明日は、一日お赤飯の日です。
2011/05/31(Tue)
明日は、6月1日「赤飯の日」。
ご家族で、身近な方と、大切な方々と、赤飯を口にしてみませんか?
ご自身で赤飯を作られる方は、今日のうちからご準備を!


以下の文章は、事務局の五木のどかさんからです。
1)永山久夫氏の著書『明日はもっと元気 雑穀のちから』に記されて
  いました。

  満月小豆蕎麦掻(まんげつあずきそばがき)
  ~昔は満月の晩には小豆めしを食べて無病息災を祈る習慣がありま
  した。小豆の赤い色に長寿力をつける力があることを知っていたの
  ですね。ソバ粉を火にかけた熱湯でかき混ぜ、小豆あんをあしらって
  いただきます。「ソバ好きは長生き」。ことわざです~

2)赤飯グッズを見つけました。
  「おいしさと健康」のグリコ(江崎グリコ株式会社)製です。

  おいしくできるといいな。私の経験からすると、こういう「素」を
  使っても、自分で茹でた小豆を使っても、お赤飯を炊飯器で炊く
  場合は、もち米の浸水時間を長くとらないほうが美味しいように思
  います。もち米を洗ってすぐ、小豆を茹でた赤水(煮汁)で水加減
  して、小豆と塩を加えたらスイッチ・オン!
  「赤飯を作るのって、難しくないよ」と、世の女性たちに広めたい。
  娘から妻になり、母になり、祖母になる女の人が、赤飯の作り方を
  知っているのといないのとでは、知ってるほうがトクなように思い
  ます。

※事務局では、皆さまからの赤飯レシピや赤飯にまつわるエピソードなどを
 お待ちしています。
                     赤飯運動 事務局 五木のどか

☆☆赤飯のルーツ赤米☆☆
長崎の田中裕子田中米穀店)さんから、「廃れゆく赤米神事」と書かれた
長崎新聞を送って頂きました。

「稲作伝来の地」とされる対馬市南部の厳原町つつ。千数百年も前から
古代米の赤米(あかごめ)を耕作し、穀霊を神としてあがめる「赤米神事」
(国選拓無形民俗文化財)が伝わる。
「頭仲間」と呼ばれる集団が輪番制でで毎年交代で耕作してきた。田植えや
餅つきなど年十回の神事があり、収穫した種もみはご神体として座敷の天井に
つるして大切に祭っている。神事に伴う金銭的な負担が大きいため、神事を
受け継ぐ「頭仲間」は年々減少し、2007年から主藤さん1人となった。

地域の伝統行事や祭りが後継者不足で衰退の一途をたどっている。


【赤飯運動】  昔から、1日と15日は神棚の榊を替えたり、赤飯を炊いて
お供えしたりする日とされてきました。また、赤飯は目出度いことがあった
ときや、仏事の日晴れの席で供されたりもしてきました。小豆は邪気を払い、
良事を呼び込むと信じられてきたからです。
 私たちは「毎月1日と15日に、あなたも赤飯を食べませんか?」と、
周りの人にお声かけする「赤飯運動」をしています。自分で作れなかったら
買ってきた赤飯でもよいのです。腹もちのよいもち米と小豆の組み合わせ。
あなたの身体に、元気エネルギーを!



スポンサーサイト
この記事のURL | 赤飯運動 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
雑穀の魅力を田中雅子さんがお伝えします。
2011/05/29(Sun)
1.雑穀レシピコンテスト2011 募集中 

6月度テーマは、<東北各県産 アマランサスを使ったメニュー>です。

コンテストエントリーサイトはこちらです。
http://zakkokurp.exblog.jp/
-----------------------------------------------------------
2.雑穀アドバイザー田中雅子さんによる
雑穀の魅力を伝える講座(料理講習)受付中です。

【今回の講座は、調理実習です。】

開催日:2011年6月9日(木)11:30~14:00
 会場:きゅりあん 4階 調理講習室 JR京浜東北線、東急大井町線他 大井町駅すぐ
 定員:12名
 会費:4,000円

詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.zakkoku.jp/index.php?pg=seminar_detail&id=48
この記事のURL | 日本雑穀協会のご案内 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
深町貴子先生の「ベランダで楽しむ野菜づくり」
2011/05/23(Mon)
5月14日(土)

『おいしく育つしくみがひと目でわかる ベランダで楽しむ野菜づくり』の
出版を記念し、園芸家の深町貴子先生がベランダでの野菜づくりのコツや、
野菜を育てる楽しさをたっぷりお話しました。
トーク後は、料理家のフルタヨウコさんの野菜料理を囲んだ懇親会。
また、本のイラストを描いてくださったイラストレーター波多野光さんの原画
展も開催されました。
※「完熟馬ふん堆肥」と「ボカシ肥ノンタK」のサンプルをお土産にして頂きました。

 詳細はOVEのイベントお知らせです。
ベランダで楽しむ野菜づくり

会場には、NHKの趣味の園芸の方もいらしていて「梅木先生」のお話を
渡辺七奈さんから伺いました。

梅木あゆみさんの園芸セミナー
6月7日(火)〈遠軽町〉
「オホーツクの完熟馬ふん堆肥」でお馴染みの丹野工業が主催。
道新生活欄を一年間執筆したコテージガーデンの梅木あゆみさんが講師。
「初夏の花ハンギングバスケット」と題して、ハンギングバスケットの
実技指導と自身が手がけてきた「マウレ山荘」のガーデニングを紹介。

日時/ 6月7日(火)10:00~14:00
会場/ マウレ山荘(遠軽町丸瀬布上武利172)
定員/ 20名 要予約
参加費/ 5,500円(材料費・昼食を含む)
申し込み・問い合わせ/ 丹野工業
電話 0158-42-2553 (FAX 0158-42-7660) 090-9081-3794(辻本)
(受付9:00~17:00、土日曜を除く)

参加ご希望の方は、ご連絡ください。

この記事のURL | いいもの見つけました | CM(4) | TB(0) | ▲ top
五穀ベーグル
2011/05/21(Sat)
先日の朝、TVをつけると、小樽のベーグル屋さんの社長がベーグルに
ついて熱く語っていました。何だか、急に食べたくなりました。

札幌駅の「どさんこプラザ」にベーグル専門店の麦輪小樽があったのを思い
出して行ってみました。残念ながらサンドイッチコーナーは、無くなってま
したが、ベーグルとサンドするスモークサーモンやクリームチーズの販売は
続いていました。
                 
                  ベーグルシスターズ

一等粉プレーン   スモークサーモンスペシャル   白スモークサーモン・クリームチーズ
  一等粉プレーン         スモークサーモンとクリームチーズを入れて
五穀ベーグル   行者ニンニクと卵とじを挟めて
   五穀ベーグル          行者ニンニクと玉子のスクランブル 
黒豆ベーグル   クリームチーズと貝豆の甘煮
   黒豆ベーグル      クリームチーズと貝豆の薄甘煮もの
                  (レンジでベーグルを温め過ぎました!)
☆☆五穀ベーグル☆☆
玄米・大麦・大豆・ごま・キヌアを練り込んであります。

ベーグルとパンの違い・・パンフレットより
普通のパンは玉子やバターを使用して焼くのに対し、ベーグルは二次発酵がなく
油脂類を一切使用せず、ノンコレステロールと大変ローファットで、しかも製造
工程で茹でることから、腹持ちの良さともちもち感が産まれてきます。従来の
パン屋がご飯だとするとベーグルはお餅にあたります。

(株)小樽麦輪製造所 小樽市稲穂2-15-17 アカオ電器ビル2F
           0134-32-4669

北海道外でも催事で知っていられる方も多いのでは・・・
この記事のURL | いいもの見つけました | CM(2) | TB(0) | ▲ top
長崎のじゃがいもの食事会の開催のお知らせ
2011/05/18(Wed)
じゃがいもの勉強会のお誘いです。今回のじゃがいもは、長崎産です。
興味のある方は、是非ご参加ください。

1. 開催日時 平成23 年6 月25 日(土) 11:30 ~ 15:00

2. 開催場所 イタリア料理店「アルポンテ」http://www.alponte.jp/
       住所: 東京都中央区日本橋浜町2- 4 - 3
       TEL : 03 - 3666 - 4499

3. 食事会の内容
      イタリア料理店において長崎のじゃがいもの試食会およびじゃがいもの展示・
      資料配付・じゃがいものスイーツの試食・アンケート実施等を企画しています。
      長崎のじゃがいもの試食会は、特製じゃがいも料理のランチコースです。

4. 試食予定品種
      ニシユタカ、デジマ、アイノアカ、普賢丸、アイユタカ、
      西海31 号(ドラゴンレッド)、西海30 号(さんじゅう丸)など

5. 会費   5,000 円(税込)、飲み物(個人負担)

6. 参集範囲 日本いも類研究会会員およびその関係者および一般人

7. 募集人数 20 名( 最大)ただし、募集人数を超えた場合は、先着順になります

8. 募集期間 平成23 年5 月25 日~ 平成23 年6 月3 日
       ただし、募集人数を超えた場合は、その時点で終了いたします

9. 申し込み先 poteto1212@gmail.com (竹内)

10. アンケート実施 
       会場にて、試食アンケートを行いますので、ご協力をお願い致します。
       アンケート結果などについて、後日、JRTWeb で公開します。

11. お土産  長崎のじゃがいも
この記事のURL | 教室のご案内 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
今日は、15日赤飯の日です。
2011/05/15(Sun)
今日は、5月15日(日)赤飯運動の日です。

5月15日の赤飯

「小豆の赤飯」と「蕗と蕨の煮付け」
そろそろ、新蕗が採れる季節、昨年塩漬けにしていた蕗も最後です。(山田お母さん作)

切り干し大根の作り方が「のこたべ」に掲載されました。
のこたべ  大根切り干しの作り方

切り干し大根料理三品を紹介
切り干し大根とうち豆の和え物   ベーコンと切り干し大根のアマランス炒め  切り干し大根のごま味噌和え
   うち豆を使って      ベーコンとアマランサスで    人参も加えて

切り干し大根には、骨や歯を丈夫にするカルシウムが生大根に比べて15倍
鉄分は32倍、ビタミンB1、ビタミンB2は10倍、栄養価が高いです。
但し、この数字は乾燥の場合で水に浸水すると若干変わります。


この記事のURL | 赤飯運動 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
明日は、15日お赤飯の日です
2011/05/14(Sat)
明日は、15日赤飯の準備をお忘れなく。
先日、山菜ツアーで本州から参加の方に北海道の甘いお赤飯を食べて見たいと言われました。
たまたま、家にあった白花豆の甘納豆で赤飯を作って見ました。
甘い赤飯にごま塩のしょつぱさが美味しさを引き立たせます。
この記事のURL | 赤飯運動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マウレ山荘で「梅木あゆみ」さんのガーデニング講習会
2011/05/13(Fri)
梅木あゆみさんのセミナー「初夏の花ハンギングバスケット

6月7日(火)遠軽

「オホーツクの完熟馬ふん堆肥」でお馴染みの丹野工業が主催。
コテージガーデン(月形町札幌百合が原公園内ショップ)代表・梅木あゆみさんが
講師のセミナー。
ハンギングバスケットの実技指導と梅木さんが手掛けた「マウレ山荘」のガーデンを
一緒に散策、昼食を食べながら交流会も行います。

時間:10:00~14:00
開場:マウレ山荘(北海道紋別郡遠軽町丸瀬布上武利172)
定員:20名 要予約
参加費:5,500円(材料費・昼食代)
持ち物:シャベル・手袋・持ち帰り用の入れ物
申し込み・問い合わせ/ 丹野工業・辻本(受付9:00~17:00、土・日を除く)
     ℡0158-42-2553(FAX0158-42-7660)
この記事のURL | 教室のご案内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
5月11日、雑穀アドバイザーの持田聡美さんがTVに出演します。
2011/05/10(Tue)
フジテレビ朝の情報番組「知りたがり!」の中の企画で、雑穀アドバイザー持田怜美さん
が出演し、雑穀を使った料理を出演者にお教えします。
放送は、5月11日(水)午前9:55~11:30ですが、持田さんが出演するのは、午前10:55頃
の予定です。

フジテレビ「知りたがり」の「主婦達への道」コーナーに佐々木恭子アナウンサーと
タレントの金子貴俊さん達に雑穀料理をお教えしながら一緒に作るという内容です。
詳しくは、持田さんのブログをご覧下さい。

持田怜美さんのブログ
この記事のURL | メンバーの活動報告 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
遠軽で「山菜ツアー」を楽しむ
2011/05/08(Sun)
長谷川清美さんが主催した今年の「山菜ツアー」が今年も行われました。
前夜祭に大白花豆のブレスケッタを持参して参加、オホーツクの毛蟹やクレソンの
しゃぶしゃぶをご馳走になりました。

大白花豆のブルスケッタ   クレソンのしゃぶしゃぶ
フーソラのパンと        クレソンのしゃぶしゃぶ
大白花豆のブレスケッタ

参加者の皆さんが、滝上で採ってきた山菜を長谷川清美さんが料理しました。
山菜の天ぷら   イラクサの胡麻和え   行者ニンニクの酢みそ和え
山菜の天ぷら          イラクサの胡麻和え     行者ニンニクの酢みそ和え

山菜採り参加しなかった私は、昼食の準備を担当です。
北海道の甘納豆のお赤飯・・・食べてみたいと希望がありましたので作ってみました。
お豆は、白花豆の甘納豆。漬け物に使った白菜は、洞爺水の駅で買いました。
イナキビご飯と葺き味噌の写真は、取り忘れました。
白花豆のお赤飯   白菜の漬け物
白花豆のお赤飯          白菜の漬け物

今年は、15日ほど山菜が遅れています。蕗やタランボ、コゴミやゼンマイは、これから
たくさん採れるようになります。
この記事のURL | 教室のご案内 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ