突然の雪とガイアナイト
2008/03/30(Sun)
雪解けも進み、やっと春の足音が聞こえて来たのに突然雪が降りました。
     
        春の雪1           春の雪2


「ふきのとうのてんぷら」を小麦粉にヒエを入れた溶き汁で揚げて見ました。

                     ふきのとう


3月30日 夜6時、電気を消してください。
ガイヤナイトの始まりです。
高橋はるみ北海道知事と倉本聡さんが提案。
道民から世界へ「ガイアナイト」を発信します。

北海道洞爺湖サミットまであと99日となる今日の夜、北海道の家々に希望のローソクが灯ります。
友達と恋人と、家族といっしょに参加です。
夜6時から8時まで、でんきを消してローソクの光のなかで、地球環境のこと、未来のこと、子供たちのこと、ほんとうに大切なことを、あなたと大切な人と見つめ直しましょう。

                     ガイアナイト

スポンサーサイト
この記事のURL | 北海道の風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雑穀だいすき!小粒でパワフル、おいしいレシピ81品
2008/03/27(Thu)
日本雑穀協会より認定調理本の発刊の案内がありました。

タイトル「雑穀だいすき!小粒でパワフル、おいしいレシピ81品」

 日本雑穀協会 監修  料理 松田美智子  発行 柴田書店
 B5版 128項(内カラー112項)
 販売価格: 1,995円(税込み) 3月28日新発売(明日です)

81品の雑穀メニュー、雑穀それぞれについての特徴や栄養価、また保存の仕方など、
レシピだけでなく、雑穀についてとても興味を持っていただけるような内容。

詳しくは、柴田書店のホームページをご確認ください。

本年9月4日(木)~6日(土)には、福岡、熊本での雑穀産地視察研修が実施されます。
この記事のURL | 日本雑穀協会のご案内 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
「のこたべ」を知ってますか
2008/03/23(Sun)
食育と環境の冊子「のこたべ」は、子育て中のママ向けの冊子です。
小さな冊子ですが、情報量も多くかなりお得・・・でも無料なのです。

こんな素敵な冊子に「豆のおはなし」を載せていただきました。


                 のこたべ


札幌市役所、石狩市役所、札幌さとらんど等で配布されています。
詳しくは、のこたべのホームページをご覧下さい。
この記事のURL | メンバーの活動報告 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
料理教室の続きです。
2008/03/20(Thu)
元日水(日本水産)の研究員の山本さんに、洋風ちらし寿司を教えていただきました。

山本さんちの洋風ちらし寿司(4人分)
【材料】お米2合、鮪100g(柵)、ホタテ4ヶ、海老4尾、野菜(玉葱1個、貝割れ大根1/2袋、ミニトマト4ヶ、ラデシュ4ヶ、黄パプリカ1/2個、人参少々、パセリ少々)ごま少々
調味料(酢大さじ5、砂糖大さじ4、塩少々)、醤油少々、胡椒少々、サラダオイル(オリーブオイル)、砂糖適量、オイスターソース適量、昆布5cm位1枚、お酒少々、氷水

[作り方]
1. お米は炊飯器の目盛り(2合寿司使用)で、昆布をのせてお酒をたして炊く。
2. 玉葱は半分すり下ろし残り半分は薄く切る。貝割れ大根は3cm位、ミニトマトは半分、ラデシュ、黄パプリカは細めに切る。人参は千切り、パセリは微塵に切る。各水にさらして後で水気を切る。
3. 熱湯に塩少々を入れ、鮪は柵ごと、ホタテも玉ごと湯通しして、氷水に入れて冷やし水気を切る。
海老は火が通るまで茹で、氷水に入れて冷やし水気を切る。鮪は5mmの厚さに切り、ホタテは横から二枚にし、海老は背から二枚にする。(お米に色が付かないよう、鮪を湯通し)
4. 御飯が炊き上がったら調味料の半分を使い寿司飯を作る。水気を切った野菜(玉葱・貝割れ大根・ラデシュ・黄パプリカ・人参)を色取りよく並べ、鮪、ホタテ、海老、ミニトマト、ごま、パセリを飾り付ける。
5. 残った調味料にすり下ろした玉葱、醤油少々、胡椒、サラダオイル(オリーブオイル)、砂糖、オイスターソースでドレッシングを作る。
                           3月13日の料理

アドバイザーおすすめ雑穀スープ(4人分)
【材料】イナキビ、アワ、ヒエ、大麦各大さじ1、虎豆40g、紫花豆20g、大正金時20g、白カブ50g、セロリ1/4本、人参50g、玉葱1/2個、塩漬けばら肉40g(ベーコン)、水カップ4、コンソメ1個、塩胡椒少々、微塵切りのパセリ少々、雑穀を煮る水1カップ
[作り方]
1. 虎豆、紫花豆、大正金時は前日より水に漬けておく。鍋に水を入れそれぞれ別に煮ておく。
2. イナキビ、アワ、ヒエ、大麦は洗って1時間くらい浸水させる。
3. 白カブ、セロリ、人参、玉葱は1cmのさいの目に切る。塩漬けばら肉を細く切る。
4. 水1カップ入れた鍋でイナキビ、アワ、ヒエ、大麦を煮立たせあくが出たら取る。この鍋に水カップ4を加え煮立ったら白カブ、セロリ、人参、玉葱、塩漬けばら肉、コンソメを入れて煮込む。全体に火が通ったら、1の豆を入れ数分煮る。最後に塩胡椒で味を付け、パセリでトッピングをする。

参加者の一人が蕎麦アレルギーでしたので、ブレンド雑穀は使わずプロ農夢花巻のアワ、ヒエ、大麦とお馴染み白滝の共立農場のイナキビを使いました。この頃、雑穀を煮た時のあくが気になり取ってます。

ソトコトのロハスグリーンを担当している佐々木真一さんは、山本さんのご子息です。(4月号はP144)
この記事のURL | メンバーの活動報告 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ニョッキさんのホワイトグラタン
2008/03/16(Sun)
3月13日、遠軽福祉センター3階の料理実習室でニョッキさんと山本さん、そして辻本(自)で料理教室。
以前から、ニョッキさんにニョッキの美味しい作り方を頼んでましたので、願いが叶いました。

ニョッキのホワイトグラタン
【材料】じゃがいも(男爵などの粉系)皮を剥いて250g、卵黄(M)2個、薄力粉60g、粉チーズ25g(パルメザンチーズ)、ナッツメグ少々、塩胡椒少々、ニンニク1片、炒め玉葱大1個分(薄切りにし、無塩バター&サラダ油、ローリエで色が付くまで炒める。)ホワイトソース150g、牛乳75cc、とろけるチーズ80g(グリュエールチーズ)

[作り方]
1. じゃがいもは皮付きのまま茹で、熱いうちに皮を剥き裏ごす。
2. 1に溶き卵、薄力粉、粉チーズ、ナツメグ、を加えよく混ぜ合わせ、塩胡椒で味を調える。
3. 2を少し取って丸め、ボイルして固さをチエックする。大丈夫なら、20gの大きさに揃え茹でる。
4. 茹で上がったら、冷水で締めて水気を切っておく。
5. グラタン皿にニンニクをこすり付け香りを移し、炒め玉葱を敷いた上に4のニョッキを並べる。
6. 5に牛乳で伸ばしたホワイトソースを流し、さらにとろけるチーズを振り掛けて、200度のオーブンでチーズに焼き色が付くまで焼く。(10分強位)

炒め玉葱 ニョッキ1 ニョッキ2


ニョッキを茹でて 炒め玉葱にニョッキを チーズを振り掛けて



ニョッキのホワイトグラタン
ニョッキのホワイトグラタン

近日中に、山本さんちの洋風ちらし寿司とアドバイザーおすすめ雑穀スープのレシピを載せます。
この記事のURL | メンバーの活動報告 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
キタムラサキと虎豆を使って
2008/03/12(Wed)
以前頂いたキタムラサキを使って酢豚ならぬ、酢じゃがを作ってみることに!!

皮が黒いので、もしかして、と皮を剥くと中から紫色のジャガイモが・・・本当に紫なのですね。
サラダ!!イモ団子!!と色々考え、結局酢じゃがになりました。虎豆は、長谷川さんのを使用

                   インカパープル

【材料】 キタムラサキ・レンコン・人参・ピーマン・虎豆・南蛮・調味料(酢大さじ2・醤油大さじ1・
     砂糖大さじ3・水1/2)片栗粉小さじ2

[作り方] キタムラサキは適当な大きさに切り、素揚げにする。レンコンは切って水にさらし、水切り
     後素揚げにする。人参・虎豆は茹でておく。(虎豆は前日より浸水)
     ピーマンは細切りにし、素揚げにする。鍋に油を敷き、南蛮を入れて炒め、調味料を入れる。
     インカパープル・レンコン・人参・ピーマン・虎豆を入れて合わせ、最後に水溶き片栗粉を入
     れる。

ニョッキさんとの料理教室もついに明日になりました。
そこで、私の作る雑穀スープも練習してみました。

雑穀スープ

材料にブレンド雑穀(薬日本道)・虎豆・人参・セロリ・玉葱・ベーコン・塩・水(一人分一合)
料理教室後、お知らせします。
この記事のURL | 雑穀の料理 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
イナキビを使って一品
2008/03/08(Sat)
遠軽町白滝の共立農場のイナキビを使って「煎り豆腐」と韓国のりを付けた「雑穀おにぎり」を作ってみました。
                    イナキビと韓国のり
【煎り豆腐】
木綿豆腐 1丁、豚肉 50g、人参 50g、乾燥舞茸 少々、玉葱 1/2個、ほうれん草 少々、卵 1個
イナキビ 大さじ2、サラダ油 大さじ 2、醤油 大さじ 1.5、砂糖 大さじ1、酒 大さじ1
[作り方]
1. イナキビは、洗って水を入れたボールで1時間程浸水させる。鍋に移し煮ておく。
2. 豆腐は、沸騰した湯に入れ2~3分煮、キッチンペーパーを敷いたざるに上げ、水を切る。
3. 具材を切りる。豚肉は、細切りにして1cmの長さに切る。人参は、皮を剥いて微塵に切る。
乾燥舞茸は、ぬるま湯で戻し1cmの長さで切る。玉葱は、微塵切りにする。ほうれん草は、葉は細切りにし、全体を1cmの長さに切る。
4. 厚手の鍋にサラダ油を入れて熱し、豚肉を入れ手早く炒める。人参、玉葱を入れ炒め、舞茸をれさらに炒める。
5. 2の豆腐を加え木しゃもじで崩しながら炒め、イナキビ、調味料を加えてひと混ぜし、ほうれん草加える。溶き卵を加え、2~3分火を通せば出来上がり。
煎り豆腐

同じく白滝の大久保農場のジャガイモと我が家の黒豆を入れて肉じゃがを作ってみました。
                    肉じゃが黒豆入り


遠軽町白滝で、映画「ふうけもん」の撮影がありました。(中村雅俊・哀川翔のお二人が来ました)
撮影現場では、白滝じゃが生産部会加工班(代表者大久保さん)が中心になり、ジャガイモ料理を振舞いました。北大雪鍋は、じゃがリンピックの時にも頂きましたが、とても美味しいので「ニョッキ」さんのブログで作り方をご覧下さい。

この記事のURL | 雑穀の料理 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
あまりにも綺麗なので
2008/03/06(Thu)
氷点下の朝、あまりにも自然が美しいので写真を撮ってみました。
草や木の息が凍った姿は、神秘の世界です。

            霧氷4          霧氷3

  
    霧氷2        霧氷
この記事のURL | 北海道の風景 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
ベジフル札幌の茶話会を「まーくる」にて
2008/03/03(Mon)
2日(日曜日)、札幌の「まーくる」にてベジフル札幌の茶話会があり、雑穀アドバイザーの栂安信子さん、雑穀エキスパートの高田真理子さんにもお会いできました。

「北海道農政部食の安全推進局」に勤務の高田さんは、6月のアドバイザー試験をめざしがんばっています。「包丁の使い方がキーポイント」でしょうか。私の時は、オリジナルレシピの開発がありましたが今回はさて・・・・!!

話は変わって、「まーくる」は、北海道新聞2月21日から掲載された「崩食豊食」の料理と試食場所の提供をしたベジカフェです。
外国から食料が入らなくなったら、そんな農水省のシナリオに沿ったメニューを店主の吉川雅子さんが、限られた材料を工夫して提供しました。
国民一人当たり2020kcal、熱効率の高いイモが中心、三食がほとんどイモ状態で「うどん・スープ・ニョッキ」などにも加工、そんな中飽きの来なかったのが米だそうです。二週間の生活で不足したのが、鉄分などのミネラル・ビタミン。そういえば、屯田兵の生活で米にイナキビを入れ・味噌汁・漬物で開墾が十分にできた事を思い出しました。(詳しくは、北海道新聞をご覧下さい)

         まーくる          野菜&愛情たっぷりごはん

       私(辻本)と吉川雅子店主          野菜&愛情たっぷりごはん

優芽七穀と赤米(共に松家農園)を使ったご飯が添えられた、野菜を使ったオリジナルレシピの数々。
高田さんと一緒に頂きました。美味しかった!!

まーくる   札幌市中央区南1西6-21-1 センチュリーヒルズ1F
        011-219-4255
        営業時間 10:00~22:00
        まーくる
この記事のURL | メンバーの活動報告 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |