長谷川清美さんのお豆の教室が開校されます!
2009/05/28(Thu)
☆☆長谷川清美さんからのお知らせです☆☆

2009年10月よりお豆の教室を開講します!

【基本コース】  お豆の煮方と基本知識を学ぶ
          4回1クール 受講料20,000円(テキスト代込み)
          各回 3時間 講義と2品ほど実習しできあがった料理を試食、玄米ご飯
                   とおかず付き
          定員 8名

          1回 素ゆで、甘煮(実習)  お豆料理の基本知識(講義)
          2回 黒豆の煮方~関東風、関西風(実習) 砂糖について(講義)
          3回 餡をつくる(実習) 在来種のお豆についてⅠ(講義)
          4回 ペースト、ディップをつくる(実習)
              在来種のお豆についてⅡ(講義)、基本コースのまとめ

【中級コース】  簡単なお豆料理をつくる
          4回1クール 受講料 20,000円(テキスト代込み)
          各回 3時間 講義と2品ほど実習しできあがった料理を試食、玄米ご飯
                   とおかず付き
          定員 8名

          1回 甘煮、餡のアレンジ(実習)  塩について(講義)
          2回 甘煮、餡をつかった料理(実習) 粉について(講義)
          3回 3種の豆腐をつくろう(実習) 大豆について(講義)
          4回 お豆北海道の郷土食をつくろう~ばたばた焼きほか(実習)
             北海道の郷土食について(講義)、中級のまとめ

【上級コース】  おもてなしのお豆料理
          4回クール 受講料 23,000円(テキスト代込み)
          各回 3時間 講義と3品ほど実習しできあがった料理を試食、玄米ご飯
                   とおかず付き
          
          1回 十六ささげのお赤飯をつくる(その時期の旬のおかず2品)
              ささげについて(講義)        
          2回 お豆のオードブル(3品) もったいない豆について(講義)
          3回 お豆の和のスイーツ(3品)マクロビ対応 農家のおやつ(講義)
          4回 お豆の洋のスイーツ(3品)マクロビ対応
             北海道の保存食~寒干大根、干しかぼちゃ(講義)、上級のまとめ

☆長谷川清美さんより☆

お豆サロンではいろいろなお豆料理をつくってお豆と親しんでいただくことを目的に開いて
きましたが、お豆を煮ると言う基本をきちんと最初にみなさんにおわかりいただいてから
お豆料理を提案することの必要性を感じてまいりました。また料理だけでなく、在来種の
豆について学びたい、北海道の農家の暮らしや郷土食を知りたいなどなど、みなさまから
のリクエストもあり、レクチャーと料理を組み合わせたコースを開校することにしました。
今回、基本コースより承ります。
詳しい日程など決まりましたらお知らせします。(週末コース、平日コース)
お申し込みご希望のかたは、メールか電話にて、氏名、住所、電話番号ご明記のうえ、
ご連絡ください。

べにや長谷川商店  担当  長谷川 ℡ 090-8746-3320
                   kiyomi-hasegawa@muh.biglobe.ne.jp
      
スポンサーサイト
この記事のURL | 教室のご案内 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
イナキビの色彩選別
2009/05/25(Mon)
雑穀の表面の硬い皮を取る機械、そして選別をする機械どちらも必要なものです。

遠軽の共立農場から写真をいただきました。

選別機  選別
硬い皮で覆われているイナキビ  皮を剥いて製品になったイナキビ   共立農場のイナキビ

共立農場(有)  099-0127 北海道紋別郡遠軽町上白滝65
                  ℡ 0158-49-6117
                  E-mail sankyoutekkou@r9.dion.ne.jp

雑穀を作っている農家さんは、ご相談下さい。

この記事のURL | いいもの見つけました | CM(6) | TB(0) | ▲ top
「第2回いわて特産品フェア」盛岡川徳展
2009/05/22(Fri)
さいとう製菓の横澤さん(雑穀エキスパート)より雑穀を使ったお菓子の催事販売のご案内

☆☆「第2回いわて特産品フェア」盛岡川徳展☆☆

期間: 平成21年6月4日(木)~9日(火)
会場: ㈱川徳(パルクアベニューカワトク)7階催事場
   〒020-8655 岩手県盛岡市菜園1丁目10番1号
営業時間: 10:00~19:00(最終日は、17:00まで)
取扱商品: 雑穀を使用した菓子

※催事期間の6日間は横澤さんも販売にあたる予定です。今回は、「かもめの玉子」は
販売せずに、雑穀を使ったお菓子のみで頑張るそうです。

☆☆5月9日の岩手県の雑穀の日まつり☆☆

食のたくみ 安藤様(つぶっこまんま主宰)による雑穀講習会
講習には先着100名様ですべて女性客。アマランス入りドレッシングのデモンストレーション
には、皆さん興味深々で人だかりでした。安藤様と道奥様の共同企画による特性弁当が1個
1000円の限定300食。(雑穀エキスパート横澤可奈さんより)
 雑穀弁当    雑穀弁当

 安藤さんは、岩手県二戸市にある雑穀茶屋「つぶっこまんま」の代表です。
つぶっこまんまの素材は、全部地元の食材を使い、豚肉も野菜ももちろん雑穀も。
安藤さん、地元の人たちこそ雑穀のおいしさを改めて知ってもらいたいと、つぶっこ
まんまを開いたそうです。

つぶっこまんの記事は、「うかたま」2007 vol5 雑穀はおいしい P20~29
中田めぐみさんが文を書いています。(昨年、べにや長谷川商店の長谷川清美さん宅
でご一緒しました。)

金婚漬けで有名な㈱道奥様の金根亭と雑穀をテーマにしている銀婚亭
金婚亭   銀婚亭   銀婚亭
     金婚亭              銀婚亭              銀婚亭
雑穀シリアル   きび麺
プロ農夢の雑穀シリアル   小山製麺のきび麺とほうれん草入り冷麺

上記写真(㈱道奥)は、横澤さんからいただきました。



この記事のURL | 教室のご案内 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
協会からのお知らせです。
2009/05/21(Thu)
日本雑穀協会よりお知らせです。
☆☆協会行事予定☆☆

・2009年6月25日(木)18:30~20:30
雑穀アドバイザーによるセミナーの開催

・2009年7月11日(土)10:30~13:30
雑穀料理コンテスト2009 最優秀賞受賞作品デモンストレーション&料理講習会】
※お申込みは、明治屋クッキングスクールまでお願いします。
TEL:03-3271-6640 FAX:03-3271-6670 E-mail:cooking-school@meidi-ya.com

・2009年8月28日(金)、29(土)
【雑穀産地視察研修会】
※5月末まで個人会員様の優先申込み期間ですが、残席数が少なくなり、期間内に定員
に達する可能性があります。参加をご検討いただける方は、お早めに予約申込みをお願い
いたします。

☆☆会員活動情報☆☆

雑穀アドバイザー吉田久江さんによる料理講習会≫2009年6月11日(木)
暮らしの学校(愛知県岡崎市)において、「雑穀パワー~糖尿病・高血圧予防の食養生~」
をテーマに、講師を務められます。

雑穀アドバイザー田中雅子さんによる料理講習会≫2009年6月18日(木)、22日(月)
(財)ベターホーム協会渋谷教室の食文化セミナーで、「雑穀で作るおいしい料理」をテーマ
に、講師を務められます。

≪伊藤健治さん(NPO法人APSD代表理事)/ひとつぼ雑穀プロジェクト
会報誌においてご紹介しておりますが、長野県飯綱町で役場や地元農家の方々と協働して
(ひとつぼ雑穀オーナー)を募集しております。

≪はくばく/ごはんで健康生活!応援課キャンペーン実施中
はくばくさんの雑穀を食べて、お米や雑穀が当たる企画(~2009年6月30日まで)が実施され
ています。

☆☆事務局から会員の皆様に☆☆
「雑穀の種子を取り扱っております。(キビ、アワ、ヒエ、シコクビエ、アマランサス、ハトムギ」
ハトムギ以外は、各数品種あります。
家庭菜園などでの栽培、来年度の生産に向けての採種目的などにご利用いただけますが、
1品種あたりの保有量に限りがあるため、本格的な生産目的の販売には対応できない場合
があります。
ご希望の方は、事務局までお問い合わせをいただければ幸いです。

[会員の皆様のご活動情報を是非お寄せください]
雑穀に関する皆様のご活動など、広く募集しております。メール又は会報誌でご紹介させて
いただきます。
この記事のURL | 日本雑穀協会のご案内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
花豆のお菓子と写真展
2009/05/19(Tue)
☆☆花豆のお菓子をご紹介☆☆

紫花豆のお菓子!!

紫花豆    花豆の生グラッセ    豆畑ロールケーキ
                    紫花豆の生グラッセ     紫花豆の生グラッセ入り
                        ブランデー味             豆畑ロール
紫花豆のマロングラッセバージョンです。糖度も55%と低めのヘルシースイーツです。
㈱花ぐるめ  札幌市白石区中央2条5丁目10-12
         ℡ 011-861-0147

白花豆のお菓子!!

ハッカ物語    白花豆
  ハッカ物語               白花豆

大粒の白花豆甘納豆に、ハッカの香りを加えた衣がけをし、柔らかく作られています。
㈱山樹氷  北見市泉町3丁目10-30
        ℡ 0157-23-3354
先日、某TVで紹介されてました。

☆☆伊藤美由紀「はなうたキッチン」写真展☆☆

写真展    お豆の写真    写真展

24枚のお豆のカードが展示されてました。まるで生きているような野菜や果物の写真
まだ見ていない方は、是非ご覧下さい。
期間:5月26日まで (12:00~24:00)
場所:カフェ エスキス 札幌市中央区北1条西23丁目1-1 メゾンドブーケ円山1F
   ℡ 011-615-2334

この記事のURL | いいもの見つけました | CM(2) | TB(0) | ▲ top
暮らしの学校
2009/05/18(Mon)
☆☆はじめての雑穀を知る~雑穀のエネルギー~☆☆(暮らしの学校

5月14日(木)の雑穀講座を終えた吉田さん(管理栄養士)よりメールを頂きました。
「暮らしの学校は、手入れのされたお庭も素敵で、何かホットするような空間を感じる
良いところでした。来月は、「糖尿病、高血圧予防の食養生」と言う事で生徒さんの
実習として進めて行きたいと思います。

☆☆雑穀パワー~糖尿病・高血圧予防の食養生~☆☆
雑穀アドバイザー/吉田久江

2007年の国民栄養調査で、糖尿病患者とその予備軍が推計2210万人となり5年前の
1620万人に比べて36%増えています。運動不足と食生活の乱れが要因といわれます。
今一度、食生活を見直してみませんか?今回は雑穀を使ったヘルシー料理を実習して
いただきます。

開催日:6月11(木) 10:30~13:00
受講料:4000円(食材費含)
暮らしの学校: 岡崎市羽根町字若宮30番地 0120-511-533

この記事のURL | メンバーの活動報告 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雑穀アドバイザーによるセミナー開催のご案内
2009/05/17(Sun)
雑穀アドバイザー栂安信子さんによる雑穀セミナーを開催します。

雑穀についての幅広い知識を身につけたアドバイザーにより、雑穀の特徴や栄養価、
おいしく手軽に食べれる調理法など、はじめての方でもわかりやすく、雑穀の魅力に
ついてお話します。
雑穀エキスパート講座の受講をお考えの方にもおすすめのセミナーです。

日時:2009年6月25日(木) 18:30~20:30
会場:女性と仕事の未来館 第2セミナー室
    東京都港区芝5-35-3
会費:2,500円(個人会員は1,500円)
   *雑穀とレシピをお持ち帰りいただけます。
この記事のURL | 日本雑穀協会のご案内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
花豆の写真
2009/05/13(Wed)
☆☆花豆☆☆

 (科)    (属)         (種)               
               ○いんげんまめ・・・・・・(金時豆・手亡・うずらまめ・虎豆・大福豆)    
マメ科ーインゲン属 ー[              白花豆
               ●べにばないんげんー[     
                             紫花豆

●べにばないんげん  
      和名/ベニバナインゲン、ハナササゲ、ハナマメ
      漢名/紅花隠元豆・花芸豆 
      英名/scarlet runnerbean,flower bean
      性状/蔓性の1年生草本。花は蝶形で、朱または白の花を着けます。
          雄しべの葯が柱頭から離れて下部に着いているところがいんげんまめ
          と異なります。種皮色によって、白い白花豆と紫の地に黒い縞の紫花豆
          に分かれます。合わせて花豆ともいいます。
      歴史/花豆の種子がわが国に伝わったのが、江戸時代末期当時は観賞用として
          栽培されてました。明治になって札幌農学校で食用として栽培され、本格
          的に栽培されたのは大正時代に入ってからです。現在は、主として北海道
          で作られ、一部、東北地方や長野県など冷涼な地域でも栽培されてます。
          (先日、長野県のお赤飯に紫花豆が使われている事を知りました・・某TV)
            参考文献(豆類百科)

       紫花豆     紫花豆
            紫花豆             白花豆と紫花豆

先日、「シアンルル めぐみ」の宮崎さんより6つの花豆の写真をいただきました。
花の色が白ければ白花豆、花の色が朱色であれば紫花豆です。
どんな色の花を咲かせるのか、見てみたいですね。

地野菜・家庭料理 シアンルルめぐみ  北海道上川郡清水町字清水724 清水公園
                          0156-62-5626
                          ※「北の愛食レストラン」・北海道スローフレンズ・スロー 
                          なお店ガイドで紹介
 
この記事のURL | 雑穀の紹介 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
雑穀産地視察研修会のご案内
2009/05/10(Sun)
日本雑穀協会より個人会員の皆様へ雑穀産地視察研修会の案内が届きました

今年は、長野県伊那地区で雑穀の収穫体験や調理講習、信州大学圃場視察など、長野県
伊那市に滞在しての研修です。但し、募集人数40名の為、5月末までの優先予約です。
早い段階での定員が予想されます。エキスパート・アドバイザーの皆さん、お早めに。

日程:2009年8月28日(金)、29日(土)
定員:40名
費用:3,2000円(1泊4食付、東京または名古屋からの往復バス代込み)
場所:長野県伊那地区
宿泊:気の里 入野谷(長野県伊那市長谷市野瀬405番地1)

☆☆J-Millet 通信 2009-4☆☆

特集≪雑穀料理コンテスト2009≫
3月9日雑穀の日に雑穀料理コンテストを開催!!
最優秀賞の田中雅子さん、優秀賞の河野義浩さんと柴田菜穂千さん、和泉理絵さん、
吉田久江さん広瀬美和子さん、大須賀真由美さん、新野伸子さんの雑穀料理に挑戦し
ている姿が掲載されました。さらに、最優秀賞と優秀賞のレシピも公開されています。

≪活動報告≫
〇 日本の食料自給率向上を考える雑穀講演会を開催(開催日:2008年11月14日)
〇 埼玉県農業大学校で「もちあわ」を使った料理講習会を実施(開催日:11月18日)
〇 雑穀アドバイザーによる雑穀セミナーを開催(開催日:2009年2月26日)
〇 福岡市で開催された雑穀米フォーラムに後援(開催日:2009年2月27日)
〇 「広瀬先生の雑穀料理教室」をオーガニックスーパー・マザーズ藤が丘店で開催中
   (毎月第4土曜日)
〇 2008年度はシコクビエ、タカキビ、アマランサス、モチアワ、モチキビを収穫
  吉田洋介さん(長野県伊那市)
〇 雑穀生産で耕作放棄地対策や特産品づくりに、地域が一体となって取り組む
  (岡山県玉野市
〇 「雑穀と食材のマリアージュ」をテーマに料理教室を開催 伊藤尚代さん(東京都狛市)
〇 はくばくさんHPサイトの料理家ブログに参加中 梶川愛さん(大阪府堺市)
〇 「ひとつぼ雑穀プロジェクト」~純国産雑穀にご興味ある方へ~ 伊藤健治さん
  (神奈川県相模原市)
この記事のURL | 日本雑穀協会のご案内 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
伊藤美由紀さんの写真展
2009/05/07(Thu)
伊藤 美由紀「はなうたキッチン」写真展

期間: 4月30日(木)~5月26日(火)
時間: 12:00~24:00(日・祝~21:00) 水曜定休(5月12日(火)は臨時休業)
場所: カフェ エスキス
     札幌市中央区北1条西23丁目1-1 メゾンドブーケ円山1F
℡ :  011-615-2334
     http://www.cafe-esquisse.net/
お豆のカードを作った伊藤さんの初写真展です。

この記事のURL | 教室のご案内 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
| メイン |