キヌアで飢餓半減を
2013/05/17(Fri)
日本農業新聞、5月15日号で「キヌアで飢餓半減を」の
タイトルで「キヌア」の事が掲載されていました。

今年は、国連が制定した国際キヌア年です。
飢餓人口の半減を目指す「ミレニアム開発目標」にキヌアは
寄与すると言われています。
キヌアの特徴は、乾燥に強く、冷涼な地域にでも栽培できる
事。高タンパク質なので、栄養不良の人を救う事が可能。

先日、ボリビアから帰国した「長谷川清美」さんからキヌアの
話も聞きました。ボリビアで食べたキヌアが美味しかったそう
です。
長谷川さんのボリビアの特派委員がボリビアの事を紹介してい
ます。(ボリビアには、豆の原種がたくさんあります。)

スポンサーサイト
この記事のURL | 雑穀の紹介 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
雑穀3種発売中
2011/04/29(Fri)
今日、4月29日(金)は、太陽の丘遠軽公園のオープンです。
太陽の丘1

遠軽観光協会のお土産売り場をご紹介!!

お土産  雑穀3種  梶川愛さんデザイン

雑穀アドバイザーでカリグラフィ作家の梶川愛さんに雑穀のパッケージをデザイン
して頂きました。この三種の雑穀には、料理レシピもつけました。
もちろん、ポストカードは、三種の雑穀を使った料理です。(写真 伊藤美由紀さん)

遠軽でお馴染み、べにや長谷川商店の在来種の豆が集合です。
在来種の豆1  在来種の豆  在来種の豆2

丹野工業の完熟馬ふん堆肥も販売しています。
完熟馬ふん堆肥

5月5日、こどもの日には、白滝産じゃが芋の「焼き芋」を無料配布します。

皆さん、遠軽町に是非いらしてください。

遠軽町の太陽の丘へは・・ 札幌より網走行きの汽車に乗り、遠軽町で下車タクシーで5分
この記事のURL | 雑穀の紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
岩手県の尾田川農園
2011/04/06(Wed)
家庭学校の加藤校長夫人から頂いた「尾田川農園」の雑穀をご紹介!

尾田川農園

尾田川農園では・・・(パンフに記載)
岩手の大自然の中で、地元農家の人々と共に古来から育てられている雑穀を、
より安全に安心した食材として、契約自然栽培から加工品に至るまで研究、努力
しております。

「あなたの街へ直販に出かけます」・・2月下旬札幌のデパートで加藤さんは
尾田川勝雄さんに出会い、穀アドバイザーの私の話をされたそうです。
(掲載が遅くなり申し訳ありません)

また、震災で3月の東京と4月の大阪の企画が中止になりました。

以下は、これからの企画です。
5月10日(火)~16日(月)千葉県柏市 高島屋柏店 B館2F「大いわて展」
    ※ 最終日は午後5時終了  
5月11日(水)~17日(火) 横浜市 高島屋横浜店 B1「みちのく岩手の味巡り」
    ※最終日は午後7時終了  
6月8日(水)~14日(火) 大阪市 大丸百貨店心斎橋店 B1催事場「岩手展」

是非、5月以降の岩手展の開催で、多くの方に岩手を応援して欲しいと思います。
尚、尾田川農園の被害はほとんど無く、営業を再開しています。

尾田川農園 岩手県九戸郡軽米町大字軽米19-73
      ℡ 0195-46-2792
この記事のURL | 雑穀の紹介 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
お豆の勉強をしましょう
2010/03/19(Fri)
いよいよ、明日から「おかん料理の会」が始まります。
その前に少し豆の勉強を始めましょう!

インゲン属は、いんげんまめとべにばないんげんの二種があります。

  (属)     (種)           
インゲン属 ー いんげんまめ ー 金時豆・手亡・うずらまめ・虎豆・大福豆
         べにばないんげんー 白花豆・紫花豆

べにばないんげんは、雄しべの葯が柱頭から離れて下部に着いているところがいんげんまめと異なります。

白花豆   中生白花豆   大福豆
   大白花豆       中生白花豆         大福豆  

豆が並んだ~      茹でた豆が並んだ~
乾燥豆を並べてみました。   こちらは、茹でた豆を並べました。

遠軽の在来種の中生白花豆は、大白花豆より小ぶりですが皮も柔らかくホクホクしています。
先日、オレンジと中生白花豆をグラニュー糖で煮たのですが、豆の味がしっかりして美味しかったです。
遠軽では、大白花豆より中生白花豆を作る方が多いです。

大福豆は、甘納豆に使われる事が多く家庭では、正月の豆きんとんに使われています。

花豆が伝わったのは江戸時代末期、花が大きく綺麗なため当時は観賞用として作られていました。
食用になったのは明治時代に札幌農学校で始まり、本格的な作られたのは大正時代になってから
です。
遠軽の隣町、北見市では、白花豆の甘納豆が作られています。

参考文献 豆類百科

在来種の豆について

自前で種をとり、栽培を繰り返してその土地に合った豆ができます。そらが在来種です。
北海道の在来種は、もともと入植者が持ち込んだ種によって作られたものなので、土地が変われば
別の在来種ができているはずです。
北海道には、八列とうきび、札幌大玉(キャベツ)、札幌黄(玉葱)、まさかり南瓜などの在来種
があります。

参考文献 べにや長谷川商店の豆料理
この記事のURL | 雑穀の紹介 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
JALの機内誌に遠軽の長谷川商店が載りました
2010/03/07(Sun)
おかん料理の準備でべにや長谷川商店へ

丁度、長谷川みよさんとお父さんが豆の発送準備をしていました。

長谷川みよさん   お豆の話   在来種の豆の話

JAL3月号に在来種の豆の話が載ってます。もちろん、遠軽町の地豆が話題になって・・
いよいよ、2週間後「おかん料理」の開催です。
東京からJALに乗って来られる方は、是非機内誌「rapora」をお読み下さい。
そして、北海道のオホーツクの遠軽を身近に感じてください。
この記事のURL | 雑穀の紹介 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ