明日は、11月1日お赤飯を食べましょう!
2012/10/31(Wed)
明日は、11月1日お赤飯を食べましょう!

早いもので、2012年も残すところ2か月、今年はたくさんの方に
赤飯運動に参加していただきました。

事務局五木のどかさんより(10月14日)

赤飯運動スターティングメンバーの藤井まり先生の近況と新しく参加
された八百屋「瑞花(suika)」をご紹介します。

■1 精進料理家・藤井まり先生のラジオ出演
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ー関西エリアにお住まいの皆さま、今朝8時からのABCラジオ
(AM1008khz)、
聞いてくださいましたか? 前回お知らせしておりました
「一心寺 ちょっといい話」に、赤飯メンバーでもある精進料理家の
藤井まり先生が登場されました。
海外で精進料理を紹介された際のエピソードなども交えたお話しは、
わずか10分では聞き足りません・・・。次回は11月18日(日)に
放送されます。
詳しくは、
*一心寺がおくる “ちょっといい話”
http://www.isshinji.or.jp/event_radio.html

*藤井まり先生の「鎌倉不識庵」ホームページ
http://konnichiha.net/fushikian/index.html

■2 八百屋「瑞花(suika)」さん
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新宿区大久保通り沿いに矢嶋さんの店、
「八百屋 瑞花」は木曜・金曜・土曜・日曜の週4日間営業され
ています。
*矢嶋さんが紹介された新聞記事
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nhabu/tokushu0910.html
*瑞花さんのホームページ
http://www.suika.me/

■3 栗入りのお赤飯を、さらに美味しくする秘訣
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
栗の下ごしらえは手間がかりでタイヘン! 最近は、栗の皮むき器なる
道具も売られているみたいですね。
栗の渋皮をむいたら砂糖をまぶして一晩冷凍しておくと、美味しさが
UPするという話しを聞いて試したことがあります。
赤飯に使うときは、冷凍した栗の砂糖をはらい落として、餅米や小豆を
入れた最後に、蒸し器や炊飯器に入れます。
そうすると、ほっくりホクホクの食感に‥‥
栗の皮をむく根気のない私です。明日も炊飯器バージョンで手軽に作る
ノーマルなお赤飯かな?

のどかさんと同じく根気のない私は、栗入りお赤飯はお友達からいただきます。
(辻本宜子)
さあ、明日は、「丹波お母さんの味」に挑戦です。

【赤飯運動】 昔から、1日と15日は神棚の榊を替えたり、赤飯を炊いて
お供えしたりする日とされてきました。また、赤飯は目出度いことがあった
ときや、仏事の日晴れの席で供されたりもしてきました。小豆は邪気を払い、
良事を呼び込むと信じられてきたからです。
 私たちは「毎月1日と15日に、あなたも赤飯を食べませんか?」と、
周りの人にお声かけする「赤飯運動」をしています。自分で作れなかったら
買ってきた赤飯でもよいのです。腹もちのよいもち米と小豆の組み合わせ。
あなたの身体に、元気エネルギーを!

スポンサーサイト
この記事のURL | 赤飯運動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
そろそろ、新豆の季節です。
2012/10/25(Thu)
オホーツクは、秋の訪れではなく、冬の訪れを迎えています。
朝晩が、寒くてストーブをつけています。
庭に植えていた豆の鞘を取ってみました。
中には、まだ若い綺麗な縞模様の貝豆と鮮やかな前川金時が可愛らしく
並んでいます。
夏には、鞘豆としてサラダに使った豆が、冬には煮豆になって食卓に
自然の素晴らしさの中で生活できる事に感謝です。

白花豆 (2)


この記事のURL | いいもの見つけました | CM(0) | TB(0) | ▲ top
・・和的生活・・
2012/10/20(Sat)
和的生活通信を赤飯運動事務局の五木のどかさんより頂きました。

和的生活

和を学び、京を味わい、日本を楽しむをテーマに作られている
和的生活通信。私のお気に入りは、「今日から錦はわたしの台所!」

春号・・「今日から錦はわたしの台所!」
    鮮魚の「木村」さんと京こんぶの「千波」さんが
    朝倉めぐみさんのイラストで紹介されています。
    朝倉さんのイラストは、どこか懐かしい思いがします。

夏号・・「今日から錦はわたしの台所!」
    お米専門店の「中央米穀店」のお結びが、美味しそうな
    イラストで紹介されていて、食べてみた~くなります。

秋号・・「今日から錦はわたしの台所!」
    味噌専門店の「あずま屋」さんと豆せんべいの「京・月待庵」
    さんが紹介されています。豆せんべいが出来るまでの工程が
    これまた素敵なイラストで描かれています。

こんな素敵な冊子、多くの方に手に取って欲しいと思います。

和的生活通信
「京都発、日本伝統文化を伝えます」をキーワードに、年4回発行
されている情報誌【和的生活】は全国の呉服屋さん、きもの販売店などで
分けていただけます。
京都の職人さん、おいしいお店、おもたせ、錦市場の情報などがいっぱい
詰まった読みものです。
今回、企業メンバーとして登録してくださり、赤飯運動にも協力して
いただけることになりました。
http://www.wateki.jp/

 
この記事のURL | いいもの見つけました | CM(0) | TB(0) | ▲ top
10月15日、お赤飯を食べましたか?
2012/10/15(Mon)
今日は、10月15日赤飯の日です。

新潟の方のお赤飯を参考に作ってみました。

材料 もち米3合、小豆1/3カップ(小豆と煮汁400cc)
   塩小さじ1、砂糖小さじ1(レシピでは、大さじ1でしたが
   甘いのが苦手なので)

作り方 1.もち米を小豆の煮汁に漬けて一晩おく。
    2.鍋に1と塩、砂糖を入れ強火で水分がなくなるまで煮る。
    3.蒸気の上がった蒸し器に2を入れ30~40分蒸す。

※正規の作り方は、日本農業新聞10月11日ページ18をご覧ください。

10月15日

今回のお赤飯は、鍋でもち米を煮るので鍋肌にもち米が付着するのが
気になりました。
この記事のURL | 赤飯運動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
明日は、赤飯の日です。
2012/10/14(Sun)
明日は、お赤飯の日です。

10月10日(水)11日(木)の日本農業新聞に「赤飯あれこれ」
の記事が掲載ました。
秋田、新潟、神奈川、岩手、奈良、徳島、福岡、からそれぞれの家庭
の赤飯のレシピが掲載されています。
所変われば、赤飯の豆も味も作り方も色々で楽しいです。

秋田県の由利本荘市では、「てんこ小豆」と呼ぶ黒ささげを使った
赤飯が作られているそうです。(たぷりの酒を使うのも特徴)
新潟県長岡市で伝わる「長岡赤飯」は、金時豆を使った醤油味の赤飯
でお祝いの席や仏事のどちらでも作られているそうです。
徳島県鳴門市の赤飯は、砂糖で煮た豆と煮汁を使う、これは、北海道の
甘いお赤飯を作るのと似ています。

さあ、明日は、どの方のレシピに挑戦してみましょうか。

【赤飯運動】 昔から、1日と15日は神棚の榊を替えたり、赤飯を炊いて
お供えしたりする日とされてきました。また、赤飯は目出度いことがあった
ときや、仏事の日晴れの席で供されたりもしてきました。小豆は邪気を払い、
良事を呼び込むと信じられてきたからです。
 私たちは「毎月1日と15日に、あなたも赤飯を食べませんか?」と、
周りの人にお声かけする「赤飯運動」をしています。自分で作れなかったら
買ってきた赤飯でもよいのです。腹もちのよいもち米と小豆の組み合わせ。
あなたの身体に、元気エネルギーを!

この記事のURL | 赤飯運動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今年もやってきました・・「おかん料理」・・
2012/10/11(Thu)
おかん料理の申し込みは、今月(10月)末までです。
12月14日(金)~16(日)の3日間にわたって開催いたします。
本祭りは12月15日(土)、岩見沢はじめ北海道のおかん料理
(郷土料理、家庭料理)が大集合いたします。
みなさま、ご自慢の一品をご持参のうえ、ぜひご参加ください。

おかんin岩見沢

"12月14日(金)"18時半~20時半 お豆教室in札幌 "参加費3,500円"  
"12月15日(土)"11時~15時 おかん料理を楽しむ会in岩見沢 "参加費1,500円"
"12月16日(日)"10時~12時 "小林酒造 見学会
        12時半~ "ランチ

(岩見沢四条ホテル・シングル1泊朝食付き/北海道岩見沢市四条西5-1
 Tel 0126-25-2333) 航空券は各自手配。格安航空券の入手先
 ㈱北海道観光事業の「出張の達人」というフリーツアーがおすすめです。
(羽  田-千歳往復航空券+1泊宿泊付で約3万円)
 ㈱北海道観光事業 http://www.lifetour.jp/ 
Tel 03-5777-7555  
 ※金額確定後再度連絡いたします。

≪お申し込み・お問い合わせ先≫
 べにや長谷川商店
e-mail kiyomi-hasegawa@muh.biglobe.ne.jp
℡/fax 0158-42-2490(月~金AM10:00~PM4:00)"
この記事のURL | 教室のご案内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
つぶつぶは元気の源
2012/10/04(Thu)
☆道産牛乳を使った雑穀料理教室☆

遠軽消費者協会の依頼で毎年開催される料理教室が10月1日に
遠軽町元気21で行われました。

10月1日 (2)    10月1日 (1)

オホーツク海鮮ミルク丼
オホーツク海鮮ミルク丼
【材料】イカ1杯、ホタテ8個、乾燥キクラゲ5g、胡瓜1本(140g)、
人参1/2本(100g)、玉ねぎ1個(100g)、生姜1かけ、
牛乳200cc、鶏ガラスープ100cc、酒大1、塩小さじ1/2、
胡椒少々、片栗粉大11/2(水大さじ1)、白胡麻油適宜
イナキビごはん2合分(米1合に対して大さじ1のイナキビ)

【作り方】
1.イカは、鹿の子に切り、一口大に切る。ホタテは縦に3等分、乾燥
キクラゲは水に戻し、細切りにする。胡瓜と人参は3cmの長さの拍子
切りにする。人参は固めに茹でる。生姜は、すりおろす。
2.フライパンに油を熱し、生姜を入れイカ、ホタテを炒める。キクラゲ、
胡瓜、人参を入れてさっと炒め、牛乳、鶏ガラスープ、酒、塩、胡椒で味
を付け最後に水溶き片栗粉でとろみをつける。
3.イナキビご飯に2をかける。

ミルク団子の中華スープ
ミルク団子の中華スープ
【材料】白玉粉100g、牛乳100cc、クリームチーズ30g、
大麦大さじ2、ザーサイ40g、ネギ30g、ベーコン40g、
鶏ガラスープ800cc(水800cc、鶏ガラスープの素大さじ2)、
酒大さじ1、胡椒少々

【作り方】
1.白玉粉に牛乳100ccを耳たぶ位の軟らかさなる様にこねる。
2.1の白玉団子とクリームチーズを12等分にし、白玉団子を丸く
平らに伸ばしクリームチーズを入れて丸め平たくする。
3.熱湯の中に2を入れ5~7分茹でたら、ザルに上げて冷水をかけ
水気を切る。
4.大麦は洗って20分茹で、ザルに上げて冷水をかけ水気を切る。
5.ザーサイ、ベーコンは細切り、ネギは3cmの千切りにする。
6.鍋に鶏ガラスープを煮立て、ザーサイ、ベーコン、3の白玉団子、
4の大麦を入れ、
沸騰したら酒、胡椒で味をつけ最後にネギを入れる。

白花豆のババロア
白花豆のプリン
【材料】粉ゼラチン大さじ1、水大さじ3、煮てつぶした白花豆200g、
砂糖80g、牛乳200cc、生クリーム200cc、レモン汁小さじ1、
洋酒大さじ1、白花豆煮16個
カラメルシロップ(グラニュー糖100g、水20cc、熱湯40cc)

【作り方】
1.粉ゼラチンは分量の水に振り込んでふやかし、湯煎にかけて溶かします。
2.ミキサーに煮てつぶした白花豆、砂糖、牛乳、レモン汁、洋酒、
1のゼラチン液を加えて混ぜます。
3.生クリームはとろりとするまで泡立てます。
4.2に3を加えて混ぜ合わせ、型に流して冷蔵庫で冷やし固めます。
5.固まったら型ごとぬるま湯につけ、器に盛りつけ、カラメルシロップをかけ、
白花豆煮を飾ります。

毎年、多くの方に参加いただいています。今回も35名の方に参加いただきました。
今回、使用した雑穀は、イナキビ、オオムギ、白花豆です。
この記事のURL | 雑穀の料理 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
10月1日、今日は赤飯の日です。
2012/10/01(Mon)
10月1日、今日は赤飯の日です。

台風の影響で今日は、朝から雨です。
元気21で行われる「雑穀を使った牛乳料理教室」の準備に追われ
今日の赤飯は、炊飯器バージョン。
小豆を鍋に入れ少し固めに茹でて、洗ったもち米と一緒に炊飯器に
入れて炊き込みモードで「ポン」、出来上がりには「ごま塩」をかけ
、神棚とご先祖様に供えました。

【赤飯運動】 昔から、1日と15日は神棚の榊を替えたり、赤飯を炊いて
お供えしたりする日とされてきました。また、赤飯は目出度いことがあった
ときや、仏事の日晴れの席で供されたりもしてきました。小豆は邪気を払い、
良事を呼び込むと信じられてきたからです。
 私たちは「毎月1日と15日に、あなたも赤飯を食べませんか?」と、
周りの人にお声かけする「赤飯運動」をしています。自分で作れなかったら
買ってきた赤飯でもよいのです。腹もちのよいもち米と小豆の組み合わせ。
あなたの身体に、元気エネルギーを!
この記事のURL | 赤飯運動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |