料理人の休日レストランに参加しました。
2013/10/12(Sat)
10月6日(日)の札幌の三吉神社を開催場所にして行われた
「料理人の休日レストラン」に参加しました。
私の担当は、雑穀ブースで豆のスープと豆の缶詰を使ったコロッケ
の試食を作ることでした。
雑穀スープには、小豆と大麦を使いました。お豆のコロッケには、
のこたべと共同開発した「お豆たっぷり五目御飯の素」を使いました。
どちらも、試食頂いたお客さんには好評でした。
当日、三笠高校の生徒さんにもお手伝いいただきました。

079.jpg  080.jpg

スイーツ&カフェ専門学校では、日本一有名な管理栄養士の
●佐々木十美さんの大根をテーマにした「使いっきり料理教室」
が行われました。

083.jpg   082.jpg

「給食の鬼」として知られる佐々木十美さん。その姿はNHK「プロフェッ
ショナル仕事の流儀」でも紹介されました。置戸町の学校給食センター管理
栄養士、栄養教諭を2011年に定年退職。現在は置戸町「食のアドバイザー」
として活動。全国で食に関する講演会や研修の講師として飛び回っています。
著書/「おうちで給食ごはん―子どもがよろこぶ三つ星レシピ63」
「佐々木十美の子どもと食べたい晩ごはん」
(谷口ゆみこさんの書かれた文章を掲載)

今回、佐々木十美さんのお誘いで参加することができました。
多くの方にで会い、多くの事を学ぶ事ができましたことを感謝いたします。
084.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | メンバーの活動報告 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「脳を活発にする栄養バランス生活」の講演を視聴
2013/07/08(Mon)
6月28日(金)北海道栄養士会の研修会を受けてきました。

学校健康教育栄養士協議会では、東北大学の川島隆太氏のDVD
を視聴しました。テーマは、「脳を活発にする栄養バランス生活」
です。

先生は、以前「朝ごはんにごはんを食べよう!!」のTVにAKB
48と共にコマーシャルに出演したことがあります。

朝食を取った子供は、脳の働きが良くなるというデーターを解りや
すく説明しました。
これまでの脳科学の常識では、脳の細胞はぶどう糖だけをエネルギー
源としていると信じられていました。でんぷん(ぶどう糖)が主成分
のおにぎりだけでも脳は働くと思われていましたが、実験の結果、
脳の働きは、なにも食べてない時とほぼ同じと言うことが証明され
ました。

1、パンとご飯(米)は、どちらがいいの?

欧米諸国では、パンは全粒粉(ビタミンB1・食物繊維が豊富)ですが、
日本では小麦粉(胚芽を除いたためビタミンB1・食物繊維が低下)を
使った食パン・や菓子パンがほとんどです。
ご飯(米)は、胚芽を取り除いたためこちらも食パンと同じように
ビタミンB1・食物繊維が低下しています。

では、食事の時の主菜・副菜は、どちらが多いでしょうか?
パンにジャム、あるいは菓子パンだけ、でもごはんには、魚、納豆、
卵、海苔、あるいは、お浸しなどパン食よりはおかずの品数が多いと
思います。

朝ごはんにご飯を勧めているのは、副菜を多く取るからです。
でも、先生はさらに今の1品の料理なら、2品に、2品の料理なら3品
に品数を増やして欲しいとも言ってました。毎日30品は、無理、でも
今の品数を1品増やすのはできるのでは、ないでしょうか。
(夕食時に作っておく、時間のある時に冷凍保存)

※昔、御米屋さんでは、ビタミンかリジンをお米に混ぜて販売していま
した。(黄色の米粒・・私も憶えています)
先生は、お米を買うときに雑穀を勧めている米屋さんも多いと言ってま
した。(雑穀の機能性は、抜群ですから!!)

2、バランスの取れた朝ごはんをとるとどうなるの?

イライラしない(キレにくい)、集中力がアップ、学校の成績が伸びる、
一流大学進学を希望、一流企業就職を希望・・・と先生は、語ってました。

続きをまた・・・


この記事のURL | メンバーの活動報告 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
1月5日、北見のマルキタさんの初セリに行ってきました。
2013/01/07(Mon)
昨年の暮れに北見のマルキタさんの岡村さんから「お汁粉100人分」
のレシピの依頼を受けました。

そこで、1月5日のマルキタさんの初セリに留学生のシャリーンちゃん
と一緒に行ってきました。
初セリ (6)
マルキタの立田社長さんの年頭挨拶
初セリ (8)  初セリ (1)  初セリ (2)
ご祝儀相場で仲買人が、初セリを行いました。

初セリ (3)  初セリ (7) 
今回のお汁粉に使われた御餅は「きたゆきもち」、小豆は北見産です。
12月にJAきたみらいでお会いした北町さんが、お汁粉を配って
ました。(まさか、ここでお会いするとは・・・)  
※12月21日の農業新聞で「きたみらい豆類振興会」の依頼で開催した
の「豆のスイーツの料理教室」の件が掲載されました。
この記事のURL | メンバーの活動報告 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
6月30日の料理講習会を終えて
2012/07/06(Fri)
6月30日(土)美麗豊では、雑穀アドバイザーの栂安信子先生の料理教室を
無事終える事ができました。
当日、とかちマッシュの生みの親、鎌田商事の鎌田郁雄社長さんが飛び入りで
参加してくださいました。
(STVのラジオ放送を終えて直行です)

6月 (1)  6月 (5)  6月 (7)
栂安先生の指導の下、調理をする鎌田社長のお料理の腕もなかなかなものです。

6月 (2)
雑穀エキスパートの吉田ともこちゃんも毎回参加です。
6月 (4)  6月 (3)   6月
◆グリーンアスパラと十勝マッシュのキッシュ
◆フライド長芋の青海苔和え
◆日本一・和田ごぼうのポタージュ(4人分)
◇人参のハニーマスタードサラダ
◇えんどう豆のカクテルサラダ
午前と午後の二回に亘この5品を作りました。

お土産に鎌田商事からマッシュルームとマッシュルームのスープをいただきました。
更に雑穀エキスパートの横沢加奈さんから応援の「カモメの卵」をいただきました。
6月 (6)  6月 (8)
いつもありがとうございます。


この記事のURL | メンバーの活動報告 | CM(7) | TB(0) | ▲ top
JAグループ発行の「家の光」5月号で紹介されました。
2012/04/13(Fri)
JAグループ発行の「家の光」5月号で紹介されました。

家の光5月 (2) 家の光5月

タイトル「農の道しるべ」・・北海道版・・
雑穀の魅力を多くの方に知って欲しい、そんな願いを込めてお話しました。
家の光編集部の神田様、ライターの滝川様、写真の木戸様、ありがとう
ございました。この場を借りてお礼を申し上げます。


☆☆5月料理教室のご案内☆☆
12日は「ソバ米とソバ粉」を使ってエスニック料理を予定
日時 5月12日(土) 11時~14時を予定
金額 4,000円
住所 地下鉄大通西18丁目駅下車(申し込み者に住所を連絡)
メール t-noriko@titan.ocn.ne.jp
携帯  090-9081-3794
FAX 0158-42-7660

※4月15日(日)には、富良野にお住いの道田先生のケーキ教室が
開催されます。2名の欠員がありますので是非ご連絡ください。

この記事のURL | メンバーの活動報告 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ