第二回おかん料理を楽しむ会
2008/08/31(Sun)
8月28日(木)13:00より「第二回おかん料理」の始まりです。
場所は、もちろん遠軽町瀬戸瀬温泉、秘湯と呼ばれるだけの事はあります。
何と携帯の電話が繋がりません。
              瀬戸瀬温泉2 長谷川清美さん

ブログでお馴染みのべにや長谷川商店の長谷川清美さんの挨拶から始りました。
今回、京都から来訪の津乃吉の吉田社長が、オリジナル料理と尺八の演奏をしました。
(尺八のコンサート活動をしています)
特別ゲストの森孝之氏は、「想いを売る会社」など多数を執筆しています。
    

森孝之と吉田社長  吉田社長  パスタ1  パスタ2
  森氏と吉田氏      吉田氏       貝豆のデップのパスタ    ホワイトクリームのパスタ
雑穀エキスパートの木村光江さんとお母様、味楽園(日本雑穀協会員)の大貫秀興の参加があり、農家のおかんの方達のお手いもしました。

 木村さんと長谷川おかあさん   お汁粉   じゃがいもドーナッツ
バタバタ焼きと木村光江さん  じゃがいも団子のお汁粉    かぼちゃドーナッツ
   (長谷川ミヨ作)          (斉藤準子作)         (高良喜美子作)
 
瀬戸瀬地区、生田原地区、白滝地区、遠軽地区旧4ヶ町村のおかん料理の登場です。
 料理1   料理2   料理3

美味しい料理がたくさんで吉田社長のパスタが出来る頃には、皆さんお腹が一杯だったようです。
でも、美味しいものって別腹なんですね。あっという間に完食です。
 
 おかんと一緒に   長ネギと白花豆のパイ   お豆と抹茶のパウンドケーキ
     試食タイム       白花豆と長ネギのパイ    抹茶と金時豆のパウンドケーキ  
                      (辻本宜子作)           (道田笑子作)

 宿泊した皆さんと朝食を食べて集合写真です。
         宿泊の朝
 味楽園の大貫さんは、左後ろにいます。
遠くは、京都から参加された方や札幌から参加の方もいらして、次回(3月頃)が楽しみです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 地方のイベント紹介 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
YESクリーン「遠軽・白滝産のジャガイモ」を使った雑穀料理教室
2008/08/29(Fri)
    ≪ 8月31日は野菜の日≫
今年は8月24日(日)に野菜の日の料理教室をしました。
昨年は、YESクリーンの認証を受けた遠軽産エダ豆を使いましたが、今年は、町村合併で遠軽町になった白滝のジャガイモに挑戦です。白滝じゃがもは、YESクリーンの認定を受けています。

イナキビ入りポテトケーキ
【材料】 ジャガイモ5個 玉葱1/2 卵2個 イナキビ大さじ2(茹でておく) 塩・胡椒少々 オリーブオイル
【作り方】
1.ジャガイモは皮をむき、すりおろし布巾で絞る。
2.玉葱をすりおろす。
3.1.2イナキビをボールに入れ卵、塩・胡椒で味付けをする。
4.フライパンにオリーブオイルを引き焼く。

おまけの料理
青大豆と餅米のおやき(まだ、枝豆が出来てないので)
【材料】 青大豆(戻して茹でたもの)150g 餅米300g 水200cc 砂糖大さじ2
【作り方】
1.餅米は30分水につけておく。
2.青大豆・餅米・水をフードプロセッサーかけて滑らかにし、ホットプレートにオリーブオイルを引き焼く。

トッピングAとBをお好みで使う
青大豆と餅米 ジャガイモパンケーキ


≪トッピングA≫
トマト・セロリ・キュウリをさいの目切りをし(砂糖大さじ1・醤油3・酢3・グレープシードルオイル3)で合わせる。

≪トッピングB≫
トマト・玉葱の薄切り・溶けるチーズで飾る。(ホットプレートのふたをして蒸す)

ビッシソワーズ
【材料】 ジャガイモ2個(北海小金) 玉葱1個 セロリ1本 牛乳2カップ 生クリーム200cc バター大さじ1 ブイヨン4カップ(コンソメ2個)
【作り方】
1.ジャガイモは洗って皮をむき、半分に切ってから1cmの薄切りにする。切ったのち水にさらしあくを抜く。
2.玉葱は皮をむき半分に切って薄切り、セロリも薄切りにし、バターを熱したフライパンで色づかないように
 しんなりするまで炒める。
3.2に水気を切ったジャガイモを加えブイヨン4カップを加えてジャガイモが煮くずれるまでゆっくり煮る。
 (20分)
4.3を温かいうちにミキサーにかけ、全体がドロリとしたら目の細かい裏ごし器で丁寧にこする。
 冷蔵庫で冷たく冷やした牛乳、生クリーム、塩、胡椒を加えて混ぜ味を整える。

≪トッピング≫
蕎麦米をグレープシードルオイルで軽く炒める。
野菜の日3 野菜の日2 野菜の日1 野菜の日

今回、トッピングの蕎麦米は雑穀エキスパートの木村光江さんが作付・販売をしている、石狩産牡丹蕎麦を使って作りました。
場所を提供してくださったTVハウス毛利ラジオ店様ありがとうございました。

いよいよ、二三日中には「おかん料理」をアップしますのでお楽しみに!!

PS. じゃがいもで料理をする時には、そのじゃがいもをさらに美味しく食べるための準備も必要です。
特にビッシソワーズは、冷製スープなので、澱粉質の少ないジャガイモが向いています。
メークインや北海小金が美味しさを増します。
この記事のURL | メンバーの活動報告 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
「はじめての雑穀教室」が無事終わりました。
2008/08/24(Sun)
名古屋の雑穀アドバイザーの吉田久江さんより、当日の様子と料理のレシピの連絡がありました。

参加人数は、28名とたくさんの参加がありました。(ベターホーム)
日本雑穀協会からお借りした資料のスライドでの雑穀の説明が40分、ミートローフ、ひえのキンピラのデモンストレーション、試食をおこないました。


たかきび入りミートローフ
【材料】 たかきび 25g(大さじ2) 水250cc 豚挽き肉150g エリンギ50g 玉葱50g 赤みそ小さじ2 塩少々 こしょう少々 ナツメグ少々 バター少々 青しそ4枚 卵1/2個 枝豆 適宜
【作り方】
1.タカキビは水洗いしてから水に1時間浸しておく。
2.1を火にかけ沸騰したら弱火にて、30分炊き、10分蒸らす。
3.エリンギ、玉葱は、荒みじん切りにする。
4.枝豆は、茹でてさやから出しておく。
5.ビニール袋に2、3、4、卵、調味料を入れよくもみ、10分おく。
6.アルミホイルを30センチに切り、バターをうすく塗る。
7.6に5を棒状にのせ、包む。
8.オーブン250度で25分焼く。
9.皿に青しそを敷き、8を4等分して盛る。

*オーブントースターでもOKです。(その場合トレーの上にのせて焼いて下さい)
(温度調節できない場合は30分位で串を刺してみて透明な汁がでていなければ良いです)

ピーマンの雑穀入り金平
【材料】 ピーマン4個 人参1/4本 ひえ大さじ2 ごま油小さじ2 (てんさい糖大さじ1 しょうゆ大さじ1 酒大さじ1 だし汁大さじ2
【作り方】
1.ピーマン、人参は細切りにしておく。
2.ひえは沸騰した湯で4分茹でておく。
3.鍋にごま油を入れ1、2を入れ炒める。
4.野菜がしんなりしたら調味料を加え汁気がなくなるまで炒める。

ベターホーム協会
この記事のURL | メンバーの活動報告 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
遠軽町丸瀬布にある「マウレの庭」
2008/08/24(Sun)
我が家にホームスティの大学院生とマウレの庭に行ってきました。

梅木さんが書かれた案内板を参考に散策です。
                    マウレの庭7

5月に「マウレの庭」を紹介した時は、華やかな花が咲いていました。
今回は、落ち着いた秋の花が咲いていて、また違った雰囲気でした。
 
  マウレの庭6   マウレの庭5   マウレの庭4


  マウレの庭3   マウレの庭1   マウレの庭2


春から今の季節までどんな花と出会えるか楽しみが増えました。
この記事のURL | 北海道の風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日本雑穀協会より「後援企画のご案内」です
2008/08/21(Thu)
≪NPO全日本健康自然食品協会主催の展示会「ナチュラルエキスポ2008」に後援しております≫

開催日:2008年9月24日(水)~26日(金)
会場:東京国際展示場(有明/東京ビッグサイト)西1ホール
公式サイト:http://www.natural-expo.jp/event.html
個人会員の方で希望者には無料招待券をお送りしていますので、ご希望の枚数(4枚以内)をメールにてお知らせください。なお、枚数に限りがございますので、なくなり次第終了させていただきます。

≪長野県伊那市主催の雑穀プロジェクトin伊那「王理恵さんの雑穀料理講習会&講演会、信州大学圃場見学会」に後援しております≫

開催日:2008年9月19日(金)、20日(土)
会場:長野県伊那市 気の里ヘルスセンター栃の木、信州大学農学部

参加をご検討される方には、調理講習会申し込み受付、宿泊施設の斡旋、交通機関など、詳しい内容をご案内いたしますので、メールにてお知らせください。
パンフレットなど詳細な内容は、間もなく伊那市のHPにアップされる予定ですので、追ってご案内いたします。
日本雑穀協会 事務局 info-s@zakkoku.jp
この記事のURL | 日本雑穀協会のご案内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ナディンの料理講習
2008/08/17(Sun)
早稲田大学の交換留学生「ナディン」の料理講習会

Kastopel salat Ostpeup's 「ポテトサラダ」
【材料】  ジャガイモ1kg、玉葱1ヶ、りんご1個、ピクルス3本、ディル・パセリ・チャイブ適量、
      サワークリーム150g、ヨーグルト200g、塩・胡椒少々
【作り方】
1.ジャガイモの皮を剥き湯でて、0.7cm位の輪切りにする。
2.りんごはさいの目切り、玉葱・ピクルスは微塵切りにする。
3.2にディル・パセリ・チャイブ、サワークリーム、ヨーグルトを混ぜ合わせ、ピクルスのタレと塩・胡椒を加えて味を整える。
4.1のジャガイモに3を加える。

ポテトサラダ ポテトサラダ(ねずみ) ポテトサラダ2 ポテトサラダ1

Ku clueu「アップルケーキ」
【材料】  りんご500g、小麦粉175g、バター125g、砂糖125g、卵2.5個、ベーキングパウダー5g
      粉砂糖適量、バター適量(ケーキ型用)
作り方
1.りんごは、皮を剥き小口切り。
2.ボールに小麦粉を振るって入れ、砂糖、ベーキングパウダー、カットしたバター、卵を入れハンドミキサーで混ぜ合わせる。
3.2にりんごを入れ、さらに混ぜ合わせる。バターを塗った天板に種を流し込む。
4.3を200℃で予熱したオーブンで20~30分焼く。
5.オーブンからケーキを取り出し、熱が取れたら粉砂糖をかける。
     
 アップルケーキ  アップルケーキ出来上がり

Kassesuppe「クリームチーズスープ」
【材料】  ひき肉500g、ネギ500g、クリームチーズ500g、水1ℓ、塩・胡椒少々、オリーブオイル適量
【作り方】
1.ひき肉をオリーブオイルで炒める。
2.ネギは1.5cmの小口切りで、中の芯を抜く。
3.1が炒まったら、2のネギを加え、更に炒め、水、クリームチーズを加え、煮込む。
塩・胡椒で味を整える。
  
ネギの小口切り  クリームスープ1  クリームスープ2

今年の山田家の留学生は、ドイツ人のナディンです。専門は、土木工学ですが、料理も上手な素敵な女性でした。9月には、ドイツに帰国です。

この記事のURL | メンバーの活動報告 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
8月31日は野菜の日です。
2008/08/15(Fri)
8月31日は、野菜の日、今年も昨年に続き料理教室を行います。(昨年は、遠軽産枝豆)

今年は、国際ジャガイモ年です。遠軽の美味しいジャガイモを使う料理教室です。


参加費無料

地産地消に基づき遠軽町のジャガイモを使った雑穀料理を作ってみませんか

日時 平成20年8月24日 10時

場所 TVハウス毛利ラジオ店(遠軽町大通北1)

メニュー  ジャガイモを使った雑穀料理

対象  特になし

定員  10名

参加費  無料

持ち物  エプロン、三角巾、手拭タオル、筆記用具

応募期間  8月22日まで

講師  辻本 宜子(ベジタブルフルーツジュニアマイスター・雑穀アドバイザー)

主催  丹野工業 millet事業部(北海道紋別郡遠軽町大通北1)

問い合わせ・申し込み 

丹野工業 millet 事業部

電話番号 0158-42-2553(辻本・武田)



この記事のURL | メンバーの活動報告 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
共立農場の渡部さんより
2008/08/14(Thu)
「イナキビと二条大麦が大きくなりました」と渡部美千代さんから写真とメールが送られてきました。

    二条大麦          二条大麦穂
        二条大麦畑                 二条大麦の穂

    イナキビ畑          イナキビ畑穂
        イナキビ畑                  イナキビ畑      

共立農場さんでは、食育活動などに使えるよう、穂の販売もするそうです。

共立農場  遠軽町上白滝65
        0158-49-6117
この記事のURL | 雑穀の紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オホーツクの夏景色
2008/08/11(Mon)
オホーツクの暑い夏もお盆まで。


      ロール2        ロール1

北海道の道は、真っ直ぐで長い道が多い。
ふと見ると、道の横には蜂蜜を採取する箱が・・・酪農の湧別地区ではクローバーの蜜でしょうか。
オホーツクには、養蜂家が多く住んでいます。クローバー、シナ、アカシア、百花蜜が取れます。
     
      蜂蜜2        蜂蜜1

大きい人のことを「うどの大木」と言いますが、うどの花があまりにも綺麗だったので。
                
                   うどの花

8月のオホーツクは、海の幸(北海シマエビ)、ジャガイモ、トウキビ、美味しい食べ物満載、そしてなにより美しい自然が最高!!

この記事のURL | 北海道の風景 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
雑穀研究圃場見学会のお知らせ
2008/08/09(Sat)
神奈川県藤沢市にあります日本大学生物資源科学部倉内研究圃場において、雑穀研究圃場見学会を開催いたします。
産地と異なり、一種類毎は少量での栽培ですが、一度に多品種を見ることが出来る良い機会です。

日時 2008年8月24日
    2008年8月31日

集合場所  神奈川県藤沢市  小田急江ノ島線 六会日大前改札口

募集人員  各10名

募集金額  個人会員  2,000円  非会員  4,000円

ご希望の方は、FAXまたはメールにてお申し込み下さい.

この記事のURL | 日本雑穀協会のご案内 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
第2回 とかち食育フェア
2008/08/07(Thu)
第2回 とかち食育フェアが開催されます。
夢追人のご主人(栂安秀樹氏)が昨年に続き実行委員長です。
当日、雑穀アドバイザーの栂安さんも雑穀パンを販売します。

とかち食育フェア

日時 8月9日(土)10:30~14:30(雨天・イベントホール)

会場  つがやす歯科医院 駐車場
     おびひろイベントホール
     (帯広市西10条南9丁目)

主催  とかち食育フェア実行委員会 実行委員長 栂安秀樹
     0155-21-2002

※日本雑穀協会より連絡です。
雑穀産地視察研修会の最終締切日は、8月8日(金)となってます。若干名受付可能です。
     
この記事のURL | 地方のイベント紹介 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
上川農業試験場に行ってきました
2008/08/05(Tue)
8月2日(土)、上川農業試験場に行ってきました。

明治19年(1886)旭川市神居に忠別農作試験所として創設され、平成6年(1994)に比布町に移転。
「きらら397」をはじめとして数多くの水稲優良品種の育成を行い、減化学肥料、減農薬栽培によるクリーン農業を推進している北海道を代表する稲作試験場、それが上川農業試験場です。
    水田      上育      赤毛


新しいお米の品種を作るのには毎年100種類もの交配と数十万個の栽培、そして生産力、耐冷性、耐病性、食味などさまざまなテストと、7~8年の月日が、かかるそうです。耐冷性の試験を行うには、毎日水田の水を入れ替えをし、耐病性の試験には、雄の虫が寄るフェロモン剤を水田に設置しています。病害虫の防除の予報に使っている機械もありました。
    フェロモン        虫取り器
雄の虫がフェロモンに誘われて     病害虫の診断機で農薬の散布時期が解ります。

案内の植野さんの担当は、アスパラです。
        アスパラ2       アスパラ1
    雄と雌を両方栽培する品種    こちらは、雄だけ栽培する品種
    (赤くて丸い種が着きます)     (種がつきません)

アスパラを太くしたり、収量を上げたりするには、研究が必要です。と、色々勉強をした2時間でした。
                
                ベジフル旭川

上川農業試験場で作られた上育453号が、10月に発売されます。名前は、まだ未発表ですが今から楽しみです。試験場の見学を希望の方は、電話にて申し込みが出来るとのことです。

北海道立上川農業試験場  上川郡比布町南1線5号
                  0166-85-2200
ホームページ
8月12日(火)には、一般公開をしています
この記事のURL | メンバーの活動報告 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
第二回おかん料理を楽しむ会の開催地瀬戸瀬
2008/08/02(Sat)
在来種の豆の町、北海道遠軽町瀬戸瀬。今回は瀬戸瀬の秘境、地元民御用達のアルカリ性単純泉の温泉で行います。
という訳で、下見をかねて瀬戸瀬温泉に行ってきました。
        瀬戸瀬温泉2         瀬戸瀬温泉3

温泉の周りには、原生林がうっそうと茂り、川では山女が釣れます。
        瀬戸瀬温泉4         瀬戸瀬温泉1

瀬戸瀬温泉の帰り道、地元農家のおかん達に会うことが出来ました。今回は、どんな「おかん料理」を持って来るのか楽しみです。
                     地元農家のおかん

8月28日(木)午後1時~
場所  北海道遠軽町瀬戸瀬温泉
費用 宿泊費+料理講習会費込みで 10,000円
*瀬戸瀬温泉までの交通費は各自ご負担ください。(遠軽駅から瀬戸瀬温泉までは送迎あります)。
遠軽近郊で宿泊しない方は参加費2,000円
締め切り 定員(20)名となりしだい締め切らせていただきます。(地元の方の参加に定員はありません)地元おかんの持ち寄り会
<内容>
京都「津の吉」吉田社長による在来種の豆を使った料理教室。
凝った料理というより、日常家庭でつくる料理を教えていただきます。
オーソドックな煮豆などのほかにも、豆のデップやパスタ、スープなどの洋惣菜もトライしていtだき

遠軽の郷土料理として、こんな料理が出てくる予定です。
●ばたばた焼き
●いももち
●そばはっとう
●南瓜のドーナッツ
●野菜豆のおひたし。
まだ、参加を希望してない方は、是非参加をお願いします。
<お問い合わせ>
べにや長谷川商店  北海道紋別郡遠軽町大通南2
              電話  0158-42-2490
              携帯  045-909-5527
この記事のURL | 地方のイベント紹介 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |