいたします。


この記事のURL | 赤飯運動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今日は、1月1日お赤飯を食べましたか。
2014/01/01(Wed)
今日は、2014年1月1日お赤飯の日です。

1月1日

今年は、「医福食能連携 元年」漢方で日本を元気に!!
赤飯に使われる小豆には、体内に停滞した水分を利尿によって排出させる
効果があります。毎月、1日・15日と定期的に食べることによって、体に
たまった水分や毒素を出し、栄養を補う事ができます。

【赤飯運動】 昔から、1日と15日は神棚の榊を替えたり、赤飯を炊いて
お供えしたりする日とされてきました。また、赤飯は目出度いことがあった
ときや、仏事の日晴れの席で供されたりもしてきました。小豆は邪気を払い、
良事を呼び込むと信じられてきたからです。
 私たちは「毎月1日と15日に、あなたも赤飯を食べませんか?」と、
周りの人にお声かけする「赤飯運動」をしています。自分で作れなかったら
買ってきた赤飯でもよいのです。腹もちのよいもち米と小豆の組み合わせ。
あなたの身体に、元気エネルギーを!

※赤飯運動事務局では、一年を通して参加者を募集しています。
申し込み書をご希望の方は、当ブログの「メールフォーム」よりご連絡を
お願いいたします。
この記事のURL | 自己紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |