1月30日(土)、UHB「タカトシ牧場」で豆播きで~す。
2016/01/18(Mon)
2月3日は、「節分」。

豆を撒きながら、鬼を払い、福を呼び込みます。
豆播きに使う大豆は「畑の肉」と呼ばれ、体に必要なたんぱく質や
脂質をたくさん含む栄養価の高い食品です。

1月30日(土)午後5時、UHB「タカトシ牧場」では、豆播きをします。
私も「豆の先生」でタカトシ牧場のみなさんに問題を出しま~す。

☆☆「国際マメ年」ひよこ豆を使った料理教室(豆と雑穀と野菜の料理)
2月20日(土)、21日(日)両日11時より

ベーグル・ひよこ豆のデップ・ひよこ豆のミネストローネ・ひよこ豆のテラミス

開催地 札幌市大通西15丁目 (希望者に詳しい住所をお知らせします)
受講料:4000円
どなたでもご参加OK!(定員6名)お申し込みは
お名前・ご連絡先(携帯)・ご希望の日にちを明記のうえ
このブログのメールフォーム、または下記のメールアドレス
までお願いします。
t-noriko@titan.ocn.ne.jp
taitan3143@ezweb.jp






スポンサーサイト
この記事のURL | いいもの見つけました | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2016年は 「国際豆年」
2016/01/05(Tue)
2016年 「国際豆年」です。

1月1日に「農業新聞」には、豆に関連する方々が掲載されています。
べにや長谷川商店の長谷川清美さんは「地豆」、豆農家の前田さん、
カフェ経営の長居さん、JAの瀬尾さんは「豆くう人びと岩見沢」等各地
の豆に関わる方々が掲載されています。

IMG_6011.jpg

大豆について言えば
日本国内の26年産は、作付面積が13万16000ha、収穫量は、23万1700tでした。
作付面積が多いのは、北海道がNo1です。
品種としては、フクユタカ、エンレイ、ユキホマレ、リュウホウ、タチナガハの順となって
います。これらの品種はいずれも主に豆腐、煮豆用です。
納豆用で作付面積が多いのは、スズマル(北海道)と納豆小粒(関東)です。





【解説】
この記事のURL | いいもの見つけました | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今日は、8月9日薬膳の日です。
2013/08/09(Fri)
8月9日、今日は薬膳の日です。

薬膳とは、中医学の理論に基づき、食物がもつ薬理作用を
組み合わせた食事のこと・・とのこと。
韓国の宮中のドラマでは、よく出てきました・・朝鮮人参
も韓国ですし・・ドラマも勉強になります。

楽食Storyより薬膳の歴史をご覧ください。

この記事のURL | いいもの見つけました | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ルバーブでジャム作り
2013/07/24(Wed)
庭の片隅で成長を続けるルバーブを使ってジャムを作ってみました。

庭ルバーブ (2)  ルバーブ1  ルバーブ2

ルバーブ3  庭ルバーブ (1)  庭ルバーブ (4)

庭ルバーブ (3)

食育にとって朝食が大切であると同時に主食である米(雑穀を入れる
とビタミンB1と食物繊維が摂取できる)と同様にパンを食べるには
全粒粉を含む粉を使ったパンを選んで欲しいです。
そんなことを考えていたときにお土産をいただきました。

・・・きまぐれパンのポップからの抜粋です・・・
主食である米と同様、食べてお腹が満たされ、活動する意欲が湧いて
くるようなパンを作りたいと考えています。

※「きまぐれパン」上川郡愛別町字愛山740番地
全て全粒粉を含む粉を使って作るパン屋さんです。

P1100457.jpg

※ルバーブジャムの作り方をご希望の方は、メールを頂ければレシピを
送ります。
この記事のURL | いいもの見つけました | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「聞き書き甲子園」が、今年で11回になります。
2013/04/04(Thu)
3月9日、雑穀の日に「森聞き」が上映されました。
日本古来の焼き畑農業を続ける「椎葉くに」さんが、雑穀
を作る姿に心を打たれたのではないでしょうか。

その、「森聞き」の対象になった名人の記録も1000編
も上回ったと聞きます。
農水省、文科省、NPO法人共存の森ネットワークなどが主催
している「聞き書き甲子園」には、全国各地の高校生が、日本
古来の伝統ある仕事を職人の方からじかに聞き学んでいます。

今年の受賞者の長野県の高校生は、桶職人からものづくりを学
びました。私の小さい頃は、たくさんの桶が用途別に使われて
いました。風呂桶、すし桶、など、今ではプラスチックに変わ
たものもたくさんあります。
今、一度、立ち止まって古き良き日本の伝統と文化に触れて
みたいものです。
この記事のURL | いいもの見つけました | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ