米夢館
2007/11/30(Fri)

昭和2年創業の米専門店「米夢館」の向真理子さんにインタビュー。


向井さんと古代米(赤米・黒米)との出会いは、今から23年ほど前。
本格的に勉強をしたり、活動を開始したのが平成6年の「日本古代稲研究会」に
入会して渡部忠世先生に出会ってから。
以後、先生の率いる「アジア太平洋農耕文化の会」でミャンマーを皮切りに各国を
回わり、ついに念願の「野生種の稲」をスリランカで見つける。


平成8年11月1日に初めて赤米、黒米のシホンケーキを販売。
キララのシホンケーキもその数年後に販売。
共にバターもミルクも使わない米の粉ならではの素朴なおやつ。
今でこそ、米粉のシホンケーキも珍しくはないが、当時はかなりセンセーショナル。


現在は、商品数も増え赤米・黒米・白鳥餅のおはぎ、古代米クッキー等を製造販売。
さらに、「オホーツク米生産者ネットワーク」を作り「オホーツク米フェステバル」を
毎年行っています。


向さんのお話で印象に残ったコメントです。
「忙しい主婦&母親だった私には、毎日30品目の食物を食べさせなさいと言う栄養士
さんの言葉は重いプレッシャーでした。そんなときに黒柳徹子さんの著書『窓際のトット
ちゃん』を読み、当時の生徒の質素なお弁当のおかずを足してくれたという所があり、
とてもホッとしたことを覚えています。それ以来、『海のものと山のもの』という考えで
バランスをとるようにしてきました。決して栄養のことにこだわっていなかったのでは
なく、こだわりつつもできなかった現実があったということです。当時の私にとってこの
言葉は救いの神のように思いました。」



                                 ガトー・デ・リ・オ・ショコラ
                              中央(ガトー・デ・リ・オ・ショコラ)


        米夢館   美幌市島里4丁目4-1
                        0152-73-5318
             http://www.maimukan.shop-site.jp/ 


        古代米のシホンケーキについて
        http://www.hokkaido-jin.jp/kodawari/maimukan2.html   



スポンサーサイト
この記事のURL | 雑穀の料理 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
炉開き
2007/11/25(Sun)

11月11日の炉開き。


立冬を迎え炉を開き、床の間に茶壷の飾りを見るのもこの季節。


「ずいずいずころばしごまみそずい茶壷に追われてとっぴんしゃん・・・・」の童謡は、
茶壷行列の時の子供の様子を歌った歌とのこと・・・今まで知りませんでした。


       つくばいで手水を使う
       つくばいで手水を使う


茶席に入り、初めに茶壷を拝見、濃茶・薄茶がその新茶によってたてられます。
茶壷の口封を切ることが、茶の世界における新年の始まりで、おめでたい銘の道具
を使います。
                          炉


初炭にて炭手前が行われ、つづいて懐石が出されます。お菓子をいただくと、茶室
を出て休んだ後、濃茶になります。


        懐石料理   
     向附、汁椀、飯椀、箸をのせた折敷


濃茶のあと、炭を再び直し、薄茶を済ませて茶事は終わり。


10月の茶事に続き2回目の茶事、1月は初釜です。





                          


この記事のURL | メンバーの活動報告 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雑穀アドバイザイーの松村亮子さんがお手伝い
2007/11/22(Thu)

東京で雑穀アドバイザイーとして活動をされている松村亮子さんが、「新豆フェア」の
お手伝いをします。「新豆フェア」は、長谷川清美さんの企画で毎年行われている
恒例行事。当日、在来種のお豆の洋風、和風の食べ方や作り方の説明をしながら
販売もします。

                                                                   地豆

★新豆フェア
開催場所  新宿伊勢丹B1グロサリー
開催日時  11月28日~12月4日  10時~20時


★お豆博
開催場所  東京神楽坂アーディッシュ(cafe&ギャラリー)
開催日時  12月4日~12日
        ばたばた焼き等のお豆料理もcafeで
        http://www.artdish.co.jp


詳しいことは、べにや長谷川商店まで


         べにや長谷川商店
                        http://www5c.biglobe.ne.jp/~kiyomi65/beniya/index.htm

この記事のURL | メンバーの活動報告 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
ヒルトン小樽「2007年クリスマスブッフェメニューコンテスト」
2007/11/20(Tue)

「あなたがつくる★小樽市民が選ぶ2007年クリスマスブッフェ」コンテスト


11月12日(月)15:00からヒルトン小樽5階宴会場で小樽市民19名様による試食審査
の結果、私の作った「黒豆とチキンのママレード煮」が温製料理部門の最優秀レシピに
決定しました。

冷製料理部門 最優秀レシピ
          北海道砂川市 松久亜貴子様考案「鶏ハムとアボガドの春巻き」


温製料理部門 最優秀レシピ
          北海道紋別郡遠軽町 辻本宜子考案「黒豆とチキンのママレード煮」


デザート部門  最優秀レシピ
          北海道札幌市 高嶋俊介様考案「ストロベリー・スノー」


 これらのお料理は下記のレストランフェアにて、提供されます。


「小樽ロングクリスマスディナーブッフェ」
期間 12月1日~12月20日 17:30~20:30
場所 ヒルトン小樽 2Fテラスブッセリー


「クリスマスディナービッフェ」要予約
期間 12月21日~12月25日 1)17:00~ 2)18:45~ 3)20:30~
場所 ヒルトン小樽 2Fテラスブッセリー


詳しくは ヒルトン小樽へ         
                     ヒルトン小樽
                     北海道小樽市築港11番3号
                     0134-21-3111
                                                      http://www.ishinhotels.com/hilton-otaru/jp/


 


 


 


 


 



この記事のURL | 地方のイベント紹介 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
ニョッキさんを迎えてジャガイモ料理教室
2007/11/19(Mon)

白滝産ジャガイモを愛しているニョッキさんを迎えて「じゃがりんピック」優勝作品の
料理講習をしていただきました。それぞれのイモ違いによる料理方法を説明して
いとも簡単にジャガイモ料理を作りました。愛は深いですね。


まずは、白滝産男爵を使った「じゃがいもの味噌煮」

材料 じゃがいも 大5個(600g)、味噌 大さじ2、みりん 大さじ2、酒 大さじ2、
    砂糖 大さじ2、水 カップ1、揚げ油 適量、ごま 少々、糸唐辛子 適量
作り方
1. じゃがいもは、皮を剥き、乱切りにする。
2. 揚げ油を熱し、じゃがいもを揚げる。
3. みりん、酒、砂糖、味噌と水を鍋に入れて混ぜ合わせ火にかけて、じゃがいも
  を入れゆっくり煮詰める。器に盛り、糸唐辛子、ごまをふりかける。

                          じゃがいもの味噌に

白滝産北あかりの「じゃがいもの和風ポタージュ」


材料 じゃがいも 中2個(皮を剥いて240g)、玉葱1/2個
    A(生クリーム 100ml、牛乳(豆乳) 200ml、味噌 小さじ2、醤油 小さじ1、
      だしの素 小さじ 1/2)パセリ 少々
作り方
1. じゃがいもは、うすぎりにし、水にさらす。玉葱も薄切りにする。
2. 鍋に1の材料とそれにかぶる位の水で煮る。あくを取りながらじゃがいもが柔ら
  かくなるまで煮る。
3. 火からおろして煮汁を捨て、ミキサーにかける。
4. 鍋に戻し、Aを混ぜて弱火にかけ沸騰寸前に火を止める。
5. パセリを少々ちらして出来上がり。(レシピでは小口切りの小ネギ)
          
          じゃがいも和風ポタージュ


白滝産北海こがねの「ベーコンとひじきのいもきんぴら」


材料 じゃがいも 中3個(皮を剥いて400g)、ベーコン 3枚(60g)、ひじき 10g、
    にんじん 1/2本、サラダ油 大さじ1、冷凍枝豆 適量
    A(砂糖 大さじ3、酒 大さじ3、醤油 大さじ4、みりん 大さじ1)
作り方
1. ひじきを水で戻しておく。
2. じゃがいもを千切りにし、水にさらし、水切りしておく。
3. ベーコンとにんじんも千切りにしておく。枝豆は、流水で溶かしておき豆をさや
  から出しておく。
4. フライパンに油とベーコンを入れて弱火にかけ、ベーコンの油が十分出てきた
  ら中火にし、ひじきとにんじんを先に炒め、油がまわったらじゃがいもを入れて
  炒める。
5. 油がまわったら、Aの調味料を入れて炒める。
6. 汁気がなくなったら枝豆を加え、ひと混ぜして出来上がり。


                        ベーコンとひじきのいもきんぴら

白滝地区(遠軽町)の主要作物のひとつ、じゃがいもを使った料理のレシピを募集・
たくさんの人に知ってもらうため開催される、「じゃがりんピック」は今年で2回目。


       「第3回じゃがりんピック」
開催日時   平成20年2月16日(土) AM11:30~PM14:00
開催場所   白滝基幹集落センター
応募テーマ  じゃがいもを使ったオリジナルメニュー
応募規程   使用食材・・・じゃがいもを使った料理とする。
         当日じゃがりんピックに参加し、料理を持ち込みできる方。
応募締切   平成20年1月31日(水)

         詳しくは    JAえんゆう白滝支所
                   0158-42-2311

今回の料理は、ニョッキさんのブログにも掲載
           http://yaplog.jp/cheese5522/

この記事のURL | メンバーの活動報告 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
黒豆の収穫
2007/11/18(Sun)

春のカッコーの鳴き声と共に蒔いた黒豆も長い工程を経て、やっと出来あがりました。


     黒豆が育ってきて
    黒豆が育って
                         刈り入れをして乾燥に        
                         黒豆の収穫
    「とうみ」にかけて豆がらを
    とうみにかけて
                                                               豆がらが取り除かれて      
                                                               黒豆が出来て
そして、出来上がりました。


只今、包装用袋を梶川愛さんに指導を受けて進行中
(商工会議所のアンケート調査で袋が・・・・ダサイと言われまして)


     

                          





 

この記事のURL | 雑穀の紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
遠軽の地ビールレストランで雑穀パン
2007/11/15(Thu)

遠軽の中屋菓子店で作ってる雑穀パンがレストランのメニューで出たとの事で
早速、「麦酒館ふぁーらいと」へ。
雑穀パンには優雅七穀と地ビールを使用。
昼のランチは、全て800円。サラダ、チャーハン、野菜サラダ、杏仁豆腐が食べ放題。
もちろん、コーヒーも付いてます。

もー、食べきれません。                                 ランチ
雑穀パン・・・美味しかった。


    地ビールとエダベリー                      ふぁーらいと
地ビールとエルダーベリージャム


                           麦酒館ふぁーらいと
                           遠軽町岩見通南2丁目
                           0158-42-0077



 地ビールせとせは、せとせ温泉の温泉水を使用。
          
エルダーベリーは、スイカズラ科の木になる6mmほど実。(ニワトコとほぼ同じ)
ヨーロッパ各国でジャムは、鎮痛作用を持つことから慢性リューマチや神経痛に
使われているようです。エルダーベリーで検索するとたくさん効能が出てきて驚き!!


「麦酒館ふぁーらいと」では、地方発送もするとのこと。

この記事のURL | 雑穀の料理 | CM(9) | TB(0) | ▲ top
サロマのシンデレラ
2007/11/13(Tue)

先日のこと。
札幌に向かう汽車で綺麗で可愛い女性に会いました。
彼女にサロマのシンデレラ祭りの話をしたところ、何と彼女が今年のシンデレラ。
サロマと言えば、南瓜。彼女も南瓜の馬車に乗りました。


南瓜の馬車煮(ネーミングは私)


材料 南瓜 1個、雑穀ご飯 適量(南瓜に合わせて)、豚バラ 5枚、醤油 小さじ1、
    しょうが 少々、片栗粉 適量塩コショウ、A(醤油 大さじ4、酒 大さじ3、
    砂糖 大さじ3、だし汁 80cc)


作り方
1. 南瓜は上部1/3くらいを切り落として、種とワタを取り除き、レンジで火を通す。
2. 豚ばら肉に醤油、しょうがで味を付け、片栗粉を付け油で揚げる。
3. 南瓜の中に雑穀ご飯を入れ、3の豚バラをのせる。
4. 鍋にAを入れ3の南瓜を入れて煮る。


ばら肉は、素揚げでもOK。(片栗粉等を付けないで揚げる)

                  南瓜の馬車煮


この記事のURL | 雑穀の紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
関西電力の情報サイトに梶川愛さん登場です
2007/11/08(Thu)

2007年11月8日更新
関西電力のおトクデ便利な情報サイト「e-Patio」に大阪にお住まいの梶川愛さんが、
取材を受けました。
雑穀の代表的ないくつかの種類についてと、簡単でおいしい雑穀メニューが掲載。


簡単でおいしい雑穀メニューは、次の三品です。


さつまいもと黒米のもちもちご飯
プチプチハンバーグの煮込み
粟もち団子


 雑穀アドバイザー 梶川愛さん
「もともと生命力が強いざっこくは、農薬を使う必要がなく安心して食べられる食材です。
どんな料理のも合うので、新しい食材のひとつとして気軽に取り入れては・・・・・・・・・・」


続きは、関電の生活情報サイトをご覧下さい。


かんでんe-Patio
http://www.fururu.net/e-patio/category/living/1193716697/


 

この記事のURL | メンバーの活動報告 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
高キビのマーボー春雨
2007/11/05(Mon)

大阪でアドバイザーの梶川愛さんより、レシピを送っていただきました。


高キビのマーボー春雨
材料 高キビ 100g、豚ひき肉 100g、青大豆 30g、春雨 100g、青ネギ 適量
    みじん切り、生姜 ひとかけみじん切り、豆板醤 小さじ1、サラダ油 適量
    煮込み汁(水2カップ、醤油大さじ4、酒大さじ1、砂糖小さじ1、ゴマ油少々)


作り方
1. 青大豆は戻しておく。高キビも好みの硬さに茹でておく。煮込み汁を合わせておく。
2. 熱したフライパンにサラダ油をひき生姜、豆板醤、ねぎを香りが出るまで炒める。
3. 豚ひき肉を入れて色が変わるくらいまでよく炒め、高キビも入れて油が回るくらい
  炒めたら煮込み汁・青大豆・春雨を入れて10分くらい煮込んで春雨を好みのかたさ
  にし味を含ませる。(春雨は戻しておいてもOK)


              マーボー春雨                          高キビのマーボー春雨
             プロ農夢花巻の高キビ            青大豆も入って美味しい


梶川さんは、関西電力に雑穀と料理の取材を受け、近日中にホームページに掲載。
(ちなみに、この料理では、ありません)



花巻ツアーのお土産品、早池峰十穀米発見。(しまい忘れ)
サツマ芋を入れて早速、作ってみました。

サツマ芋入り十穀米
材料 サツマ芋 適量、早池峰十穀米 2合(無洗米)、水530cc


作り方
1. サツマ芋は0.5cmのさいころに切る。十穀米と一緒に炊飯器に入れ炊く。


      早池峰十穀米           サツマ芋入り十穀米
      早池峰十穀米(無洗米)            サツマ芋入り十穀米


サツマ芋を入れると甘くて美味しいです、辛い料理には合いますね。


㈱プロ農夢花巻  岩手県花巻市太田42-239
            0198-28-4649
            http://www.pronoumu.co.jp/

この記事のURL | 雑穀の料理 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
韓国式味噌鍋
2007/11/02(Fri)

ズッキーニの話から、宮古島のとよみさんに韓国式味噌鍋の情報をいただき、早速
コチュ家さんに材料の買出しと作り方を聞きに行ってきました。


テンジャンチゲ
テンジャンは、味噌のこと。チゲは野菜や肉、魚などを煮た鍋料理。鰯、牛肉、貝など
でだしをとり、ジャガイモ、かぼちゃ(今回はズッキーニ)などの野菜を入れ韓国味噌で
味付をする。海産物がメインのときは、ヘムルテンジャンチゲ、牛肉がメインのときは
ソゴギテンジャンチゲ。     
                       テンジャン
                  メジュテンジャン・チゲ味噌
                         牛ダシダ


ズッキーニ入りテンジャンチゲ(4人分)
材料 ズッキーニ 1本、ジャガイモ 2個、人参 1/2本、豚肉 100g、ネギ 1本
    メジュテンジャン 大さじ1、チゲ味噌 大さじ1、牛ダシダ 1本、水 3カップ


作り方
1. ズッキーニは3cmの長さで短冊に切る。ジャガイモは皮を剥き乱切り。人参は
  いちょう切り。ネギはぶつぎり。豚肉は小口切り。
2. 水3カップを煮立て、牛スープの素(牛ダシダ)を入れる。ジャガイモを入れ火が
  通ったら豚肉、ズッキーニ、人参、を入れる。最後にメジュテンジャン・チゲ味噌
  で味を付ける。


                     テンジャンチゲ


ハトムギを入れるとプチプチ感があっていいと思います。




この記事のURL | 雑穀の料理 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |