黒豆味噌作り
2010/01/31(Sun)
黒豆を使って黒豆で味噌作りをして来ました。

材料は、黒豆15kg、米麹10kg、麦麹5kg、赤穂の塩7.5kg、種水(黒豆を煮た汁)2,000cc
前日から浸水していた黒豆を煮て、柔らかくなったらつぶします。その間に米麹、麦麹と塩を合わせます。
この時、蓋ように塩を少しとっておきます。
麹と塩を合わせたものにつぶした黒豆を一緒に練り、種水を入れて柔らかくします。
出来あがったら、味噌玉を作り樽にぶつけるようにして味噌を入れていきます。
最後に焼酎を手に付けて味噌をならし、ラップを敷いて少しとっておいた塩をおきます。

以上が作り方です。

、黒豆煮ています 麦麹 麦麹・米麹・塩
  黒豆を煮てます          麦麹          米麹・麦麹・塩

味噌が完成
ラップを敷いて塩をのせます

ランチは、ニョッキさんお薦めの長いもカレーです。何ともいえないカレーのスパイスに満足しました。    
長いもカレー    長いもカレー2

味噌を造ったらまた一年味噌育てが始まります。美味しい味噌を造るには手間を惜しまない事です。
また、一年がんばります。
スポンサーサイト
この記事のURL | 雑穀の料理 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
雑穀アドバイザーの広瀬美和子さんによる料理講習会
2010/01/29(Fri)
日本雑穀協会明治屋クッキングスクールのコラボレーション企画
雑穀アドバイザーによる料理講習会  【受付中】

日時   2010年2月20日(土) 10:30~13:30
会場   明治屋クッキングスクール (東京都中央区京橋2-2-8 明治屋ビル7階)
     会場地図はこちらから
     ⇒http://www.meidi-ya.co.jp/cooking/access/index.html
参加費  4,500円(税・材料費込み) ※雑穀のおみやげがあります。
定員   36名
持ち物  エプロン、ハンドタオル、筆記用具
 
~メニュー~
・古代米ごはん  
・はと麦ともちあわ、冬野菜のシチュー
・大根のサラダ~もちきびと梅のドレッシング
・雑穀きなこあめ

※雑穀を使った焼酎も試飲いただけます。

20100220seminar2.jpg
広瀬美和子(ひろせみわこ)
横浜生まれ。昭和56年あなたと健康社(東城百合子主宰)玄米菜食料理教室で学ぶ。
3期生として初級、上級、研究科を修了。助手を経て、料理教室講師となる。
平成3年に独立し、健康料理教室「あしたば会」を主宰。
平成18年日本雑穀協会認定雑穀エキスパート、平成19年雑穀アドバイザー資格を取得。
現在は、地元やオーガニックスーパー「マザーズ藤が丘店」(横浜市)で、味噌作り教室、
料理教室の講師を務める

●お問い合わせは

一般社団法人日本雑穀協会 事務局まで
 〒105-0004 東京都港区新橋1-16-6 新橋柳屋ビル3階
       TEL:03-3500-5461 FAX:03-3500-5462
       E-mail:info@zakkoku.jp
       URL:http://www.zakkoku.jp

※お申込み、お問い合わせは、明治屋クッキングスクールでも受け付けております。

【主催】一般社団法人日本雑穀協会  【協力】明治屋クッキングスクール

この記事のURL | 日本雑穀協会のご案内 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
「雑穀パワーで元気になろう!」
2010/01/26(Tue)
平成22年1月22日(金)10時より、網走市のエコセンター2000で雑穀研修会を行いました。

テーマは、「雑穀パワーで元気になろう!」雑穀の種類、栄養成分、機能性、効果的な調理
方法を学び、雑穀に関する知識を深める(講義及び実習)
参加者の方々は、網走市第21営農集団 女性農業者、網走農業改良普及センター網走支所職員、
網走支庁職員で計12人。

雑穀料理教室1  雑穀料理5  雑穀料理4  雑穀料理教室2

第21営農集団の女性農業者の方々は、てきぱきと料理を作っています。

     黒米御飯  スパゲティのアマランサスソース和え  白花豆の蕎麦米入りコロッケ


     白菜の蕎麦米サラダ  イナキビ入り野菜スープ  ヤーコンと南瓜のアマランサスカップケーキ

今回のレシピは、黒米入りご飯、アマランサス入りトマトソーススパゲティ、白花豆と蕎麦米のコロッケ
(アマランサス入りタルタルソース)、蕎麦米入り白菜サラダ、青大豆イナキビ入り野菜スープ
南瓜とヤーコンとアマランサス入りカップケーキ

   雑穀料理3    雑穀料理教室   雑穀料理6
何とか時間内にお料理を作ることができました。(助手としてニョッキさんにお手伝い頂き感謝)
次回は、雑穀の栽培や機能性など詳しく伝えて行きたいと思います。
   ミレットストレーナー    日本雑穀協会誌
ちょうど、持田怜美さん開発の「ミレットストレーナー」が届いて皆さんに紹介、大きさも丁度よく使いやすい
ストレーナーに満足しました。
参加者の皆さんに日本雑穀協会誌と「おかん料理の案内」を配布、雑穀に興味を持って頂けるよう期待
しています

料理レシピはこちら
この記事のURL | メンバーの活動報告 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
~アレンジ自在!!食卓に米粉料理を~
2010/01/22(Fri)
長崎県の島原半島の入り口、雲仙市愛野町で約70年続く地元の米屋としてがんばっている
田中祐子さん
から、米粉料理教室の案内を頂きました。

米粉料理講習会
~メニュー~
○とろ~りアボカド米粉シチュー
○米粉でサクサク山芋チキンカツ
○もっちり米粉ロールクレープ
○雑穀ごはん

今回は参加費無料です!!
お近くの方、時間の都合がつかれる方は是非ご応募お待ちしております。

日時:2月12日(金)17日(水)       電話・ハガキ・FAX・キレイライフ
場所:キレイ・ライフ諫早            諫早窓口いずれかでご応募下さい。
時間:AM10:00~PM1:00       ①ご希望のコース
定員:各8名                  ②お名前(ふりがな)・性別
参加:無料                   ③郵便番号・住所
                          ④電話番号(連絡先)

定員締切り:1月31日(必着)(応募多数の場合は抽選とさせていただきます。)
抽選結果のご連絡は:2月7日までに郵便でお知らせ致します。
応募先:〒854-0003 諫早市泉町16番12号 キレイ・ライフ諫早
    TEL&FAX0957-21-1594

田中米穀店  〒854-0302長崎県雲仙市愛野町乙321番地1
          電話:0957-36-0254
          mail:info@tanakakomeya.com
この記事のURL | 教室のご案内 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
日本雑穀協会からのお知らせです
2010/01/19(Tue)
◇◇ 雑穀おにぎりフォトコンテストの審査結果を発表! ◇◇

下記サイトで審査結果を発表いたしました。
http://www.zakkoku.jp/special/photocontest200911_result.php
全国から多くのご応募をいただき、誠にありがとうございました。

たくさんの“おいしい、楽しい笑顔”が入賞作品に選ばれ、雑穀のおいしいイメージ
を伝えていただいています。

◇◇ 2010年度雑穀アドバイザー講座の応募受付を開始しました ◇◇

2010年度の講座は、下記のスケジュールで開催いたします。

1次講座:2010年4月3日(土)、4日(日)
1次試験:2010年5月22日(土)
2次講座:2010年7月21日(火)、22日(水)
2次試験:2010年9月14日(火)
修了講座:2010年11月20日(土)

受講をご希望の方は、下記サイトよりお申込みください。
http://www.zakkoku.jp/index.php?pg=schedule_ad
※なお、1次試験(筆記試験、論述試験)、2次試験(実技試験)が対象の方についても
 同じ日程で実施します。詳細は別途ご案内いたします。

◇◇ 雑穀料理コンテスト2010 応募受付は1月25日まで ◇◇

2010年の最優秀作品を決める《雑穀料理コンテスト2010》の応募受付は、1月25日(月)必着
となっております。たくさんのご応募お待ちしております。
(雑穀料理コンテスト2010サイト)
http://www.zakkoku.jp/index.php?pg=seminar_detail&id=17

この記事のURL | 日本雑穀協会のご案内 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
第4回おかん料理を楽しむ会の案内です。
2010/01/15(Fri)
<2010年第4回おかん料理を楽しむ会>

「在来種の豆の町、北海道遠軽町のおかんといっしょにおかん料理をつくりましょう!」

イナキビご飯      甘納豆
   イナキビご飯              甘納豆
いなきびご飯、甘納豆、いもすりだんごなどなど、北国の郷土の料理をおかんと一緒につくって
食べてみませんか? おかん料理教室を同時開催いたします。

●前日20日は、遠軽の過去栄えた街として鴻之舞鉱山に残る築80年のアンティークな調度品の
揃う家屋で当時のお話をうかがう予定。韓国映画のロケにも使われた知る人ぞ知る場所です。

屯田資料館2  屯田資料館  ばたばた焼き
     屯田資料館      屯田兵の住まい       ばたばた焼き
●翌日22日は、お時間のある方むけ。屯田資料館にて屯田兵についてのレクチャーのほか、屯田
兵の食事や薪ストーブで焼くばたばた焼きを再現して実際に食べる企画あり。(自由参加)。
北国の懐かしの料理をご堪能ください。豆選り体験もあります!郷土のお土産つき!

○3月20日(土) 遠軽駅14時集合 前夜祭 鴻之舞鉱山駅舎(駅と宿泊所を兼ねた歴史的建造物)
○3月21日(日) 12時~16時瀬戸瀬公民館 北海道紋別郡遠軽町瀬戸瀬東町
○3月22日(月) 屯田資料館(自由参加のため入場料別途)

●参加費 5000円(交通費、宿泊費、食事代別)
※遠軽近郊の方3000円(料理持参の方2000円)
※ 21日のみ参加も参加費同額
宿泊は源泉100%の地元民御用達の瀬戸瀬温泉を予定しています。(朝食付き4500円前後)

●申し込み締め切り2月28日(日)
<お問い合わせ&お申し込み>
HPご参照のうえ http://www5c.biglobe.ne.jp/~kiyomi65/
Tel 090-8746-3320または0158-42-2490(FAX同) 
べにや長谷川商店 長谷川まで

*今回、おかん料理の講師の一人として参加させていただきます。宜しくお願いいたします。(辻本 宜子)

<遠軽までのアクセス>
エアドゥ、スカイマークがお安いですが、連休期間中ともあって混雑が予想されます。
2ヶ月前予約がありますので、お早めにご手配くださることおすすめします。(片道10000円前後)
女満別空港経由、旭川空港経由のルートがあります。

アクセスはこちらへ
この記事のURL | 教室のご案内 | CM(9) | TB(0) | ▲ top
日本雑穀協会からのお知らせです。
2010/01/13(Wed)
◆◆ 第四回雑穀アドバイザー講座募集開始 ◆◆

2010年度の雑穀アドバイザー資格認定講座の募集を開始しました。
詳しい日程や募集案内などは、下記サイトをご確認ください。
http://www.zakkoku.jp/index.php?pg=schedule_ad◆◆ 資格取得者の活動情報 ◆◆

○ 雑穀アドバイザー持田怜美さんの取材記事掲載

2010年1月7日付読売新聞の夕刊に、『雑穀食べて 元気に長生き』の記事が掲載され、
大きく写真付きで雑穀の魅力が語られています。
主な雑穀の特徴や、高きびを使った初心者向けのレシピも紹介しています。

読売新聞 YOMIURI ONLINE yomiDr.にも掲載
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=19033

○ 雑穀アドバイザー田中雅子さんの取材記事掲載

毎日新聞Maiぱれっと2010年1月号に、『ソムリエ物語 雑穀/栄養価高く 穀物ワールドは深遠』
の記事が大きく写真付きで掲載されています。
ご自身の雑穀との出会いなど雑穀の魅力が語られて、雑穀の食感を活かした
オリジナルメニューも紹介しています。

毎日新聞社のサイト毎日jpにも、1月10日、1月12日の2回に分けて掲載
http://mainichi.jp/life/today/news/20100110org00m100001000c.html

○ 雑穀アドバイザーゆあさよし子さんが関わる雑穀商品が登録されました。

1.書籍名:ゆあさよしこの米粉&雑穀スイーツレシピ
      スイーツ・キッチン刊 1,260円(税込み)

2.商品名:雑穀アドバイザーゆあさよし子監修 厳選十五穀米
      藤崎/仙台市にて取り扱い

下記サイトに掲載しています。
http://www.zakkoku.jp/index.php?pg=millet_item

◆◆ 雑穀料理コンテスト2010応募受付中 ◆◆

応募期限は1月25日になっています。たくさんのご応募お待ちいたしております。
http://www.zakkoku.jp/index.php?pg=seminar_detail&id=17

◆◆ 第2回雑穀塾受付中 ◆◆

残席わずかです。ご希望の方は下記サイトよりお申込みください。
http://www.zakkoku.jp/index.php?pg=seminar_detail&id=18

この記事のURL | 日本雑穀協会のご案内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「野菜がおいしくなるサラダデリ」 サラダを作りましょう!!
2010/01/09(Sat)
         野菜がおいしくなるサラダデリ
カノウユミコの野菜がおいしくなるサラダデリ

著者/カノウユミコ
企画・構成・編集・スタイリング/やぎぬまともこ
発行所/東京地図出版株式会社

本書は、カノウユミコ氏の初のサラダ本です。
前回の「海の野菜をたぷり食べるカノウユミコの≪海藻レシピ≫」と同じくやぎぬまさんから
のプレゼント。

では、早速、私もサラダを作って・・・  
まつも     まつも入り南瓜サラダアマランサスドレッシング  
横澤可奈さんから頂いた岩手産の「焼きまつも」を南瓜入り野菜サラダに入れてみました。
赤いアマランサスと微塵切りのタマネギと人参を使ったドレッシング。
 
         イナキビドレッシングとマグロサラダ・ジャガイモとポルチーニのスープ
マグロのサラダにはネギと生姜を千切りにしてのせました。三杯酢にイナキビを入れ
たドレッシング。ジャガイモとポルチーニのスペイン風スープです。
(本では、干し椎茸を使用)ジャガイモも皮を剥かずに使いました。
(フランスのメメおばあちゃんのジャガイモ料理は、皮付きが多かったような・・・)

そこで、ジャガイモの皮のクロロゲンについて・・・
ジャガイモの皮の部分には、抗酸化作用のあるポリフェノールの一つで、ガンにつながる
細胞の突然変異を予防するクロロゲン酸が豊富に含まれています。 また、強力な抗ウイルス
と発ガン性物質を中和することで知られる物質も生のジャガイモには高濃度に含まれています。
但し、ジャガイモの芽にはソラニンという毒性が含まれ、食べると腹痛や胃腸障害、めまい
などの症状が出ることがあります。
(芽は根元からとりましょう!また、皮が青くなったもは厚めに剥きましょう!)

この記事のURL | いいもの見つけました | CM(7) | TB(0) | ▲ top
日本雑穀協会からのご案内です。
2010/01/06(Wed)
☆ 雑穀料理コンテスト2010応募受付中 ☆

ご応募お待ちいたしております。
http://www.zakkoku.jp/index.php?pg=seminar_detail&id=17

☆ 第2回雑穀塾受付中 ☆

間もなく満席になりますので、ご希望の方はお早めにお申込みいただければ幸いです。
http://www.zakkoku.jp/index.php?pg=seminar_detail&id=18

☆ 会報誌への投稿をお待ちしております ☆

お気軽に当メールにご送信ください。内容を確認のうえ、随時掲載してまいります。
次号の原稿締め切りは、2月15日となっております。
合わせて、会報誌などに対するご意見・ご感想も随時受け付けております。

◆◆ その他、2010年1月~3月の主なスケジュールは下記事務局レポートに掲載いたしました。
http://zakkokujp.exblog.jp/


この記事のURL | 日本雑穀協会のご案内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
炭酸せんべいと白花豆煮
2010/01/05(Tue)
  白花豆の蜂蜜  白花豆の白花豆の蜂蜜煮
   白花豆の蜂蜜        白花豆煮
   
以前、有馬温泉のお土産にめぐりんから頂いた炭酸せんべい。
なかなかブログアップが出来ませんでしたので、ご紹介します。
豆なブログでお馴染みののどかさんと同じバージョンでお豆だけを変えました。

炭酸せんべい (2)  炭酸せんべい3  白花豆餡2  白花豆餡3

中心には御幸(みゆき)煎餅とせんべいの外側を漢字とローマ字で 炭 ARIMA MEISAN
酸 MIYUKI SENBEIと書かれてます。

御幸とは、天皇陛下がお出かけになられることです。有馬温泉には1,300年前の昔から
舒明天皇・孝徳天皇・白河上皇・建春門院等の方々がお出ましになりそれが名前の由来とも
また、豊臣秀吉は天下平定に当たり、神社に祈願して温泉を掘り当て、お礼参りで詠んだ
和歌に「御幸」の字があったから、この煎餅の名前の由来ではないかとも言われてます。
(しおりより)
この煎餅は、米粉で作られていますが、のどかさんの煎餅は五穀が入ったものです。

平野屋本舗  兵庫県神戸市北区有馬町288  078-904-0601   



この記事のURL | 雑穀の料理 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ