マウレ山荘にて梅木まゆみさんと
2008/05/30(Fri)
遠軽町丸瀬布のマウレ山荘、マウレの庭の監修をしている梅木まゆみさん

最終打ち合わせのお忙しいところにおじゃましてきました。

          マウレの庭1          マウレの庭2

    庭全体を見渡す           まじかでチューリップを観察。
  マウレの庭3         マウレの庭4


上湧別のチューリップ公園を御案内、遠軽のファーライトで一緒に食事をしました。
花だけでなく料理にも興味がある「梅木まゆみ」さんの素敵な一面を見ることが出来た一日でした。

ノーザンホースパーク内「K’s Garden」をプロディースする梅木あゆみさんは、花新聞にて月1回寄稿。
スポンサーサイト
この記事のURL | 北海道の風景 | CM(7) | TB(0) | ▲ top
野菜博士のおくりもの
2008/05/26(Mon)
                 「野菜博士のおくりもの」

                 野菜博士のおくりもの

誰よりも野菜を愛し、誰よりも楽しく、野菜の話をしてくれた博士

北海道農業を応援し育て続けた農学博士、相馬暁氏の思いを形にした本です。

伝え手の宇都宮庸子さんは、札幌テレビ放送のアナウンサーの時、取材を通じて相馬先生と
知り合いました。その後「そうま博士の野菜革命」を4年間担当、06年日本ベジタブル&フルーツ
マイスターを取得。現在はフリーアナウンサーとして活躍されています。今回、志を同じくする
たくさんの人の協力でこの本を作ったそうです。

今回、出版をお祝いする会に雑穀アドバイザーの栂安信子さんとエキスパートの高田真理子さんと
一緒に私(辻本)も参加してきました。

                  宇都宮庸子さんと一緒に

      「野菜博士のおくりもの」を持っているのが宇都宮庸子さんです。

野菜博士のおくりもの  中西出版  定価1200円

相馬先生は、「豆・おもしろ雑学辞典」「人と豆の健康12ヶ月」「豆類百科」など豆についての
著書も多数
この記事のURL | 地方のイベント紹介 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
「食」と「健康づくり」フェスティバル2008-スローフード・雑穀の魅力
2008/05/22(Thu)
「食」と「健康づくり」フェスティバル2008-スローフード・雑穀の魅力
2008年6月16日(月)の講演の募集要項が公開されました。

イベントタイトル:スローフード・雑穀の魅力

お申し込み番号: 2

講師:鈴木勉氏・辻本宜子氏・栂安信子氏

時間:13:00~16:00

会場:かでる2.7 550会場 
    札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル

お申込方法:参加申込書またはハガキにお申し込み番号とイベントタイトル、必要事項を記入し、郵送またはFAXでお申し込みください。

お申込先:応募受付私書箱 〒060-8693 札幌市中央郵便局私書箱181号
      応募受付FAX 011-704-2121
      「食」と「健康づくり」フェスティバル2008申し込み受付係

お申込期限:平成20年6月6日(金)必着
この記事のURL | 日本雑穀協会のご案内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日本雑穀協会からのお知らせです。
2008/05/22(Thu)
協会からの連絡です。

2008年5月31日(土)~6月1日(日9に、神奈川県藤沢市において、「藤沢春まつり~2008産業フェスタ~」が開催され、日本大学生物資源科学部倉内理事の寒吸湿が出展し、雑穀のパネルや植物体、雑穀商品などを展示します。
お近くの方は、是非お立ち寄りください。

2008年6月16日(月)は永山先生の「100歳まで元気に長生きするシリーズ」の第3回講座が開催されます。


≪雑穀アドバイザー 田中雅子さん≫
2008年6月24日(火)に(財)ベターホーム協会渋谷教室において開催される食文化セミナー「初めての雑穀講座」の講師を務められます。「初めての雑穀講座」の講師を務められます。
この記事のURL | 日本雑穀協会のご案内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
旬の料理教室
2008/05/19(Mon)
旬の野菜と魚を使った料理教室の始まりです。今回は、北福人の藤井さんが参加し、
ニョッキさんと初顔合わせができました。

砂鰈のオーブン焼き(ニシンの代用)
【材料】  鰈 人数分、パン粉(かたくなったバゲット)1カップ、行者ニンニクのパウダー適量
       レモン、オリーブオイル大さじ6、塩・胡椒少々
【作り方】
1.砂鰈は3枚に下ろし、ざるにあげる。
2.天板にクッキングシートを敷いてオリーブオイルを塗り、砂鰈を皮を上に向け身を少しづつ重ねながら並べ、軽く塩・胡椒をする。
3.パン粉と行者ニンニクを混ぜる。これを2の砂鰈にかけ、オリーブオイルを回しかける。
4.200℃に温めたオーブンで15~20分パン粉がキツネ色になってふつふつしたらできあがり。
5.皿にもって、レモンを添える。
                      砂鰈のオーブン焼き

ひよこ豆のコロッケ(長谷川ミヨさんバージョンより)
【材料】  ひよこ豆(乾燥)150g、生クリーム20cc、バター20g、塩・胡椒適量、小麦粉、パン粉
      金平ごぼう(ごぼう小1本、人参少々、サラダ油大さじ1、砂糖・醤油各大さじ1、酒小さじ2)
【作り方】
1.ひよこ豆はきれいに洗い、2~3倍くらいの水に一晩つけておく。
2.水を換え、約2倍の水から煮て、一回ゆでこぼしたら、コトコト弱火でやわらかくなるまで煮る。
3.煮えた豆の水気をよくきり、熱いうちにつぶし、キンピラごぼうを汁ごと入れてざっくり混ぜ、さらにバター、生クリームを加え、塩・胡椒で味を整える。
4.3を丸め、小麦粉、卵、パン粉の順にまぶして、油で揚げる。
(今回も簡単に小麦粉を水で溶き塩・胡椒した中に入れ、パン粉をまぶしました)
       ひよこ豆のコロッケ

アスパラのサラダ
【材料】  アスパラ12本、玉葱適量
      イタリア風万能ドレッシング(オリーブオイル大さじ5、ニンニク1かけ、赤唐辛子1本、
      トマト50g、塩小さじ1、胡椒少々、酢大さじ1、パセリ少々)
【作り方】
1.フライパンにオリーブオイル大さじ1とニンニクの微塵切り1かけ分と赤唐辛子の小口切り1本分を入れ、弱火で炒める。香りが立ったらトマトの微塵切り50g、水大さじ2を加えてひと煮立ちさせ、ボウルに移して冷ます。塩小さじ1と胡椒少々、オリーブオイル大さじ4、酢大さじ1を少しずつ加えながら混ぜ、パセリの微塵切りを加える。
2.ひとつまみの塩を入れたたっぷりの湯でアスパラをさっとゆで、よく水を切る。
3.玉葱を薄くスライスしたものをアスパラに飾り、1のドレッシングをかける。
                       
                       アスパラのサラダ


行者にんにく、別名アイヌネギとも呼ばれています。細か切って醤油に漬けたり、ジンギスカンと一緒に食べたりします。体には良いのですが結構臭いです。そこで、今回乾燥してパウダーにしました。(自然乾燥の後、レンジにかけて乾燥させます)
        行者ニンニク              橘農園

                           橘農園のアスパラは、甘くて美味しかったです。 
橘農園 遠軽町留岡278
この記事のURL | メンバーの活動報告 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
旭川にて、とても優しいレストランを発見
2008/05/17(Sat)
こんな気持ちのいいレストランは久しぶりでした。
まず、オーナーの矢吹さんがとても優しいのです。
道北経済センターの場所をパソコンでプリントアウトしてくれたのです。
初めての客なのにこんなに優しくて、感激でした。

      ランチ

私の注文は、ランチメニューの「塩漬け豚バラ肉とソーセージグリル(白花豆煮込み添え)」
白花豆の大きいのと乾燥豆(置いてあるのをチエック)の綺麗なのに驚き!!
雑穀アドバイザーとして豆の生産者を聞いてみました。

松家農園さんと同じ東川町の国枝瑛子さんが作っているとのこと、白花豆をこれだけ綺麗に作る人
ってどんな方なんでしょうね。
白花豆は、雨に弱いし、茶色っぽくなってしまうし、本当に大変な豆なんです。
でも、こんなに美味しい料理になって白花豆も喜んでます。
                        
                         ポ・プーレ
                        オーナーの矢吹さんとスタッフ

ビストロ et カフェ ポ・プーレ
旭川市4条7丁目1543-5 買物公園通
0166-26-6001
この記事のURL | いいもの見つけました | CM(3) | TB(0) | ▲ top
「食と健康づくりフェステバル2008-スローフード・雑穀の魅力」
2008/05/15(Thu)
6月16日(月)~20(日)までの5日間、 北海道・(財)北海道健康づくり財団が主催の「食」と「健康づくり」フェステバル2008が開催されます。

今回、初日(16日)に「スローフード・雑穀の魅力」をテーマに講演会が開かれます。
栂安信子さんとわたくし辻本宜子の2名が講師としてお話をさせていただくことになりましたのでお知らせします。
当日は、雑穀料理の試食やディスカッションもあり楽しくお話が出来ればと思っております。
近日中に協会のほうからもご連絡があると思いますので宜しくお願いします。

参加申し込みに付きましたは、後日連絡いたします。

アドバイザー・エキスパートの皆さんには、当日協力をお願いします。
この記事のURL | 地方のイベント紹介 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
日曜日にイナキビと地豆を札幌当別で撒きました。
2008/05/14(Wed)
5月11日(日)、札幌当別にある小林農園を借りての畑仕事の始まりです。有機栽培(JAS)認定の畑の為、使用出来るのは有機肥料。と言うわけで自社(丹野工業)の肥料の施肥を小林さんに頼みました。(有機農法をする時は、肥料の資材証明書が必要です。改めて有機農法も勉強!!)


小林農園

自分達で野菜を作ろう(ベジフルコミュニティ札幌若林代表主催)・・・私は、イナキビと地豆の種蒔きを担当させていただきました。
イナキビは、畦幅50cm~60cm、まき幅10cmで蒔きます。
さくら豆・パンダ豆・栗インゲン(長谷川さんから頂きました)・前川金時・を畦幅50cmで長ぐつのつま先より10cmの所に蒔いていきます。

私の姿ちょっと本格的?
豆まき イナキビ さくら豆



畑を始めること2時間半、やっと種蒔きが終わりました。
                           
                           皆さん、ご苦労様でした。
                            ご苦労様
この後、納屋の二階で皆さんと昼食を楽しみました。


この記事のURL | メンバーの活動報告 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
フランスのガレットとフランス料理のお店がオープン
2008/05/11(Sun)
札幌の大通公園を散策中、札幌資料館近くにお店を発見!!札幌市資料館

私の料理コンテストの作品と同じガレットのお店を発見、でも開店は明日12日(月)との事でガレットは食べれませんでした。(もちろんフランス料理もあります)

朝野有紀さんとThomasさん、二人のお店です。
フランス、スイスに住まれたお二人は、朝野さんの故郷に戻られました。
是非、フランスの味を楽しんできてください。

        朝野さんとThomas            Le 1st flour



5月12日(月)  Le 1st flour オープン
〒 060-0042 札幌市大通西14丁目3番地みふじビル1F
℡        011-251-5736
この記事のURL | いいもの見つけました | CM(2) | TB(0) | ▲ top
第二回雑穀産地視察・研修会のご案内
2008/05/10(Sat)
「雑穀産地視察・研修会について」

日程:    2008年9月4日(木)~6日(土) 2泊3日

内容:    1日目 ベストアメニュティ㈱雑穀加工工場視察と契約圃場見学
        2日目 湯前地区雑穀産地視察、収穫体験、生産者の方との交流
        3日目 囲炉裏を囲んで郷土料理の昼食・熊本城見学

        福岡県久留米市・熊本湯前町近郊

募集人員:  48名
        最少遂行人数に達しない場合は、企画を中止する場合があります。

募集期間:  2008年5月1日~7月31日
        ただし、定員になり次第締め切ります。

参加資格:  資格認定者、個人会員、正会員または賛同会員所属の方、およびその同伴者。

参加料金:  別紙旅行案内に記載しております。

お申込み方法:
         所定の予約申込書にご記入の上、FAXまたは郵送にてお申込みください。
         後日、予約受付の案内と請求書をお送りいたしますので、指定期限までにお振込み
         ください。
         なお、お申し込みいただいた時点で定員に達している場合は、折り返しご連絡します。

昨年の第一回雑穀産地視察・研修会の様子をご覧下さい。
この記事のURL | 日本雑穀協会のご案内 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
調理の基本講習会のご案内
2008/05/08(Thu)
日本雑穀協会から「調理の基本講習会のご案内」です。

下記の内容にて、雑穀の調理実習を通じて、調理の基本講習会を実施します。

2008年5月27日(火) 11:00~16:00
      ・箸でつかむ(ティッシュペーパー、ネジ、布巾)
      ・大豆を運ぶ(班ごとにゲーム形式で)
      ・卵を溶く、かき混ぜる(卵料理1品を作る)
・盛り付けの練習(お味噌汁にさらし葱をあしらう)
      ・炒めものを作る
       きびとインゲンのきんぴらを作る*    
      「雑穀のおむすび」「具だくさんのお味噌汁」は協会で用意。

2008年5月28日(水) 11:00~16:00
      ・切る=包丁を引く
       ぱらぱらひえの大根サラダを作る*
      ・いろいろな素材を切る(牛肉、なす、にんにく、パプリカなど)
       みじん切り
       きびきびドライカレーをつくる*     
      ・乱切り、皮をむく(大根、人参)
       大根と人参の浅漬けを作る
      ・短冊切り、千切り(きゅうり、しょうが、みょうが)
       きゅうりの中華風浅漬けを作る
      「雑穀ごはん」は協会で用意。

* 一日単位でお申込みいただけます。

《講師》 松田 美智子   《会場》 ベターホーム協会 渋谷教室
                      東京都渋谷区渋谷1-15-12

《料金》 15,750円(各日) 食材費含む、持ち帰り用雑穀付き(協会から発売の国産雑穀)

・お申込みは、予約申込用紙にご記入の上、5月20日までにFAXまたは郵送にてお申込みください。
・メールでも受け付けております。ただし、定員になり次第、締め切ります。
詳しくは、協会から届いた資料をご覧下さい。

青の字で書かれた料理は、雑穀調理本「雑穀だいすき!」のメニューです。
この記事のURL | 日本雑穀協会のご案内 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
連休を札幌で
2008/05/06(Tue)
札幌「百合が原公園温室と公園」を散策

   百合が原公園温室   百合が原公園温室2


         百合が原公園2   百合が原公園1


遠軽町丸瀬布の「マウレ山荘」の庭をプロデュースしているガーデナーの「梅木あゆみ」さんを訪ねて、百合が原公園のガーデンショップに行きました。この季節、梅木さんは月形のコテージガーデンを中心に活動されています。というわけで、月形でお会いする事ができました。

                 梅木あゆみさんと

        コテージガーデン@月形にて梅木あゆみさんと

地豆の話から、梅木さんが長谷川さんを知っているのに驚きました。梅木さんも在来種のインゲン豆を持っているとの事、嬉しいですね。

         ハウスの中にインゲン豆とえんどう豆の苗がありました。
          インゲン豆   えんどう豆


この記事のURL | 北海道の風景 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
水芭蕉が咲いて
2008/05/02(Fri)
昨日に続き今日も暑い日でした。(昨日は、29度)

お友達にお願いしていた水芭蕉の写真が届きました。

      水芭蕉1     水芭蕉2



  水芭蕉3     水芭蕉4



撮影場所は、遠軽町生田原です。雪解け水が気持ちいいですね。
この記事のURL | 北海道の風景 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |