薄荷御殿を訪ねて
2009/10/29(Thu)
9月最終日に、長谷川清美さんうかたまのカメラマンのMさんと一緒に北見市上仁頃の薄荷御殿
を見学に行ってきました。
以前行った時は、薄荷御殿は雪に覆われていたため見学が出来ませんでした。

薄荷御殿2  薄荷御殿1     
                 薄荷御殿6    薄荷御殿3
                       お座敷       玄関横の部屋(帳場?)
薄荷御殿6 (2)  薄荷御殿4   薄荷御殿3 (2)
   和菓子の型
    和薄荷   和薄荷2
       和薄荷          薄荷の乾燥

【薄荷御殿】
 一夜にして巨万の富を得た薄荷は、昭和10年代にピークを迎えます。
 薄荷御殿は薄荷仲買五十嵐弥市氏の旧宅で、昭和12年大工山中金五郎により3年の歳月
 をかけて建造されました。この邸宅は昭和61年5月まで使用され、平成6年に現在地に移築
 修復されました。

田園空間博物館北見端野-仁頃ハッカ公園

 今年は、私も和薄荷を植え「薄荷まくら」に挑戦します。(現在、部屋干し中)
スポンサーサイト
この記事のURL | 北海道の風景 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
日本雑穀協会からのお知らせです
2009/10/27(Tue)
◇◇ 雑穀おにぎりフォトコンテストサイトアップのお知らせ ◇◇

2009年11月1日~12月15日を応募期間とする雑穀おにぎりフォトコンテストのサイトを
アップしました。http://www.zakkoku.jp/special/photocontest200911.php?
雑穀おにぎりを食べる“おいしい笑顔”をどうぞご投稿ください!

対象は、雑穀の普及啓発活動を通じて、食文化の育成や食料自給率の向上などに取り
組む、日本雑穀協会法人会員の雑穀ブレンド商品です。各社、おいしく雑穀を食べて頂け
るように様々な雑穀ブレンド商品を開発しております。サイトにはその一部の商品名を掲載
しております。
また、農林水産省、日本経済新聞社、ソトコトをはじめ、多くの後援、協力をいただいており
ます。おいしい雑穀おにぎりを食べる写真が、これら様々なメディアで取り上げられ、雑穀の
知名度が向上し、雑穀やお米の消費が増え、健康づくりや日本農業の発展につながること
を願って企画しております。

◇◇ 永山久夫先生 出版記念特別講座の開催 ◇◇

この度、雑穀エキスパート講座「雑穀の文化」でおなじみの永山久夫先生により、雑穀に
関する新刊本「明日はもっと元気。雑穀力」が11月に発売されることとなりました。
そこで出版を記念して、下記の内容で特別講座を開催いたします。

日時:2009年11月28日(土)14:00~16:00
会場:東陽セントラルビルホール
   東京都江東区東陽4-1-13(地下鉄東西線 東陽町駅すぐ)
会費:2,500円(個人会員2,200円) ※サイン入り新刊本付き

お申込み、詳細は下記サイトをご覧ください。
http://www.zakkoku.jp/index.php?pg=seminar_detail&id=15

◇◇ 資格取得者限定セミナー『雑穀塾』開催のご案内 ◇◇

この度、雑穀エキスパート、雑穀アドバイザー資格取得者を限定に、『雑穀塾』を開催する
ことといたしました。講師による一方的な講演だけでなく、質疑応答や参加者間の意見交換
などに十分な時間を取りたいと考えております。雑穀の理解を深め、普及啓発活動の一助に
したく、定期的な開催を予定しております。

第一回『雑穀塾』

テーマ:今年の雑穀生産や産地状況について

日時:2009年12月8日(火) 18:30~20:30
場所:女性と仕事の未来館 第2セミナー室
定員:20名
会費:2,000円(個人会員1,500円)
講師:石川善雄氏 (有限会社石川商店代表取締役社長)

詳細な内容、お申込みは、下記サイトをご覧ください。
http://www.zakkoku.jp/index.php?pg=seminar_detail&id=16
お問い合わせはお気軽に事務局までお願いします。

この記事のURL | 日本雑穀協会のご案内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
長谷川清美さんの豆料理教室のご案内
2009/10/24(Sat)
長谷川清美さんより

お豆の教室第二回めは実習「黒豆を煮る」、講義は「お豆の概論」でした。
お節料理に欠かせない品ですがお正月でなくても秋の夜長じっくり、煮たいものです。
http://beniya-bis.at.webry.info/次回3回目は11月5日と7日。
実習はお豆の甘煮。講義は当店のメインテーマ「在来種の豆についてⅠ」です。
中途、単発お申し込み承ります(土曜・午前を除く)。単発一回5500円

お豆サロンは11月12日です!
●11月12日11~14時
「煮豆活用術 part1」
豆と野菜のリゾット、豆コロッケ、煮豆でつくる酒粕シチュー
●11月12日16~19時
「煮豆活用術 part2」
煮豆でチャーハン、煮豆で変わり餡、煮豆の和え物
参加費
2000円
※当日キャンセルの場合は材料手配の都合上、参加費2000円をお支払いいただく
むねあらかじめご了承ください。
持ち物  エプロン、三角巾、タッパーなどお持ち帰り容器(材料が余った際ご持参い
ただきます)

場所 藤が丘マザーズ2F 田園都市線 藤が丘駅出てすぐ。
参加ご希望のかたはメールがお電話ください。
kiyomi-hasegawa@muh.biglobe.ne.jp
tel 090-8746-3320 または0158-42-2490
べにや長谷川商店 長谷川

★明日、25日は代々木公園イベント広場にてアースガーデン秋に出店しています
この記事のURL | 教室のご案内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
本の紹介です。
2009/10/21(Wed)
「小さなお庭で野菜ガーデニング&ハーブ」

当社(丹野工業)の肥料が紹介されました。

  ガーデニング本    オホーツク完熟馬ふん堆肥
                   オホーツクの
                  完熟馬ふん堆肥
掲載:95ページ
取材協力:KoHo natural garden design

本:小さなお庭で野菜ガーデニング&ハーブ
発売元:株式会社学研マーケティング
定価:1,365円

丹野工業(株) 0158-42-2553

東京朝市アースディマーケット
毎月1回、東京都渋谷区代々木公園けやき並木で開催される本格的ファーマーズマーケット。
今月は、24日(土)・25日(土)の二日間です。
KoHo natural garden designの田辺美緒さんも出店。
田辺美緒さんはオーガニック・ガーデナーです。
マメヒコで会いました)

べにや長谷川商店の長谷川みよおかあさんも出店しています。   
   長谷川みよさん

東京にお住まいの方は、是非ご来店ください!!
この記事のURL | いいもの見つけました | CM(2) | TB(0) | ▲ top
日本雑穀協会からのお知らせです。
2009/10/19(Mon)
◇◇ 資格取得者活動情報 ◇◇

☆ 雑穀アドバイザー湯浅芳子さん ☆

リビング仙台10月10日号に特集記事『雑穀の魅力を知ろう』で掲載されております。
10月27日に仙台市でエゴマ、キビ、ヒエを使用した料理教室も開催されます。
(詳しくは、リビング仙台の紙面をご覧ください)

☆ 雑穀アドバイザー持田怜美(Satomi)さん ☆

フリーマガジン『紬』10月号の四季彩生活で雑穀について語っています。
また、下記の内容で雑穀ワークショップを開催されます。
<第1回 雑穀ワークショップ>
○日程 10月25日(日) 14:00~16:00
○場所 ヨガサロン紬(JR中野駅より徒歩10分)
<第2回 雑穀ワークショップ&雑穀マクロビオティックランチ会>
○日程 11月9日(月)  11:00~14:00
○場所  G-veggie(京急蒲田駅東口より徒歩6分、JR蒲田駅東口より徒歩10分)
(詳しくは、紬・主催者サイトをご覧ください)

☆雑穀アドバイザー吉田久江さん

愛知県岡崎市の暮らしの学校で、11月19日に『みんなで手作りクリスマス』をテーマに
雑穀料理教室を開催されます。
(詳しくは、暮らしの学校・主催者サイトをご覧ください)

◇◇ 会員企業ほか、雑穀イベントご案内 ◇◇

≪ベストアメニティ株式会社≫

昨日10月15日から10月29日まで、東京駅前の新丸ビル7階において、「雑穀ごはん食べ
てる?」と題して、7階全店舗での雑穀メニュー、トーク&ワークショップなどを開催しています。
主催:ソトコト、marunouchiHOUSE 協賛:ベストアメニティ
(詳しくはソトコト主催者サイトをご覧ください)

≪倉内伸幸研究室/日本大学生物資源科学部≫

大学の学園祭(10月24日~26日)において、研究室で雑穀料理を出店。
今年は、会員企業からご協賛いただいた材料を使用した雑穀ごはんと雑穀ぎょうざです。
毎年盛況の企画です。お近くの方はぜひどうぞ。
学園祭のサイトをご覧下さい)

◇◇ 今後の予定 ◇◇

≪永山久夫出版記念特別講座≫  【申込み受付中】
 日時:2009年11月28日(土)14:00~16:00
 会場:東陽セントラルビルホール
 主催:日本雑穀協会

≪雑穀おにぎりフォトコンテスト≫
 応募受付期間:2009年11月1日~12月15日
※農林水産省後援企画であり、当フォトコンテストを通じて、雑穀の普及やお米の消費拡大
を行い、食料自給率の向上に貢献したいと思っております。
なお、審査委員長は、企業広告やグラビア、たくさんの女性タレントや最近では横綱朝青龍
など、多くの写真集を手掛けられている野村誠一氏(写真家)に務めていただきます。
10月23日(金)サイトアップ予定です。おいしい笑顔をお待ちしております。


この記事のURL | 日本雑穀協会のご案内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
サミット資料とさいとう製菓工場祭り
2009/10/16(Fri)
全国雑穀サミットinかるまいの資料を横澤可奈さんと栂安信子さんにいただきました。

パンフ4   パンフ3   パンフ2

パンフ1   アマランサス茶

軽米雑穀部会女性部アマランサスのお茶は、栂安さんのお土産です。
アマランサスがパフになっていて喉に優しいお茶です。


さいとう製菓の工場祭り  下記、横澤可奈さんより提供
平成21年工場まつり 入り口  平成21年工場まつり 開始風景  平成21年工場まつり ちびっこ広場

セーラーくんの陰にシーちゃん(ピンク)が隠れて重なって出てきてくれません。
セーラーくんの他にもシーちゃんという相棒がいます。外ではたくさんの屋台や広場や
直売店が出ています。
平成21年工場まつり セーラーくん  平成21年工場まつり セーラーくんとシーちゃん

私が担当している「甘味処」です。お店で担当し飾って販売した「雑穀スイーツ・
野の穂」の売り場コーナー(外テント)です。
平成21年工場まつり 甘味処_  平成21年工場まつり 野の穂売り場_

9月26日(土)27日(日)に行いましたさいとう製菓の「工場まつり」の画像です。
2日間で、延べ4,000人のお客様がいらっしゃいました。
賑わっているときに撮影したかったのですが、私も「甘味処」のコーナーを担当していて
忙しくなってしまい、始まる前の閑散とした風景になってしまいました。 (横澤可奈)

さいとう製菓   岩手県大船渡市大船渡町宇治26-18
          ℡ 0120-31-1005
この記事のURL | メンバーの活動報告 | CM(7) | TB(0) | ▲ top
第4回おかん料理の会の日程が決まりました。
2009/10/13(Tue)
べにや長谷川商店の長谷川清美さんからのお知らせです。

みなさま、おかん料理を楽しむ会の来年の日程が決まりました!
来年は農閑期の3月21日に決定!
また遠軽のおかんの料理が大集合します。
はばたばた焼きはじめ、おかん料理の教室も同時開催。
豆より体験、北国の保存食や漬物についてのお話もあります。
参加申し込みスタートします!

前回のおかん料理はこちら。

http://beniya-bis.at.webry.info/200903/article_4.html

http://beniya-bis.at.webry.info/200809/article_1.html
日時  2010年3月21日12時~15時
場所  遠軽町瀬戸瀬公民館(予定) 北海道紋別郡遠軽町瀬戸瀬東町
参加費 5000円(遠軽までの交通費、宿泊費別)
遠軽近郊の方 3000円(料理ご持参の方は2000円)
●宿泊は源泉100%の地元民御用達の瀬戸瀬温泉を予定しています。
(朝食付き4500円前後)
<お問い合わせ>
HPご参照のうえ
Tel 090-8746-3320 または 0158-42-2490(FAXも同じ) 
べにや長谷川商店 長谷川まで

<遠軽までのアクセス>
女満別空港より列車、車で1時間30分。
旭川空港より列車、車で2時間30分。
※エア・ドゥかスカイマークの格安航空券がおすすめです。
旭川、北見から遠軽まではJRで一日数本出ています。
2月21日12時に間に合うように来るには以下の列車に乗ってください。
遠軽駅から瀬戸瀬の会場までは送迎いたします。
旭川発 9:01amオホーツク1号(特急) → 遠軽着10:55am
北見発 9:12am 快速きたみ号(急行) → 遠軽着 10:14am
    10:19am オホーツク4号(特急)→ 遠軽着 11:14am 

べにや長谷川商店
http://www5c.biglobe.ne.jp/~kiyomi65/index.htm
長谷川清美
この記事のURL | 教室のご案内 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
日本雑穀協会からのお知らせです
2009/10/10(Sat)
◇◇ 事業案内 ◇◇

≪永山久夫出版記念特別講座開催のお知らせ≫
日時:2009年11月28日(土)14:00~16:00
会場:東陽セントラルビルホール
   東京都江東区東陽4-1-13
会費:2,500円(個人会員2,200円)

お申込み、詳細は下記サイトをご覧ください。
http://www.zakkoku.jp/index.php?pg=seminar_detail&id=15

≪雑穀おにぎりフォトコンテスト開催について≫
(概要)
・応募期間を2009年11月1日~12月15日として開催します。
・会員企業が取り扱うブレンド雑穀商品を使用した雑穀おにぎりを食べているおいしい表情
が対象です。
・審査は、委員長として写真家の野村誠一氏、委員は協会理事が務めます。
※これから運動会や行楽シーズンですが、雑穀おにぎりを食べるおいしい表情を
 ぜひ撮影して投稿してください!

◇◇ 会員活動情報 ◇◇

≪個人会員の方が所属される(株)JVDさんより、
DVD「大桃美代子のもっと雑穀!おいしい健康レシピ」が、10月9日にPart1,Part2の2本同時
に発売されます≫事務局に見本をいただきましたので、ご紹介いたします。
<Part1>
それぞれの雑穀の栄養価や、基本的な炊き方、高きびの煮込みハンバーグ、
漬けトマトと雑穀ドレッシングなど、本格的なメニュー9品の作り方を丁寧に紹介。
<Part2>
イタリアンやスイーツなど、さらにバラエティに富んだレシピを紹介。
また、有名フランス料理店『仏蘭西料亭なかはら』を訪ね、中原シェフから
雑穀を使ったメニューの紹介や、作り方がわかりやすく説明されています。
また、どちらも大桃さんご自身でプロデュースされ、ベストアメニティ株式会社から
発売されているブレンド雑穀「国内産発芽ウエルビーイング」を使ったレシピも紹介されてい
ます。とてもわかりやすく、作ってみたくなるメニューばかりです。

Part1,Part2 共にカラー45分、各2,940円(税込み)
アマゾンなどのサイトで取り扱っているようです。

≪ひとつぼ雑穀プロジェクト秋の収穫祭について≫

NPO法人APSD代表の伊藤健治さんが長野県飯綱町と進めていた「ひとつぼ雑穀プロジェクト」
が収穫期を迎え、10月10日(土)、11日(日)の両日、『収穫感謝祭2009』と題して、収穫の手
伝いや地元農家の方との交流会を開催することとなりましたのでご報告いたします。
ひとつぼ雑穀オーナーとしてお申込みされた皆様、ご協力ありがとうございます。
収穫された雑穀は全国のオーナーさんに届けられるほか、東京でも量り売りされるようです。
(ひとつぼ雑穀プロジェクトサイト)


この記事のURL | 日本雑穀協会のご案内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
持田さんの雑穀料理教室
2009/10/08(Thu)
山田屋食糧の若奥さん「持田怜美」さんから、雑穀料理教室の案内です。

米穀店の<フリーマガジン紬企画>
 雑穀アドバイザーSatomiの 初めてでも簡単!
 しっかり食べてホッソリ☆雑穀ワークショップ☆

最近、「栄養があって、しかもおいしい!」と見直されている雑穀。
ご飯に入れて炊くのが一般的ですが、実は、お肉やお魚のように、一つ具材として手軽に
活用できるのです。しかも、嬉しいことにたっぷり食べてもカロリーダウン!便秘も解消され
て、身体がすっきりスリムになります。

今回は、フリーマガジン紬10月号のシリーズ四季彩生活「雑穀を日常生活に取り入れよう
!」でお話をうかがった雑穀アドバイザーのSatomiさんに、今見直されている雑穀を手軽に
お料理に使うためのコツを伝えていただきます。

ワークショップでは雑穀を、お料理に使うための基礎知識と、基本の炊き方をお伝えした後、
ご参加いただいた方と一緒に、【きびぜんざい】を作ります!
ビタミン・ミネラル栄養たっぷりの雑穀で、心も身体も元気にしましょう!

<第1回 雑穀ワークショップ>
【日程】 10月25日(日) 14:00~16:00
【場所】 ヨガサロン紬(JR中野駅より徒歩10分)
【参加費】 4,000円 ※きびぜんざいつき!
【定員】 10名

<第2回 雑穀ワークショップ&雑穀マクロビオティックランチ会>
【日程】 11月9日(月)  11:00~14:00
【場所】  G-veggie(京急蒲田駅東口より徒歩6分、JR蒲田駅東口より徒歩10分
【参加費】 6,000円 ※マクロビランチ&きびぜんざいつき!
【定員】 20名

【お申込み方法】
※受講をご希望の方はメールで、ご住所・氏名・電話番号と講座名(雑穀WS、雑穀WS&
雑穀ランチ会)をお知らせください。
 フリーマガジン紬編集部 info@tyn-c.com

※お申込みいただいた場合、必ず翌日までにお返事をいたします。
 もし返信がない場合には、お手数ですがご一報いただけますようお願いいたします。
たくさんのご参加お待ちしております。

【講師】
日本雑穀協会認定 雑穀アドバイザーSatomi(本名:持田怜美)
マクロビオティック インストラクター/米・食味鑑定士/食育デザイナー
玄米が御縁で、横浜のお米屋(山田屋食糧有限会社)に嫁ぐ。
オリジナルブランド「Genmai@Dango Macrobio Ball’s」で玄米団子の商品企画開発、製造、
販売をきっかけに、玄米の真髄を追求し、2006年からマクロビオティックの世界に。
2008年8月雑穀アドバザーの資格を取得。「お米の山田屋」ネット店長としてお客さま個人の
体調に合わせたパーソナル雑穀ブレンドの作成など、利用しやすい雑穀ブレンドの商品企画
開発からパッケージデザイン、製造、営業、販売までこなすかたわら、食育活動、雑穀講師、
雑穀料理講師を務める。

公式ブログ「お米屋さんの若奥さん日記
satomi.jpg
お米の山田屋ホームページ

【主催】フリーマガジン紬 夢を持っている人、夢を探している人、夢を応援したい人、そんな夢を
つむぎたい、そんな想いをつむぎたい。人と夢と愛を"つむぐ"サポート・マガジン『紬』

この記事のURL | メンバーの活動報告 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
“つぶつぶは元気の源”雑穀料理教室
2009/10/06(Tue)
料理教室2  料理教室5  料理教室4
料理教室3  雑穀料理5  雑穀料理1

10月5日、北海道米飯販売拡大委員会の主催で雑穀料理講習会を行いました。
主管の遠軽消費者協会の募集で30名の方が参加しました。場所は、遠軽町「元気21」の
栄養指導室です。北海道米のPRをホクレン北見支所の大津係長がしました。

北海道が今年新発売する「ゆめぴりか」、早く食べてみたいですね。
 北海道米   雑穀おにぎり
 お土産の北海道米   優芽七穀の雑穀ご飯  
(ファイターズ優勝!)

講習会メニュー:イナキビと黒千石のご飯、蕎麦米入りハンバーグアマランサスソースかけ
          野菜サラダキビドレッシングかけ、雑穀シリアルサンド
講師:辻本宜子(私です)

☆☆「礼文町観光協会の島グルメコンテストの結果です」☆☆
利尻・礼文島は、高校生のから3回訪問している懐かしい島です。
今回のコンテストの最優秀賞は、札幌の方が作った昆布ドレッシングでした。
私は、お豆と昆布のお菓子を作ったのですが、だめでした。残念賞の「あつもん」を
いただきました。
島グルメコンテスト結果  島グルメ2  あつえもん
高山植物の礼文あつもり草から「あつもん」と名前が生まれました。

この記事のURL | メンバーの活動報告 | CM(13) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ