明日は、11月1日お赤飯を食べましょう
2013/10/31(Thu)
明日は、11月1日お赤飯の日です。

イナキビ入り重曹パン

赤飯運動事務局の五木のどかさんより、お赤飯が届きました。
アルファー化米で、作っている会社の名前も憶えやすい
アルファー食品株式会社です。

熱湯を入れて20分(水なら60分)待つだけでご飯が出来上がる
そうです。

非常食・アウトドア・海外旅行・・・そして、お赤飯の準備を忘れた
時には良いかもしれません。

早速、明日は作ってみなくては!!

【赤飯運動】 昔から、1日と15日は神棚の榊を替えたり、赤飯を炊いて
お供えしたりする日とされてきました。また、赤飯は目出度いことがあった
ときや、仏事の日晴れの席で供されたりもしてきました。小豆は邪気を払い、
良事を呼び込むと信じられてきたからです。
 私たちは「毎月1日と15日に、あなたも赤飯を食べません か?」と、
周りの人にお声かけする「赤飯運動」をしています。自分で作れなかったら
買ってきた赤飯でもよいのです。腹もちのよいもち米と小豆の組み合わせ。
あなたの身体に、元気エネルギーを!

赤飯運動実行委員長 辻本宜子

スポンサーサイト
この記事のURL | 赤飯運動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
T-1グランプリ道北大会
2013/10/30(Wed)
第4回T-1グランプリ北海道ブロック道北ブロック予選

開催日時:11月3日(日)

場所:イオン旭川永山店(旭川市永山3条12丁目2-11)

今年も予選に出場します。
入賞して北海道ブロック大会に選出されるよう、頑張ります。
お近くの方は、応援お願いいたします。

辻本宜子

この記事のURL | 自己紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
10月26日、富良野で「豆と雑穀の料理教室」を開催
2013/10/27(Sun)
10月26日、富良野で「豆と雑穀の料理教室」

富良野でお菓子教室を開いている道田笑子先生の教室でお料理教室を
開催しました。札幌から雑穀エキスパートの浅田久美さんと吉田知子さん
、料理レシピカード作ってくださるコピーライターの伊藤美由紀さんの
三人も参加して楽しい教室でした。

100日のお祝いのお赤飯   服部さんの馬

  065.jpg      068.jpg 
道田先生には、黒豆を使ったデザートを作っていただきました。
           
           070.jpg
 

夕食には、カルフォルニア巻きとお豆のピクルス入りビーフサラダ、
玉葱・かぼちゃ・鶏肉のフライと黒豆入り牛蒡の天ぷらを作りました。
  071.jpg      072.jpg     073.jpg


「和食のシンポジュウムが明日開催」

○10月28日(月)北海道・旭川勤労者福祉会館大会議室(旭川市)13:00?15:30
▽基調講演「北海道の食材と伝統食文化」畑井朝子(北海道教育大学名誉教授)
▽事例発表「郷土料理の伝承と料理教室等を通じたこどもの食育」村田ナホ (十勝郷土料理研究会会長)
▽「食を通じて北海道を元気に?北海道型食生活の提言」荒川義人(天使大学栄養看護学部栄養学科長・教授)
▽「昔ながらの北海道の味を伝えたい」木村光江 (bambic代表)

 各会場とも定員は100人程度。問い合わせは各地方農政局まで。

この記事のURL | 雑穀の料理 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今日は、10月15日お赤飯の日です。
2013/10/15(Tue)
今日は、10月15日お赤飯の日です

「小豆のお話し」
南瓜と小豆を煮る料理を「いとこ煮」と言いますが、由来を調べて
みると・・・
いとこ煮とはあずきと野菜の煮もので、神仏への供物を集めて煮た
のが始まりです。
かたい材料から順に入れて煮ることから、おいおい(甥)、めいめい(姪)に
かけたごろ合わせが名前の由来ともいわれています。
(yahooちえぶくろより)

今日のお赤飯の写真は、出来上がり後に掲載します。

【赤飯運動】 昔から、1日と15日は神棚の榊を替えたり、赤飯を炊いて
お供えしたりする日とされてきました。また、赤飯は目出度いことがあった
ときや、仏事の日晴れの席で供されたりもしてきました。小豆は邪気を払い、
良事を呼び込むと信じられてきたからです。
 私たちは「毎月1日と15日に、あなたも赤飯を食べません か?」と、
周りの人にお声かけする「赤飯運動」をしています。自分で作れなかったら
買ってきた赤飯でもよいのです。腹もちのよいもち米と小豆の組み合わせ。
あなたの身体に、元気エネルギーを!

赤飯運動実行委員長 辻本宜子
この記事のURL | 赤飯運動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
明日は、10月15日お赤飯を食べましょう!
2013/10/14(Mon)
明日は、10月15日お赤飯の日です。

写真館には、七五三の写真が飾られています。
来月の11月15日の七五三に向けて親子で写真館に来ている家族に
会うのもこの時期ですね。昔は、親戚やご近所にお赤飯を振る舞い
ましたけど、今でも続けて欲しいですね。

※七五三(しちごさん)とは、7歳、5歳、3歳の子供の成長を祝う
行事。天和元 年11月15日(1681年12月24日)に館林城主である
徳川徳松(江戸幕府第5代将軍で ある徳川綱吉の長男)の健康を
祈って始まったのでは・・と言われています。


【赤飯運動】 昔から、1日と15日は神棚の榊を替えたり、赤飯を炊いて
お供えしたりする日とされてきました。また、赤飯は目出度いことがあった
ときや、仏事の日晴れの席で供されたりもしてきました。小豆は邪気を払い、
良事を呼び込むと信じられてきたからです。
 私たちは「毎月1日と15日に、あなたも赤飯を食べません か?」と、
周りの人にお声かけする「赤飯運動」をしています。自分で作れなかったら
買ってきた赤飯でもよいのです。腹もちのよいもち米と小豆の組み合わせ。
あなたの身体に、元気エネルギーを!

赤飯運動実行委員長 辻本宜子
この記事のURL | 赤飯運動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
料理人の休日レストランに参加しました。
2013/10/12(Sat)
10月6日(日)の札幌の三吉神社を開催場所にして行われた
「料理人の休日レストラン」に参加しました。
私の担当は、雑穀ブースで豆のスープと豆の缶詰を使ったコロッケ
の試食を作ることでした。
雑穀スープには、小豆と大麦を使いました。お豆のコロッケには、
のこたべと共同開発した「お豆たっぷり五目御飯の素」を使いました。
どちらも、試食頂いたお客さんには好評でした。
当日、三笠高校の生徒さんにもお手伝いいただきました。

079.jpg  080.jpg

スイーツ&カフェ専門学校では、日本一有名な管理栄養士の
●佐々木十美さんの大根をテーマにした「使いっきり料理教室」
が行われました。

083.jpg   082.jpg

「給食の鬼」として知られる佐々木十美さん。その姿はNHK「プロフェッ
ショナル仕事の流儀」でも紹介されました。置戸町の学校給食センター管理
栄養士、栄養教諭を2011年に定年退職。現在は置戸町「食のアドバイザー」
として活動。全国で食に関する講演会や研修の講師として飛び回っています。
著書/「おうちで給食ごはん―子どもがよろこぶ三つ星レシピ63」
「佐々木十美の子どもと食べたい晩ごはん」
(谷口ゆみこさんの書かれた文章を掲載)

今回、佐々木十美さんのお誘いで参加することができました。
多くの方にで会い、多くの事を学ぶ事ができましたことを感謝いたします。
084.jpg
この記事のURL | メンバーの活動報告 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
10月3日、北海道米を使った雑穀料理教室
2013/10/07(Mon)
10月3日、消費者協会の主催で「北海道米を使った料理教室」を
開催しました。
北海道米の「ゆめぴりか」を使って韓国料理のキムパを作ってみました。

キムパ(黒米入り)
クロマイキムパ

キムは海苔のこと、パプはごはんのことです。
【材料】
海苔3枚、黒米入りご飯(米2合・黒米大さじ1・レモン汁大さじ1・
ゴマ油小さじ1・塩小さじ1)、ほうれん草100g(塩少々)、
人参1/2本(塩少々)、卵3個(砂糖大さじ1・塩小さじ1/2)、
牛ひき肉100g(醤油大さじ1・砂糖大さじ1・コチジャン小さじ1で
味付け)、 沢庵(1cm角を海苔の横幅の長さ3本)、ごま油適量、
ごま適量、塩適量      
(胡瓜・アラスカを使っても作ってみましょう・・
    材料=胡瓜1本・アラスカ1パック・沢庵上記と同量)
【作り方】
1. ご飯にごま油、塩、レモン汁で味を付ける。
2. ほうれん草を茹で絞って塩で味付ける。人参は千切りにし茹で、
水を切って塩で味を付ける。卵を塩と砂糖で味付けし卵焼きを作る。
牛ひき肉を炒め砂糖・醤油・コチジャンで味を付ける。
3. 巻きすに海苔を広げ、1を平らに広げる。沢庵、卵焼き、味付け牛ひき肉、
人参、ほうれん草を並べて、しっかりと巻く。
4. 3にごま油を海苔にぬり、切り分ける。最後にゴマと塩を振り掛ける。

キヌアを使った鶏肉の根菜炒め
P1100562.jpg

かぼちゃぜんざい(ホバクジュク)
P1100588.jpg

以上、三品を作りました。レシピご希望の方は、メールでお願いいたします。
この記事のURL | 雑穀の料理 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
10月1日、今日はお赤飯の日です。
2013/10/01(Tue)
今日は、10月1日お赤飯の日です。

P1100594.jpg

先日、栗と甘納豆が入ったおこわを頂きました。
白米とはまた違うもち米の食感にそろそろ、お赤飯の日・・と思い出しました。

日本雑穀協会では、2014版「雑穀レシピカレンダー」を作成しました。
今回、「毎月1日と15日はお赤飯の日」と載せていただきました。
詳しくは、明日のブログでご紹介します。

【赤飯運動】 昔から、1日と15日は神棚の榊を替えたり、赤飯を炊いて
お供えしたりする日とされてきました。また、赤飯は目出度いことがあった
ときや、仏事の日晴れの席で供されたりもしてきました。小豆は邪気を払い、
良事を呼び込むと信じられてきたからです。
 私たちは「毎月1日と15日に、あなたも赤飯を食べません か?」と、
周りの人にお声かけする「赤飯運動」をしています。自分で作れなかったら
買ってきた赤飯でもよいのです。腹もちのよいもち米と小豆の組み合わせ。
あなたの身体に、元気エネルギーを!

赤飯運動実行委員長 辻本宜子

この記事のURL | 赤飯運動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |